FEnet未経験コラム
エンジニアを目指す方向けのブログメディア

CISCO技術者認定が改定|CISCO技術者認定の変更点5選など紹介

2020年12月17日

2020年2月24日にCISCO技術者認定が改定


CISCO技術者認定は2020年2月24日に大幅に改定されました。それまでエントリー試験として位置付けられていたCCENTが廃止になり、CCNAが入門的な資格として位置付けられました。また、各カテゴリに分かれていた旧CCNA資格が一つのCCNA資格に統合されました。

さらに、CCNAとCCNPの間に「シスコスペシャリスト認定」という資格が導入されました。そのため、現在実施されている資格試験について、簡単なものから難しいものへと順番に並べると、「CCNA、シスコスペシャリスト認定、CCNP、CCIE、CCAr」になります。

CISCO技術者認定は、国家資格ではなく民間のベンダー資格です。しかし、大手IT企業のネットワークエンジニアの多くが取得している資格であり、就職・転職する際に高く評価されます。入門的資格であるCCNAの試験に合格すれば、職務経験がない方がネットワークエンジニアを目指す際、有利になるでしょう。

CISCO技術者認定の変更点5選


2020年2月24日のCISCO技術者認定の改定により、CCENTが廃止され、日本で受験できるレベルはCCNAからになるなどさまざまな点が改定されました、そのため、CISCO技術者認定の受験を検討している方は変更点を把握しておく必要があります。

それでは、今回の改定では具体的にどのような変更点があるのでしょうか。ここではCISCO技術者認定の変更点5選をご紹介します。

1:CCNP試験範囲が変わる

CISCO技術者認定の改定によりCCNP試験範囲に変更点があります。改定前のCCNPでは、「CCNP R&S」「CCNP Wireless」となっていた試験が「CCNP Enterprise」に統一され、さらに「CCNP Data Center」と「CCNP Cloud」も「CCNP Data Center」に統一されました。

また、試験形式もコア試験とコンセントレーション試験に合格することでCCNPの認定が受けられるという風に統一されました。

2:CCIE試験範囲が変わる

CISCO技術者認定の改定によりCCIE試験範囲に変更点があります。改定前では「CCIE R&S」となっていた試験が「CCIE Enterprise Infrastructure」になるなど、一部名称が変更になりました。

また、これまでCCIEは筆記試験と実施試験の両方に合格する必要がありましたが、今回の改定でCCNPとCCIEの試験分野がほぼ同じになったことで、同一分野のCCNPを合格していればCCIEの筆記試験が免除されるようになりました。

3:CCNA試験範囲が変わる

CISCO技術者認定の改定によりCCNA試験範囲に変更点があります。改定前は「CCNA Routing and Switching」や「CCNA Cloud」などさまざまな種類に分かれていたCCNAですが、改定後はCCNA1種類に纏められました。

さらにCCENTが廃止されたことにより、「CCNA Routing and Switching」もCCNAに合格するだけで認定されるようになりました。

4:CCT認定が新設

CISCO技術者認定の改定により、CCT(Cisco Certified Technician)認定が新しく設立されるという変更点があります。これまでCCENTとされていたエントリー試験がCCT認定に変わります。

また、CCT認定にはコア試験として「CCT Routing and Switching」と「CCT Data Center」の2種類があるため、目的に応じて選ぶことになります。

5:DevNet資格が新設

CISCO技術者認定の改定により、DevNet資格が新しく設立されるという変更点があります。DevNet認定資格はアプリケーションや自動化、ネットワーク、IoT、DevOps、Webexのためのインフラストラクチャなどを認定します。

また、DevNet認定は易しい方から「Associate」「Professional」「Specialist」という3つのレベルがあります。

Cisco Certified DevNet Specialist

「Cisco Certified DevNet Specialist」は、今後ソフトウェアに関するプロフェッショナルに求められる新しい開発スキルを認定する資格です。試験はさまざまな専門分野にわかれており、1つの資格に合格することでその分野の認定を受けることができます。

特にソフトウェア開発者やDevOpsエンジニア、自動化スペシャリストなどに適した資格だと言えます。

Cisco Certified DevNet Professional

「Cisco Certified DevNet Professional」はコア試験と専門分野にわかれた選択式のコンセントレーション試験の2つに合格することで認定を受けられます。

主にシスコプラットフォームに作られたアプリケーションの運用や開発のスキルを認定するもので、コア試験ではソフトウェア開発やデザインに関する知識について問われます。また、コンセントレーション試験は最新のテーマや業界別のテーマについて問われます。

Cisco Certified DevNet Associate

「Cisco Certified DevNet Associate」はDevNet認定の中ではもっとも易しいレベルの試験で、シスコプラットフォームでのアプリケーション開発や運用のスキルを認定します。

試験ではAPIの理解やシスコプラットフォームでのソフトウェア開発、セキュリティ、インフラストラクチャ、自動化などの知識やスキルが問われます。また、認定を受けるには1つの試験での合格が要件となります。

CCNAが就職・転職で有利になることは変わらず


改定後のCCNAでは、改定前に各カテゴリに分かれていたCCNA資格が1つのCCNA資格に統一され、「自動化とプログラマビリティ」も問題範囲に入るので、改定前よりも取得するメリットが増加しているといえるでしょう。

未経験者や初心者がCCNAを取得するメリットとしては、以下の例が挙げられます。

体系的・効率的にネットワークに関する基礎知識について学べる
就職や転職で有利
上流工程のプロジェクトに配属されやすくなる

経験者であっても、CCNAの取得は有益です。実務で関与したことがない分野についても学ぶことができ、ネットワーク業務全体を見渡せるようになります。また、ネットワークを構築する以上のプロジェクトに参加する際にCCNAを保有していると有利です。

改定後のCCNAも、ネットワークエンジニアとして就職・転職する際に保有していれば有利な資格であることに変わりありません。自分自身の勉強のために、また、就職・転職のために取得することをおすすめします。

CCNAを取得すればネットワークエンジニアとしての就職・転職に有利


CISCO技術者認定試験のCCNAは、試験準備をする中でネットワークに関する基礎知識を体系的・効率的に学習でき、就職・転職の際に高く評価される資格です。
ネットワークエンジニアとしてスキルアップを目指すのであれば、2020年2月の改定ポイントを踏まえて、自身に合ったCISCO技術者認定を学習・取得するようにしましょう。


FEnetではエンジニアへキャリアアップを目指す方向けに研修制度をご用意しています。研修一覧をご覧ください。

転職相談もお気軽受け付けておりますのでご気軽にご応募ください。

エントリー(応募フォーム)