.net column
.NET開発者のためのブログメディア

VB.NETでのList要素のFind方法とは?Find/FindLast/FindAll・IndexOf/LastIndexOf

公開日時:   更新日時:
VB.NETでのList要素のFind方法とは?Find/FindLast/FindAll・IndexOf/LastIndexOf
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE
Findメソッドについて教えてください。

PM
ではVB.NETにおけるFindメソッドについて実際のコードを見ながら理解を深めていきましょう。

VB.NETでのList要素のFind方法とは?


今回は、VB.NETでのList要素の検索方法について説明します。Find/FindLast/FindAll関数の基本的な使い方、複数検索条件の指定方法、大文字小文字を区別しない検索方法、indexの取得方法について紹介します。

VB.NETでのList要素の検索方法に興味のある方はぜひご覧ください。

Find/FindLast/FindAll

VB.NETでのListの要素検索関数である、Find/FindLast/FindAllについて紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このようにVB.NETでは、Find/FindLast/FindAll関数で要素の検索ができます。

複数条件

VB.NETでのFind/FindLast/FindAll関数に複数条件を指定する方法を紹介します。ここでは、And条件/Or条件の指定方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このようにVB.NETでは、複数条件で要素の検索ができます。

大文字小文字を区別しない

VB.NETでのFind/FindLast/FindAll関数で、大文字小文字を区別しない検索方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。大文字小文字を区別しない検索が行われていることが分かります。

IndexOf/LastIndexOf

VB.NETで、List内にある要素のindexを検索する方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

SE
つまり、Listから指定した条件にあった要素を取り出す時に使うメソッドということですね。

PM
はい、基本的な考え方はその通りです。ここでは基本的な使い方の他に、指定方法や検索方法、indexの取得方法を見ていきました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。VB.NETでのList要素の検索方法について説明しました。Find/FindLast/FindAll関数の基本的な使い方、複数検索条件の指定方法、大文字小文字を区別しない検索方法、indexの取得方法について紹介しました。

ぜひご自身でVB.NETのソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags