FEnet未経験コラム
エンジニアを目指す方向けのブログメディア

テストエンジニアとして働くメリット4つ|テストエンジニアに有利な資格

2021年02月17日
SE
テストエンジニアで働きたいのですが、メリットってありますか?
PM
初心者でも働きやすいですし、開発の流れを理解できるのでおすすめですよ。

テストエンジニアって?

システムやソフトウェアを開発する際には、完成するまでに何度もテストが行われます。そのテストの計画や実施、またテスト結果からの分析など、テストにおける全般の工程を行うのがテストエンジニアです。テストは単に動作確認をするためのものではなく、製品の品質に関わるため、ベテランの技術者がテストエンジニアを担当することが多いです。

QAエンジニアとの違い

QAエンジニアもテストエンジニアと同じようにシステムやソフィトウェアなどの開発でテストを行う仕事をします。しかし、テストエンジニアはプログラムごとに正しく動作するかのテストや、プログラムを合致させた際に不具合が起こらないかなどを確認することに対して、QAエンジニアの行うテストは完成品に対するテストでユーザーに近い環境で完成品の動作や耐久などのテストを行います。

テストエンジニアの必要性

テストエンジニアが行うテストは単なる動作チェックではありません。テストエンジニアはテストの結果を分析して、改善点を見つけたり、また改善の計画を立案したりもします。もし、テストが不十分で製品のリリース後に問題が発覚してしまうと、大きなリスクが発生してしまいます。そのため、テストエンジニアの行うテスト工程によって、事前にリスクを回避していくことは非常に重要です。

テストエンジニアの仕事内容3つ

テストエンジニアはその名前の通り、システムやソフトウェアなどのテストを行います。そのテストにはいろいろな意味があり、製品の品質を保つために非常に重要な役割です。また、テストエンジニアはいろいろなテストを行いますが、その中でも主な仕事となる内容がいくつかあります。

テストエンジニアの仕事内容1:製品の一連の動作確認

テストエンジニアはいろいろなテストを行いますが、テストエンジニア行う主なテストの1つとして、製品の一連の動作確認があります。動作確認をする際には、単に動かしてみるだけなく、どのような観点でテストを行い、どのようなケースと想定して、どのような技法でテストを行うことが適切なのかを判断します。

テストエンジニアの仕事内容2:欠陥や不具合の発見

テストエンジニアはいろいろな観点からテストケースを想定して、適切な技法でテストを行います。テストでは製品に欠陥や不具合が出ることもあります。もし、テストを行わなかったり欠陥や不具合などを見落としたりしてしまうと、そのまま製品がリリースされてしまうことになります。そのようなことを避けるためにテストは行われ、テスト結果から欠陥や不具合の改善や追加要望、再テストなどの対応が行われます。

テストエンジニアの仕事内容3:改善策と提案の提起

テストを行っていると、欠陥や不具合が発見されることもあります。また、他にも改善点が見つかったり、追加要望が発生したりすることもあります。テストで得られたそれらの結果は、開発担当者に伝えられ、その後のシステム開発の改善や追加要望に応えて機能を加えるなどの修正が行われます。

テストエンジニアとして働くメリット4つ

開発者だけではどうしても視点が偏ってしまうことがあり、欠陥や不具合を見つけられなくなってしまいます。テストエンジニアはシステムやソフトウェアなどの開発を行う際の第三者検証という枠組みに当てはまり、開発者と異なる視点を持つ第三者でテストが行えるので、そのニーズが高まっています。今後ニーズが高まること以外にもテストエンジニアとして働くことにはいくつかのメリットがあります。

働くメリット1:初心者でも始めやすい

テストエンジニアの業務にはプログラミング言語が不要なものがあり、未経験や初心者でも仕事がしやすいというメリットがあります。テストエンジニアの業務は、システム構築の基礎知識を深めるために、エンジニアとして駆け出しの人が最初に関わる仕事ともいわれ、経験を積んでプログラミング言語の知識が必要なテストへとステップアップしていきます。

働くメリット2:開発の流れを理解できる

テストエンジニアは高いスキルを持ったエンジニアが担当することも増えてきています。もし、経験の浅いエンジニアがテストエンジニアに付いて、その仕事を学ぶことができれば、テストの技法や欠陥や不具合の発見の仕方、改善策と提案の提起方法など、多くのことを学べます。また、テストに携わることで、自身が担当する一部分だけでなく、開発の全体の流れも理解することができます。

働くメリット3:今後のキャリアに活かせる

テストエンジニアは技術者としての高いスキルだけでなく、いろいろな角度でのリスクを考えて回避したり、改善したりすることも重要です。この作業はテストだけでなく、プロジェクト全体にも通じます。そのため、テストエンジニアとしてのスキルを磨くことで、プロジェクトリーダーを目指せるようなキャリアを積むことができます。また、他にも品質コンサルタントやセキュリティ系の仕事などへのキャリアパスにも繋げられます。

働くメリット4:責任業務のみに専念できる

テストエンジニアは高いスキルを持つ技術者が兼任することもありますが、企業によっては開発者とテストエンジニアを完全に分けている場合もあります。もし、開発者とテストエンジニアが分けられている場合には、それぞれの責任業務のみに専念することができます。そのため、製品の品質を一定に保つことができ、開発効率を上げる効果も期待できます。

テストエンジニアに求められる能力4つ

テストエンジニアの仕事の重要性は高まっています。そのため、テストエンジニアは経験の浅い若いエンジニアではなく、高いスキルを持つエンジニアが行うこともあります。そのため、テストエンジニアには高いスキルを求められることになります。その中でも、特に重要となるスキルが4つあります。

求められる能力1:OA機器の基本操作

テストエンジニアが行うテストではコードを1行ずつ実行して動作確認したり、モジュールを結合して不具合を確認する統合テストなど、多くのことを行います。これらテストを行う前に用意する準備資料や、得られた結果から不具合や改善案をまとめる際には、誰が見てもわかりやすい計画書や報告書、提案書などを作成しなければいけません。そのため、見やすい資料を作るためにもOA機器を使いこなす必要があります。

求められる能力2:コミュニケーション能力

上記で述べた通り、テストエンジニアは計画書や提案書などの資料を作成するスキルが意外と重要になります。また、テストの結果を報告したり、改善案を提案したりするときには、資料だけでなく、その内容を伝えるプレゼンテーション力やコミュニケーション能力も必要となります。

求められる能力3:地道な作業が得意な人

テストエンジニアはあらゆるケースを想定して、テストを行います。また、コードを細かく分けて動作確認をしたり、モジュールを結合しても不具合が起きないか確認したり、条件を変えて実行したりなどするため、テストの回数は非常に多くなります。そのため、何度も繰り返すテストを地道に積み重ねていける根気も、テストエンジニアにとっては重要となります。

求められる能力4:集中力

テストエンジニアが行うテストは確認項目が非常に多く、地道にテストを繰り返していく必要があります。そのため、テストエンジニアにはテストの効率を維持することや、何度も繰り返すテストの正確性を落とさないための集中力が必要となります。

テストエンジニアに有利な資格3つ

テストエンジニアの仕事は重要性が高まっています。そのため、テストエンジニアになるためには高いスキルを身につける必要があります。また、テストエンジニアとして有利な資格はいくつかあり、中にはテストエンジニア専門の資格まであります。

有利な資格1:JSTQB認定テスト技術者資格

JSTQB認定テスト技術者資格はテスト設計や分析、工程のマネジメントなどの知識を習得していることを証明するテストエンジニア専門の資格で、海外でも通用するほどその重要度は高いです。JSTQB認定テスト技術者資格はFoundation LevelとAdvanced Levelで分かれていて、Advanced Levelはさらにテストマネージャーとテストアナリストの2種類に分かれています。

JSTQB

有利な資格2:IT検証技術者認定試験

IT検証技術者認定試験はソフトウェアの検証に関するエンジニアとしてのスキルを習得したことを証明する資格試験です。そのため、IT検証技術者認定試験もテストエンジニアのための資格と言えます。レベルはエントリーレベル、ミドルレベル、ハイレベルの3つに分けられていて、ステップアップしながら知識習得ができるようになっています。

一般社団法人 IT検証産業協会

有利な資格3:基本情報処理技術者試験

基本情報技術者試験は、ITエンジニアとしての基本的知識や技能と、実践的な活用能力を身に付けたことを証明する資格試験です。基本情報技術者試験はテストエンジニア専門の資格ではありませんが、エンジニアとして有利な資格のため、取得しておくと良いでしょう。ただし、名前に基本と付いていますが、その難易度は簡単なものではありません。

IPA Better Life with ITIPA Better Life with IT 情報処理推進機構
SE
高いスキルを求められることもありますが、今後のキャリアにも活かせるのでいいですね。
PM
そうですね。テストエンジニアでスキルを積み、ステップアップしていくのもよいでしょう。

テストエンジニアを目指そう

テストエンジニアの仕事は重要度が高くなってきています。そのため、高いスキルを求められることもあります。しかし、テストエンジニアを目指すことで得られるスキルは、その後のキャリアアップにも繋げることができます。テストエンジニアを目指し、さらにその先のキャリアアップも目指しましょう。


FEnetではエンジニアへキャリアアップを目指す方向けに研修制度をご用意しています。研修一覧をご覧ください。

転職相談もお気軽受け付けておりますのでご気軽にご応募ください。

エントリー(応募フォーム)