.net column
.NET開発者のためのブログメディア

VS Code上でPythonを実行する方法|デバッグや単体テストについても解説

 
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
SE
PM

VS CodeでPythonの開発をしてみよう


今回は、VS Code上でPythonの開発環境を構築する方法について説明します。
Pythonの実行、デバッグ、単体テスト、カバレッジの取得方法について紹介します。

ここでは、Pythonはインストール済みである前提とします。
興味のある方はぜひご覧ください。

実行

VS Code上でPythonを実行する方法を紹介します。
まず、VS Codeの拡張機能「Python extension for Visual Studio Code」をインストールします。

次に「File」 → 「Open Folder」を選択し、作業フォルダを指定します。
「New File」を選択し、main.pyファイルを作成します。ファイル名は何でも構いません。
以下のように内容を編集します。

ソースコード上で右クリックし、「Run Python File in Terminal」を選択します。
VS Code画面下のターミナルに、実行結果が表示されます。

これでVS Codeを使ったPython開発環境が整いました。

デバッグ

VS Code上でPythonをデバッグする方法を紹介します。
VS Codeの画面左にあるデバッグアイコンをクリックし、「create a launch.json file」を選択します。
次に、Debug configurationで「Python File」を選択します。

以下のようなlaunch.jsonが生成されます。

ソースコード上でブレイクポイントを設定します。
デバッグ画面上部にある三角の実行ボタンをクリックするとデバッグができます。
ステップオーバー、ステップイン、ステップアウトなどを駆使して、デバッグしてみてください。

unittest

VS Code上でPythonの単体テストを実行する方法を紹介します。
Ctrl-Shift-P のコマンドパレットから、「Python: Configure Tests」を選択します。
今回は、以下の順に入力・選択します。

以下のようなsettings.jsonが生成されます。

main.pyを以下のように編集します。

test.pyを新規作成し、以下のように記述します。

VS Code左側のテストアイコンをクリックすると、以下のような階層構造が表示されます。

上部の三角ボタン「Run All Tests」をクリックすると、unittestが実行されます。

カバレッジ

unittestの結果をカバレッジで見る方法を紹介します。まず、coverageをインストールします。

以下のコマンドで、カバレッジを取得します。

カレントフォルダに「.coverage」ファイルが生成されます。

次に、カバレッジを標準出力するコマンドを実行します。

カバレッジが表示されることが分かります。

以下のコマンドを実行すると、カバレッジ結果をHTMLで出力します。

htmlcovフォルダが生成されます。htmlcov配下に以下のようなindex.htmlが生成されます。カバレッジの結果を確認してみてください。

SE
PM

まとめ


いかがでしたでしょうか。VS Code上でPythonの開発環境を構築する方法について説明しました。
Pythonの実行、デバッグ、単体テスト、カバレッジの取得方法について紹介しました。

ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags