FEnet未経験コラム
エンジニアを目指す方向けのブログメディア

Pythonの資格を取る方法3つ | メリットから勉強法まで徹底的に解説

2020年12月17日

Python(パイソン)とは?


Pythonとはプログラミング言語のことで、シンプルでわかりやすく、読みやすいことが特徴的な言語です。

読みやすさとわかりやすさを重視して開発された言語であり、Pythonを知らない人でも理解しやすいデザインになっていて、初心者でも学びやすい言語のひとつです。

また、Pythonは、さまざまなアプリケーションやシステムの開発、機械学習などに必要な科学技術計算のためのツールとして使用されています。

Pythonの資格を取るメリット3つ


Pythonにはさまざまな資格があり、Pythonの資格を取るメリットには、さまざまなものがあります。例えば、Pythonには将来性があること、Pythonを使える人は需要があること、Pythonのコードが読みやすいことなどです。

ここでは、Pythonの資格を取るメリットについて、3つ紹介していきます。

Pythonの資格を取るメリット1:将来性がある

1つめのPythonの資格を取るメリットは、将来性があることです。

Pythonは科学技術計算などに使用され、機械学習の開発などができ、将来性のある言語です。

Pythonでは数多くのライブラリ提供されており、機械学習などを実行するプログラムをよりシンプルに記述できます。また、多くのエンジニアが機械学習のプログラムを開発するためにPythonを使用しており、年々Pythonの技術は進化しています。

Pythonの資格を取るメリット2:需要がある

2つめのPythonの資格を取るメリットは、需要があることです。

Pythonは、Webサイトやアプリケーション開発、機械学習などの分野でよく使用されている言語で、Pythonができる人を必要とする企業は増えており、Pythonエンジニアには高い需要があります。

Pythonエンジニアの中でも、特にAIの開発ができる人やデータサイエンティストの需要が増加しています。

Pythonの資格を取るメリット3:コードが読みやすい

3つめのPythonの資格を取るメリットは、コードが読みやすいことです。

Pythonは、読みやすさとわかりやすさを重視して開発された言語で、Pythonを知らない人でも理解しやすいようにデザインされていて、他の言語よりも比較的読みやすい言語です。

文法がシンプルで他の言語よりも読みやすいので、学習コストの低い言語とされていて、初心者でも学びやすい言語です。

Pythonの資格試験3選


Pythonの資格を取得することは大切で、Pythonの資格試験には、さまざまなものがあります。例えば、Python3エンジニア認定基礎試験、Python3エンジニア認定データ分析試験、Python Certificationsなどがあります。

ここでは、Pythonの資格試験について、3つ紹介していきます。

Pythonの資格試験1:「Python3エンジニア認定基礎試験」

1つめのPythonの資格試験は、Python3エンジニア認定基礎試験です。

Python3エンジニア認定基礎試験は、Pythonの基礎文法などについて出題され、Pythonの基本を理解しているかどうかを測る試験です。

オライリー・ジャパンが出版している「Pythonチュートリアル 第3版」の内容に沿って出題していて、一部のサイトで模擬試験や模擬問題を公開しています。

問題数 40問
出題形式 選択式
試験方法 CBT形式
試験時間 60分
合格基準 70%以上で合格
受講料 11000円(学割5500円)

Pythonの資格試験2:「Python3エンジニア認定データ分析試験」

2つめのPythonの資格試験は、Python3エンジニア認定データ分析試験です。

Python3エンジニア認定データ分析試験は、Pythonを用いて行うデータ分析の基礎や方法を問う試験で、データ分析の能力について証明できる資格です。

翔泳社が出版している「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」から出題され、無料で公開されている模擬試験があります。

問題数 40問
出題形式 選択式
試験方式 CBT形式
試験時間 60分
合格基準 70%以上で合格
受験料 11000円(学割5500円)

Pythonの資格試験3:「Python Certifications」

3つめのPythonの資格試験は、Python Certificationsです。

Python Certificationsは、国際的なPythonの認定試験で、Pythonのスキルに合わせて4つのレベルの試験があります。

Python Certificationsのそれぞれの試験は英語で実施されますので、Pythonのスキルの他にも、高い英語力が必要です。

問題数 40問
出題形式 選択式
試験方法 PCを使用
試験時間 65分(NDA・チュートリアル10分)
合格基準 70%以上で合格
受験料 50USD~

Pythonの資格を取るための勉強方法3選


Pythonの資格を取るために勉強することは大切で、Pythonの資格を取るための勉強方法には、さまざまなものがあります。

例えば、試験に関する参考書を読むこと、プログラミングの学習サイトを使うこと、プログラミングスクールに通うことなどがあります。

ここでは、Pythonの資格を取るための勉強方法について、3つ紹介していきます。

Pythonの資格を取るための勉強方法1:参考書を読む

1つめのPythonの資格を取るための勉強方法は、参考書を読むことです。

参考書では、Pythonの基本的な文法などから応用的な活用方法まで、順序立ててしっかりと解説しているものが多く、Pythonに関する知識をまんべんなく身につけられます。

