【ドローンで配達ができる?】モバイルネットワークを活用したドローンの可能性

近年ドローンが活躍する場面は増えており、実証実験なども行われています。
ドローンを産業に利用することで、我々の生活はさらに便利になっていくでしょう。
今回は、特に注目されているドローンを利用した配達サービスなので紹介します。

ドコモとKDDIが提供するドローンサービス

ドローンは航空法の規制により、人家の集中地域での飛行は禁止されています。
しかし、モバイルネットワークを利用することで目視外でも安全に飛行できることから、近いうちに規制が緩和される見込みです。

それを受けてドコモとKDDIでは、ドローンの配送への利用を試みています。
ドコモではモバイルネットワークを利用したドローンをセルラードローンと呼んでいます。
ドコモが開発するプラットフォームは、クラウドコネクトと運行支援基盤、ビジネス支援基盤、解析支援基盤から構成されるのが特徴です。

KDDIでは、モバイルネットワークを利用したドローンをスマートドローンと呼んでいます。
ドローン機体と三次元地図、運行管理、クラウドから構成されるプラットフォームが特徴です。
2社ともサービス提供に向けて実証実験を行っています。
ドコモの実証実験では、九州本島から福岡市の離島である能古島まで約2.5キロの距離を、ドローンで商品配送しました。
KDDIの実証実験では、新潟県長岡市山古志でお弁当を届ける実証実験を行い、約2キロ離れたところまで無事に届けることができました。

スマートドローンの活用事例


スマートドローンの活用事例としては、広域監視や鉄塔点検、風力点検、測量解析、精密農業などが挙げられます。
広域監視は災害時に鉄道や高速道路などの状況を調べるのに役立ちます。
また山で遭難した人を救助するときや、水難事故の場合にも活用可能です。
鉄塔点検では最初に鉄塔の3Dモデルを作成します。
そして、3Dモデルを元に見たい箇所をピンポイントで指定することで撮影し、点検に活用することができます。
これにより今まで4人で数時間かけて行っていた点検が、2人で60分ほどまで短縮しました。
風力点検においてはさらに時間の短縮効果があり、点検時間がこれまでの8時間から60分になっています。
レポートもこれまで1週間かけて作っていたものが数秒で可能です。
測量解析では0.01平方キロメートルあたりの費用が、これまでの26万円から10万円に節約できました。

精密農業では農薬や肥料の使用量を2~3割程度削減し効率化を実現しています。

近い将来は本当にドローンで配達するようになるかも

モバイルネットワークを活用したドローンにより、さまざまな分野で効率化を実現しています。
近い将来は本当に、配達にドローンを使う日が来るかもしれません。
今後のドローンの可能性に期待しましょう。

高待遇、キャリアアップを目指すエンジニアための転職サイト「フリーエンジニアネットワーク」はこちら