FEnet未経験コラム

これからエンジニアを目指す方のための情報をお届け

エンジニアの転職理由とは?転職を成功させるコツを紹介

2021年01月22日

現在エンジニアで転職を考えている人や未経験でエンジニアへ転職を考えている人は、なぜ転職するのか理由が知りたい人もいると思います。

予めエンジニア転職の理由を知っておくことで、転職する理由に当てはまらないように注意することができるので、転職活動で失敗するリスクが減ります

PG
エンジニアが転職する理由や転職理由、転職で失敗しない方法について知りたいです。
PM
ここではエンジニアが転職したくなる理由、転職を成功させるためのコツについて紹介しよう。

エンジニアへ転職を考えている方はぜひ最後までご覧ください。

エンジニアが転職する理由とは

エンジニアという職種は希少価値が高い専門職ですが、仕事環境によっては自分が思っていた働き方ができずに転職する人も少なくはありません。エンジニアが転職するとなると、かなり人生において大きな決断となりますので、予めどんな転職理由があるのか知っておきましょう。

エンジニアが転職する理由は以下の5つです。

・キャリアアップが難しい
・給料が低い
・労働時間が長い
・人間関係で悩んでいる
・休日が少ない

上記の理由について詳しく解説します。

キャリアアップが難しい

まず始めに、エンジニアはキャリアアップが難しい場合があります。エンジニアの仕事は業種にもよりますが、プログラミングを用いてシステムやサービスを開発することです。

開発業務なので営業などと比べると、成果が目に見えてわかりづらくキャリアアップがしにくいのが現状です。

エンジニアの仕事は、会社の売り上げに繋がりにくく、目立った功績を残すことが難しい側面もあります。

給料が低い

エンジニアが転職する理由の2つ目として、給料が低いことが挙げられます。企業によっては残業制度を導入しているケースが多く、いくら残業しても残業代が固定なので、仕事量に合った給料がもらえない場合も……。

本来、みなし残業時間を超えた場合の残業手当は支給されるのですが、多くの企業でエンジニアが不足しているので、このような現象が起きています。

転職する際は、エンジニアの人数が多く、みなし残業がない企業を選ぶと良いでしょう。

労働時間が長い

エンジニアが転職する理由の3つ目の理由として、労働時間が長いことが挙げられます。これも同様にIT企業のエンジニア不足が問題で起こることで属人化になりやすく、ある特定の人でないと対応できないことになります。

例えば勤めている企業で、インフラ周りの作業があなたしかできない場合は、何かサーバーなどでトラブルが起きた場合は、あなたしか対応できない状況になります。

そうなると労働時間関係なく、トラブルが解消するまで作業することになるので、労働時間が長くなります。

人間関係で悩んでいる

次に、エンジニアが人間関係で悩んでいることが転職する理由です。特にチーム開発の現場では上司との関係や、スキルレベルの差によって圧迫感を感じたり、居心地が悪くなります。

エンジニアの仕事は集中することが重要になりますので、ストレスなく仕事ができる環境が最も最適です。

上司や社員との人間関係が悪くなると、エンジニアとして仕事に集中できなくなり、生産性が下がることもあります。

休日が少ない

最後にエンジニアが転職する理由として、休日が少ないことが挙げられます。エンジニアはパソコンとネット環境さえあれば仕事ができることも多く、自宅で仕事をやらざるを得ない状況になることが多いです。

特にエンジニアの人数が少ない企業の場合属人化しやすいので、トラブルが起きた時には、休日でも関係なく対応に迫られることもあります。

また、エンジニアは常にキャッチアップが必要な場合があり、休日を利用して勉強をする場合もあるので、休日が少なくなってしまうことも……。

未経験者がエンジニアへ転職する際の転職理由は

次にプログラミング未経験者がエンジニアへ転職する際の転職理由についてご紹介します。

エンジニアへの転職理由は以下の4つです。

・キャリアアップのため
・需要が高く将来性がある
・高収入が期待できる
・モノ作りで貢献したい

キャリアアップのため

まず始めに、エンジニア職に就いてキャリアアップを目指そうと転職する人が多いです。IT企業の多くは年功序列を禁止しており、年齢や性別関係なく成果や貢献度に応じて評価してもらえる企業が多いです。

既存の仕事では年功序列が厳しく、どれだけ成果を挙げてもキャリアアップできない人が、IT企業に転職しようとエンジニアを目指す人が増えています。

需要が高く将来性がある

未経験者がエンジニアへ転職する際の転職理由の2つ目に、現在の仕事に将来性を感じず将来性のあるエンジニアへ転職するのが挙げられます。

人工知能(AI)産業の発展やシステム導入による人員の削減により、現在の職業に不安を感じている人が、エンジニアを目指す人が多いです。IT業界は変化が激しく新しいテクノロジー技術やITサービスがどんどん生まれているので、需要が高く将来性が高いです。

高収入が期待できる

3つ目の理由として高収入が期待できることからエンジニアに転職をする人がいます。大手の求人サイトを調べてみると、男性システムエンジニア(SE)全年齢の平均年収は550万円前後となっています。

日本の会社員の平均年収が441万円なので、それよりも高い水準となっています。ただ、エンジニアはスキルによって年収にばらつきがある為、スキル次第では年収1,000万円も到達可能です。

エンジニアは学歴関係なく、スキルさえあればなれる職業なので、高卒で年収が低い人でもエンジニアに転職すれば高い収入を得れるチャンスがあります。

モノ作りで貢献したい

未経験者がエンジニアへ転職する際の転職理由の最後に、モノ作りで貢献したいという理由が挙げられます。

もともとクリエイティブなことや、モノ作りに興味がある人がエンジニアへ転職する人が多いです。

自分がプログラミングで作ったサービスが世の中で使われるのを実感できて、仕事にやりがいを感じるのもエンジニアの魅力でもあります。

エンジニアへ転職を成功させるコツとは

「エンジニア転職を成功させるために必要なことは?」

これからエンジニア転職をしようと思う人は、転職活動が不安に感じる人もいると思います。エンジニアへ転職を成功させるコツは以下の2つです。

・転職サイトで自分に合った求人を探す
・エンジニアが転職する理由に当てはまらないようにする

転職サイトで求人を探そう

まず始めに転職活動する際は、転職サイトを利用して自分に合った求人を見つけるのが重要です。

しっかりと自分の働き方や理想像を明確にし、その条件にあった転職先を見つけないと成功できません。


FEnet .NET Naviでは、プログラミング言語別や、働き方で細かく絞り込みできる機能があるので、自分の希望する転職先を見つけやすいのが特徴です。

FEnet .NET Naviの特徴やメリットをまとめると、以下のようになります。

・約40以上のプログラミング言語の求人がある
・勤務地エリアで絞り込みができる
・実務経験別で求人を探せる
・服装自由やフレックス制など、こだわり条件で探せる

エンジニア転職を始める人はぜひ登録しておきましょう。

転職で失敗しないためには

エンジニア転職で失敗しないためには、先ほどご紹介した、エンジニアが転職する理由に当てはまらない転職先を見つける必要があります。

もう一度おさらいすると、

・キャリアアップが難しい
・給料が低い
・労働時間が長い
・人間関係で悩んでいる
・休日が少ない

このような企業に転職してしまうと、せっかくエンジニアとして転職できたのに、また再転職することにつながるので、企業選びは慎重に行いましょう。

そのためにも、FEnet .NET Naviのような細かな検索機能がある求人サイトを利用するのがおすすめです!

まとめ

本記事では、エンジニアが転職する理由、未経験者がエンジニア転職する理由をご紹介しました。予め、エンジニアが転職する理由を知っておくことで、転職活動を成功させることができます。

ぜひこの記事を参考に、エンジニアへ転職してみてはいかがでしょうか。


FEnetではエンジニアへキャリアアップを目指す方向けに研修制度をご用意しています。研修一覧をご覧ください。

FEnet 未経験

転職相談もお気軽受け付けておりますのでご気軽にご応募ください。

エントリー(応募フォーム)