FEnet未経験コラム
エンジニアを目指す方向けのブログメディア

システムエンジニアとして優先的に取得したいスキルとは?スキル獲得のためにとれる手段をご紹介

 

システムエンジニアが優先して取得したいスキル5選

システムエンジニアとして活躍するには専門知識だけでなく、様々なスキルが必要となります。そこで実際にどんなスキルが必要なのかご紹介していきます。システムエンジニアとして優先的に取得したい5つのスキルをしっかり身に付けましょう。

プログラミングスキル

プログラミングスキルとはプログラミングに関する技術的なスキルのことで、プログラミングとはコンピューターにさせたい仕事を順番に書き出す作業のことです。システムエンジニアの本分はシステム開発であり、開発のプロセスでプログラミングを行うのでプログラムのスキルがある程度必要となります。

コミュニケーションスキル

システムエンジニアは、システム開発プロジェクトにおいて始めから終わりまで関わり、クライアントとの交渉など人と話す機会が多くあります。プロジェクトを円滑に進めるにはクライアントと折衝を行い、相手の話を上手に聞き出す力やチームメンバーに考えをまとめて伝える力が必要となります。そのためコミュニケーションスキルがないと、スケジュールの遅延やクオリティの低下、トラブルやアクシデントが発生してしまい仕事に大きな支障をきたしてしまいう恐れがあります。

論理的思考力

論理的思考力とは、ものごとを筋道を立てて考えられる力のことです。システムエンジニアはクライアントの要望をヒアリングして、抱えている課題を正しく理解し解決に導くために既存システムの仕様変更を検討したりします。クライアントの求めているものを分析し、実現可能かつ効果的な設計をして、クライアントにシステム開発の必要性を証明する為に自分の考えを意見として分かりやすく説明する際に論理的思考力が必要となります。論理的思考力が低いと、クライアントやチームメンバーともうまくコミュニケーションがとれなくなってしまいます。

時間管理能力

システムエンジニアはシステム開発プロジェクトにおいてリーダー的な役割を果たすこともあります。自分が担当するプロジェクトにおいて、時間管理能力がしっかりとできていないと、開発が遅れてしまいプロジェクトマネージャーやクライアントに迷惑をかけてしまう恐れがあります。また、納期の遅延は信頼喪失や契約解除につながってしまいます。そのためシステムエンジニアはプロジェクト進行を緻密に管理し、役割分担やスケジューリング、リスク管理なども含めた時間管理能力が必要となります。

システム開発技術

システムエンジニアにとってシステム開発のプロセスを理解することが重要になります。システム開発のプロセスは大きく分けて要件定義から始まり、システム設計、プログラミング、テスト、ソフトウェア受入れ、ソフトウェア保守、ソフトウェアの見積もり等があります。これらのシステム開発のプロセスを修得し、適用することで必要な機能が正しく動作し、システム利用者に使いやすいシステムを開発することができます。

スキルの必要性

エンジニアという職業は技術を売りにしている部分があるため、実力で評価されることあります。そこで必要なスキルを取得することにより与えられた業務を効率良くこなすことができたり、自分のスキルを磨くことにより新しいことにチャレンジしたり、経歴を高めるためキャリアアップしたりと可能性が大きく広がります。自分が描いたキャリアプランを実現するためにも、積極的にスキルアップにチャレンジしてしていくことが必要になります。

【比較表】自分に必要なスキルはなんだろう?

ご紹介したシステムエンジニアとして優先的に取得したいスキル5選について、表にまとめました。

スキル 内容 こんな人におすすめ
プログラミングスキル コンピュータに指示を出せる能力 PGのようにプログラミングに注力したい方
コミュニケーションスキル 他者と意思疎通を上手に図る能力 クライアントなど様々な人と関わりを持ちたい方
論理的思考力 ものごとを筋道を立てて考えられる力 システムアナリストやシステムコンサルタントを目指している方
時間管理能力 行動を管理し、時間をコントロールする力 PMO・PMを目指している方
システム開発技術 システム開発におけるプロセスを理解する力

業界未経験のSEを目指している方

スキル取得の手段を紹介

スキルを取得する為にはどのようにスキルを伸ばしていくのか、また新しいスキルを身につけるための手段について分からない人も多いでしょう。ここではスキル取得の手段について紹介していきます。

業界の最新情報を知る

IT業界の技術革新は他の業界に比べて加速的に進化していくため、常に最新技術のキャッチアップが必要となります。そのためには、業界雑誌や新聞記事のチェック、また業界のトレンドに詳しい人のSNSをチェックするという方法などがあります。進化していく技術革新に対して、情報収集を怠らないことが大切になります。

資格を取得をする

資格を取得することもスキルアップの1つの手段といえます。システムエンジニアになるために特別な資格は必要ありません。ですが資格を取得することで自身のスキルアップにも繋がり、スキルを客観的に証明することができます。システムエンジニアにおすすめの資格として「基本情報技術者試験・応用情報技術者試験」「システムアーキテクト試験」「ネットワークスペシャリスト試験」「オラクルマスター」などが挙げられます。スキルを客観的に証明するために積極的に資格を取得していきましょう。

業務を通じて経験を積む

ご紹介したスキルの中には、仕事をしているうちに自然とそれなりに身につくものもあります。スキルアップしていくことで、キャリアアップを目指して転職という道も開けてくるでしょう。そのため業務通じて経験を積みたい方には本コラムサイトを運用しているFEnetがおすすめになります。

FEnetで求人をみつけよう

FEnetでは、数多くの求人求人を扱っており様々な状況で働けるため経験を積みスキルアップすることができます。また、大手企業との直受け求人求人が豊富で、比較的単価が高い求人求人が多くあります。業務を通じて経験を積みスキルアップをしたい方は是非FEnetに登録してみてください。

登録フォームはこちら

未経験からでも正社員として登用

無料で研修も実施しているFEnetでは、未経験からエンジニアが目指せます。自分のキャリアプランに沿った研修を受講することが可能で、キャリア・スキルアップを目指す人にとって非常にメリットがあります。今までの経験を活かしながら少しずつ前に進みたい方、なりたい自分がある方へ、FEnetがあなたに合った最適なキャリアをご提案します。転職活動等のご相談も無料で受け付けておりますので、ぜひご相談ください。

まとめ

システムエンジニアに必要なスキルは数多く存在します。この記事では、それらのスキルの中で優先的に取得したいを5つ紹介しました。

今回ご紹介したエンジニア転職サイト「FEnet」では、実際に紹介したスキルを活かせる求人を数多く取り扱っています。取得したスキルを活かした仕事に就きたいと考えている方、業務を通じて経験を積みスキルアップをしていきたい方と考えている方は、是非FEnetを利用してみては如何でしょうか。


FEnetではエンジニアへキャリアアップを目指す方向けに研修制度をご用意しています。研修一覧をご覧ください。

新規CTA

転職相談も受け付けておりますのでご気軽にご応募ください。

エントリー(応募フォーム)

Search

reccomended

Popular

Categories

Tags