.net column

.NET開発者のためのブログメディア

システムエンジニアの仕事内容と平均年収は?必要な資格やスキルも解説!

2020年05月19日

SE
システムエンジニアはどんな仕事をしているのですか?

PM
プログラミングやシステム設計を行ったり、時にはスタッフを取りまとめたりしています。

システムエンジニアとは

主にプログラミングやシステム設計を行うのが、システムエンジニアです。依頼主のオーダーに沿ったシステム設計をすべく、プログラミングをはじめ、会社の規模によってはスタッフを取りまとめる役目も担います。システムエンジニアはプログラマーとしては当然ですが、予算や業務期間なども構築していく業務でしょう。顧客の依頼を的確に把握したり、提案したりする業務ですので、リーダーシップやスケジュール管理も必要な業種ではないでしょうか。

システムエンジニアの仕事内容

今回は、システムエンジニアの主な仕事内容について3つ見ていきます。システムエンジニアの給与は、高い傾向にあるといわれています。まだ経験がなく、これからシステムエンジニアになる予定がある方は、ライフスタイルにも影響してきますので、把握しておくとよいでしょう。それでは、システムエンジニアの仕事内容3つをご覧いただきましょう。

システムエンジニアの仕事内容1:クライアントの依頼内容を理解する

クライアントの依頼を理解して、システム設計の構成をイメージすることは、システムエンジニアの重要な仕事です。クライアントの依頼によってシステムエンジニアの仕事が成り立っていますので、まずはクライアントの依頼内容をしっかりと把握して、完了までのイメージを作りましょう。クライアントの依頼を理解することは、どのような業種においても大事になるので、基本事項の業務内容といえるのではないでしょうか。また、システムエンジニアの仕事は、1年目では難しく感じることもありますが、徐々に慣れることが可能です。

システムエンジニアの仕事内容2:プログラミングを実践する

プログラミングは、システムエンジニアの重要な仕事でしょう。システムエンジニアは、クライアントの依頼に沿った内容を中心に、プログラミングを実践することで、報酬を得ていきます。依頼主から高い評価をもらえるようにプログラミングを実践し、納品をして完結する仕事といえるでしょう。企業によって異なりますが、システムエンジニアの初任給は約20万円~約50万円といわれています。繁忙期となれば、企業によっては能力次第で別報酬が加算されることもあるかもしれません。

システムエンジニアの仕事内容3:見積書を作成してクライアントへ渡す

システムエンジニアは見積もりの作成業務もあり、課題解決にも役立つことがあります。システムエンジニアは、クライアントとプログラマーをつなぐ役割もあるため、スムーズな案件の受付をするために、クライアントとの金額のやり取りを担当することがあるでしょう。フリー素材のWordや専用のアプリで見積書を作成し、クライアントが支払う金額や明細を明確にしておきます。また、細やかな見積書を作成することで、仕事を依頼するクライアントも、安心して発注できるのではないでしょうか。

システムエンジニアの仕事はきついのか

システムエンジニアの仕事は、好きであればきつい業務内容ではないかもしれません。しかし、向いている性格や必要な能力はあり、向いていない人にとっては細やかな作業が苦痛に感じることもあるでしょう。作るものによっては論理的思考力も重要で、会社内で報告書を作成する時や、プログラミングを実践する際に必要になることもあるのではないでしょうか。また、コミュニケーションが苦手だと、マーケティングなどもスムーズにできず、きついと感じることがあるかもしれません。

システムエンジニアの平均年収や必要な資格・スキル

厚生労働省の賃金構造基本統計調査(2018年)によると、システムエンジニアの平均年収は、約300万円~約450万円とされています。推移としては上昇傾向にあるでしょう。資格の取得は必須ではありませんが、年収に影響を与えるケースもあるため、システムエンジニアに必要な資格についても確認していきましょう。60歳を超えても働けるのがシステムエンジニアですので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

賃金構造基本統計調査|厚生労働省

システムエンジニアに必要なスキル1:国家資格を取得する

基本情報技術者試験という国家資格は、システムエンジニアに適した資格といえるでしょう。1年に2回あり、150分の試験が午前・午後の2度実施されます。ITエンジニアの登竜門ともいわれているため、システムエンジニアとして所有しているとよいかもしれません。また、システムエンジニアは、資格を保有していることで仕事をスムーズにし、企業によっては報酬面にも良い影響を与えることがあるため、取得を検討してみてはいかがでしょうか。

基本情報技術者試験|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

システムエンジニアに必要なスキル2: 集中力が重要

集中力はシステムエンジニアとして必須であり、基本的なスキルといえるでしょう。プログラミングや顧客とのコミュニケーションには、集中力が求められます。システムエンジニア職は、高学歴や理系のイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実際は集中力やコミュニケーション能力が大切な職業だといえるのではないでしょうか。疲れたからといって休憩ばかりすることはできませんので、向いていない人は、退職をしてしまうケースも存在しています。

システムエンジニアに必要なスキル3:コミュニケーション能力が必須

対話力は、システムエンジニアのスキルとして大事でしょう。作業着を着て毎日プログラミングを実践することも重要な業務ですが、時としてクライアントや会社内の人々とのコミュニケーションが必要になります。今や60歳を超えても働ける時代ですので、若い方は今からコミュニケーション能力を鍛えておくことが望ましいのではないでしょうか。スキルアップを実現させることも可能です。

システムエンジニアには文系でも就職できる?

文系出身者でもシステムエンジニアとして働くことは可能です。英語を和訳したり、論文を書いたり、統計をとる業務もあるからです。もちろんですが、システムエンジニアのメインとなるプログラミングは重要な業務でしょう。システムエンジニアに明確な等級制度はありませんが、企業によっては業務の分担もしているのではないでしょうか。文系でも経理が得意であったり、コミュニケーション能力が高かったりすることで、システムエンジニアとして活躍している人もいるでしょう。

システムエンジニアに転職するポイント

これからシステムエンジニアへ転職する際には、志望動機を明確にしておきましょう。IT企業は、どういった思いで自社へ転職を希望しているかが知りたいポイントではないでしょうか。そのため、転職する理由や入社後に「どのような業務を遂行できるのか」を明確にしておくことがベターです。例えば、サービスエンジニアやセールスエンジニアとして勤務したいのか、主にプログラミングを実践していきたのかを明確にしておきましょう。

SE
システムエンジニアへの志望動機を明確化することが転職する際のポイントなのですね。

PM
そうですね。プログラミングがしたいのか、セールスを行いたのかなどは明確化しておいた方が良いですね。

システムエンジニアになるにはFEnetインフラに相談

FEnetインフラというシステムエンジニアに関するサイトがあるので、ぜひ問い合わせてみましょう。ライブ感覚で無料相談が可能なオープン系のサイトですので、契約形態などを1人で悩む必要はありません。ソフトウェア開発や、プログラミングの設計書作成にも携わりたいと考えるシステムエンジニアにも有効なサイトでしょう。ぜひ1度、FEnetインフラに相談してみてはいかがでしょうか。

ネットワークエンジニア・ITインフラ専門の案件・求人・転職ならFEnetインフラ

.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)