.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Laravel入門|PHPフレームワークによるWebサイトの作成方法について解説!

2021年03月25日
SE
Laravel入門編を知りたいです。
PM
LaravelでWebサイトを簡単に作成できるので解説します。

Laravel入門 – PHPフレームワークによるWebサイトの作成方法について


今回はLaravel入門編として、簡単なWebサイトを作成する方法を紹介します。

LaravelはPHPのフレームワークであり、簡単にWebサイトを作成できます。

Laravel入門編に興味のある方はぜひご覧ください。

アプリケーションの作成

Laravel入門編として、アプリケーションの作成方法を説明します。

以下のコマンドを実行します。

コマンドが成功したらtestappディレクトリに移動してください。

データベースの作成

Laravel入門編として、データベースの作成方法を説明します。

MySQLで以下のコマンドを実行します。

その後、.envファイルを修正します。作成したデータベースを記載してください。

モデル・コントローラの作成

Laravel入門編として、モデル・コントローラの作成方法を説明します。

以下のコマンドを実行します。

以下のようなファイルが生成されますので、修正します。
database/migrations/2020_12_04_125524_create_my_users_table.php
idとtimestampsはデフォルトで記載されていますので、必要なカラムを追記します。

ファイルを保存後、マイグレーションコマンドを実行します。
my_usersテーブルが作成されます。

ルーティングの設定

Laravel入門編として、ルーティングの設定方法を説明します。

routes/web.phpファイルを修正します。

コントローラの設定

Laravel入門編として、コントローラの設定方法を説明します。

app/Http/Controllers/MyUserController.phpファイルを修正します。

ビューの生成

Laravel入門編として、ビューの生成方法を説明します。

resources/views/myusers.blade.phpを新規作成します。

以下のコマンドで、サーバを起動します。

Webブラウザから「http://サーバアドレス:8000/」にアクセスします。
ユーザを追加・削除してみてください。

SE
ルーティングやコントローラを設定できるんですね。
PM
他にも、ビューの生成もできますので試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Laravel入門編として、アプリケーションを作成してみました。ここで紹介したものはあくまでも入門編であり、この他にも様々な仕組みがあります。

ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags