FEnet未経験コラム

これからエンジニアを目指す方のための情報をお届け

【Azureの資格】Microsoft Azure認定試験について

2020年12月25日

近年急速に存在感を増してきているクラウドサービスがMicrosoft Azureです。Azureにも技術者のスキルをサポートする資格が多くあります。
このAzure認定試験をいくつかピックアップして紹介します。【2019年11月時点】

SE
Microsoft Azure認定試験って多く種類はあるのでしょうか?
PL
種類は多くありますよ。クラウドサービス自体が常に進化しています。進化の影響で更新、廃止が激しい資格でもありますので、一度取得したらそれで満足するのではなく、Azureの進化とともに受験者の技術更新も常に求められます。

Azureの資格について

まずMCPについてご紹介します。
MCPとはマイクロソフト認定プロフェッショナル認定のことです。MCPの試験に合格するとFundamentals(★) 、Associate(★★) 、 Expert(★★★)のそれぞれが認定されます。Expertまで取得できれば、高度な知識を有していることを証明することが可能です。
ただし、多くの資格試験が英語版のみの提供なので、ある程度の英語力が必要です。

Azure資格試験の内容は、基礎、開発者、管理者、データサイエンティスト、AIエンジニア、データエンジニア、セキュリティエンジニア、DevOpsエンジニア、アーキテクトの9つの分野に分けることができます。
Fundamentals、Associate、Expertがそれぞれで割り当てられているため、自分の状況に合わせてチャレンジする資格を決めていきましょう。

Azureの試験について

  1. 【初心者向け】おすすめ資格
  2. AZ-900:Microsoft Azure Fundamentals
    クラウドサービスや、それらのサービスがAzureでどのように提供されているかなど、基礎的なデモンストレーションをしたい方、またAzureサービスの営業担当者など技術的な背景を持たない方を対象としたAzure初心者向けの資格です。

  3. 【中級者向け】おすすめ資格
  4. AZ-203:Microsoft Azureの開発ソリューション
    Azureを使用して開発、テスト、保守など一連の開発フェーズすべてに関わる資格です。
    この資格の受験者には、最低1年のソフトウェア開発の全フェーズに渡るソリューション開発の経験と、最低1種類のクラウドサービスをサポートしたプログラミング言語の習得が求められます。
    デベロッパーを対象としたAzure中級者向けの資格になります。

  5. 【上級者向け】おすすめ資格
  6. Z-103: Microsoft Azure Administrator
    受験者はストレージ、セキュリティ、ネットワーク、コンピューティングなどAzureの機能に精通していることを求められます。
    その為、管理者を対象としたAzure上級者向けの資格です。

SE
まずは初心者向けの資格からチャレンジしてみますね!
PL
そうですね。基本的なAzureのことを学んでから、中級者、上級者の資格へとステップアップしていきましょう。

資格関連情報のチェックは心がけましょう

Azureは日進月歩進化しています。進化する分だけ、資格が更新されたり、また古い資格は廃止となったりします。常に資格関連の情報のチェックも心がけましょう。


FEnetではエンジニアへキャリアアップを目指す方向けに研修制度をご用意しています。研修一覧をご覧ください。

FEnet 未経験

転職相談もお気軽受け付けておりますのでご気軽にご応募ください。

エントリー(応募フォーム)