.net column
.NET開発者のためのブログメディア

社内サーバー

Laravelでのmigrationの方法|DBのテーブル管理を習得しよう

2021年03月24日
SE
migrationとは何ですか?
PM
migrationとは、DBのテーブル作成や管理をする仕組みのことを言います。

Laravelでのmigrationの使い方とは?


今回は、Laravelでのmigrationの方法について説明します。
migrationとは、DBのテーブル作成や変更などを管理する仕組みです。
方法としては、migrationファイルを作成してmigrationコマンドを実行します。

Laravelでのmigrationの方法に興味のある方はぜひご覧ください。

テーブル作成

Laravelでのテーブル作成時のmigrationについて紹介します。以下のコマンドを実行します。

database/migrations/2020_11_27_051429_create_myusers_table.php
のようなmigrationファイルが生成されます。ファイルの中身は以下のようになっています。

カラムを追加する場合、以下のように修正します。ここでは、nameカラムを追加します。

migrationファイル保存後、以下のコマンドでmigrationを実行します。

コマンドが成功すると、myusersテーブルが作成されます。

このように、Laravelではmigrationでテーブルを作成できます。

カラム追加

Laravelでのカラム追加時のmigrationについて紹介します。以下のコマンドを実行します。
add_age_to_myusers_tableの部分は何でもよいですが、分かりやすい名称にしてください。

database/migrations/2020_11_27_052358_add_age_to_myusers_table.php
のようなmigrationファイルが作成されます。追加するカラムを記載します。
ここでは、int型のageカラムを追加します。

migrationファイル保存後、以下のコマンドでmigrationを実行します。

コマンドが成功すると、myusersテーブルにカラムが追加されます。

このように、Laravelではmigrationでテーブルにカラムを追加できます。

カラム変更

Laravelでのカラム変更時のmigrationについて紹介します。以下のコマンドを実行します。

作成されたmigrationファイルを修正します。ここではageカラムをbirthdayカラムに変更して、さらに型をdate型に変更します。

カラム変更時は、以下コマンドを実行します。

以下のコマンドでmigrationを実行します。

コマンドが成功すると、myusersテーブルのカラムが変更されます。

このように、Laravelではmigrationでテーブルにカラムを変更できます。

ロールバック

Laravelでのロールバックの方法について紹介します。以下のコマンドを実行します。

myusersの状態がロールバックされていることが分かります。

このように、Laravelではテーブルのロールバックもできます。

SE
Laravelでのmigrationの方法がわかりました。
PM
ここでの解説をもとに試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Laravelでのmigrationの方法について説明しました。migrationとは、DBのテーブル作成や変更などを管理する仕組みです。
migrationファイルを作成してmigrationコマンドを実行する手順について紹介しました。

ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags