.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Webの開発ツール

Bootstrapのテンプレートを使うメリットとデメリット

2019年10月10日

Bootstrapのテンプレートを使用すれば、Webサイトデザインの知識やスキルが無くても簡単にサイトのデザインを作ることが可能です。そのため、Bootstrapを利用しているサイトはたくさんあります。この記事では、Bootstrapのテンプレートやそのメリット・デメリットをご紹介します。

PG
Bootstrap のテンプレートを利用すると、サイトのデザインが簡単に作成できるのですか?
PM
デザインの知識やスキルが無くとも、簡単に作成することができます。内容を一緒に確認しましょう!

Bootstrapのテンプレートとは

Bootstrapのテンプレートとは、Webサイトのデザインパターンがあらかじめ用意されているものです。

まず、Bootstrapの公式ページを開きます。
https://getbootstrap.com/

ヘッダ部分に「Examples」という部分があるので、クリックします。

Bootstrap公式ページ

クリックすると、たくさんのパターンの画面イメージが表示されます。これがテンプレートです。

ここに表示されているものは画面イメージの通り、既にデザインされているものです。
好みのデザインをこの中から選んで使用することができ、カスタマイズすることが可能です。

通常、サイトをデザインする際はHTMLやCSSを駆使して一から作成していく必要がありますが、テンプレートを使用することでその手間が省けます。

用意されているテンプレートもたくさんの種類があり、バリエーションに富んだ構成になっているのも特徴です。

Bootstrapのテンプレートを使うメリットとデメリット

テンプレートを使用するメリットやデメリットがそれぞれ存在します。

メリット

デメリットよりもメリットの方が大きいとされています。

まず、サイトデザインを一から作成する必要がないので、サイト制作の工数を大幅に下げることができます。また、デザインの種類も非常に多くのパターンがあり、自分が使いたいデザインを選ぶことができます。

最大のメリットはスマホなどのモバイル端末でも見やすく表示できる「レスポンシブデザインに対応しやすい」点です。

通常、サイトデザインはPC版とスマホ版を分けて作成する必要があり、画面幅に応じてデザインを作成するのは非常に工数が掛かります。
Bootstrapのテンプレートはレスポンシブデザインにすでに対応しているので、自分で一から考慮して作成する必要がありません。

デメリット

テンプレートを使用すれば、おおまかな形は用意されているデザインの通りに作成することができます。しかし、テンプレートをカスタマイズする際にはBootstrapの習得が必要になります。

簡単なカスタマイズであれば問題ありませんが、Bootstrapの構文も多様なのでカスタマイズしたい内容によっては、実現するのに時間が掛かってしまうケースもあるでしょう。

PG
テンプレートを使用するとあらかじめ用意されているデザインを使用できて、Webサイト制作が簡単になりますね。
PM
Bootstrapのテンプレートはたくさんの種類があり、サイトデザインを作成しやすいので色々なテンプレートを試してみましょう!

Bootstrapのテンプレートはメリットが多く使いやすい

サイトデザインを一から作成しなくても済むというのは大きなメリットです。
様々なデザインパターンが用意されているので、Bootstrapのテンプレートを使用してサイトデザインを作成してみてはいかがでしょうか。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags

Jobs