また、参考書は実際にエンジニアとして活動していた人が書いたものが多く、実戦でも役立つ知識を学べることでしょう。

Pythonの資格を取るための勉強方法2:学習サイトを使う

2つめのPythonの資格を取るための勉強方法は、学習サイトを使うことです。

プログラミングを勉強するための学習サイトは数多くあり、インターネットで配信されている学習サイトでも、Pythonの資格を取るために必要な知識が学べます。

学習サイトは、ブラウザがあれば場所を問わずに学習ができるので、通勤や通学などのスキマ時間を有効的に活用できることでしょう。

Pythonの資格を取るための勉強方法3:スクールに通う

3つめのPythonの資格を取るための勉強方法は、スクールに通うことです。

Pythonなどのプログラミングの学習は、モチベーションを保つのが難しく挫折しやすいので、プログラミングスクールに通うのもおすすめです。

最近ではオンラインで学習できるプログラミングスクールもあり、わからないところをその場で質問できるので、高いモチベーションを保ちながら効率の良い学習ができます。

Pythonの資格取得におすすめの教材5選


Pythonの資格について学ぶために、自分に合った教材を選ぶことが大切で、Pythonの資格について学べる教材には、さまざまなものがあります。

例えば、Pythonチュートリアル第3版、Python3エンジニア認定基礎試験問題集、Pythonスタートブック [増補改訂版]などがあります。

ここでは、Pythonの資格取得におすすめの教材について、5つ紹介していきます。

Pythonの資格取得におすすめの教材1:Pythonチュートリアル第3版

1つめのPythonの資格取得におすすめの教材は、Pythonチュートリアル第3版です。

Pythonチュートリアル第3版は、Pythonの開発者が書いたPythonの入門書で、Pythonの言語とシステムの基本的な機能やコンセプトについて解説しています。

また、Pythonの特徴的な機能について紹介されていますので、Pythonがどのような言語か初心者にもわかりやすくなっています。

Pythonの資格取得におすすめの教材2:Python3エンジニア認定基礎試験問題集

2つめのPythonの資格取得におすすめの教材は、Python3エンジニア認定基礎試験問題集です。

Python3エンジニア認定基礎試験問題集は、Python3エンジニア認定基礎試験を受験する人に向けた問題集で、公式テキストに沿った問題構成になっています。

公式テキストでは理解できない部分も、問題集を解くことで理解できるようになることでしょう。

Pythonの資格取得におすすめの教材3:Pythonスタートブック [増補改訂版]

3つめのPythonの資格取得におすすめの教材は、Pythonスタートブック [増補改訂版]です。

Pythonスタートブック [増補改訂版]は、プログラミングの知識がなくても理解できるように、イラストやサンプルをふんだんに使用して、わかりやすく解説しているPythonの解説書です。

Pythonの基本からオブジェクト指向プログラミングまで、幅広い知識を解説しています。

Pythonの資格取得におすすめの教材4:Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

4つめのPythonの資格取得におすすめの教材は、Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書です。

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書は、Pythonの基礎について解説するとともに、データを分析するために必要な技術や知識についても解説しています。

この本を読むことで、データ分析エンジニアになるための基礎が身につくことでしょう。

Pythonの資格取得におすすめの教材5:Pythonオンライン学習サービス「PyQ」

5つめのPythonの資格取得におすすめの教材は、Pythonオンライン学習サービス「PyQ」です。

Pythonオンライン学習サービス「PyQ」は、Pythonの基礎から実用的な技術まで学べる学習サイトです。Pythonの知識やプログラミングのスキルについてブラウザで学べますので、スキマ時間を有効活用しながら学習を進められることでしょう。

Pythonの資格試験に挑戦してみよう


ここまで、Pythonの資格試験や資格取得によるメリット、勉強方法や学習のための教材などについて紹介してきました。

Pythonの資格を取ることで、Pythonのエンジニアとしての幅が大きく広がることでしょう。

Pythonを使ってプログラミングをしたいという方は、ぜひPythonの資格試験に挑戦してみてください。


FEnetではエンジニアへキャリアアップを目指す方向けに研修制度をご用意しています。研修一覧をご覧ください。

転職相談もお気軽受け付けておりますのでご気軽にご応募ください。

エントリー(応募フォーム)