.net column

.NET開発者のためのブログメディア

Ruby on Railsでのフリーランスの心構え3つ|案件の探し方

2020年05月20日

SE
Ruby on Railsでのフリーランスの心構えには、どのようなことが必要なのでしょうか?

PM
案件の獲得方法や自分のスキルを磨く必要があります。

Ruby on Railsとは

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。Webアプリケーションを簡単に開発するための機能が搭載されており、Webサービス、Webサイトなどの開発に使用できます。オープンソースソフトウェアであるため、無料で使用でき、商用利用も可能です。また、現在でも活発なコミュニティにより開発が続けられています。

Ruby on Railsのフレームワークが人気な理由4つ

Ruby on RailsのWebアプリケーションフレームワークが人気を集めているのには、4つの理由があります。ここからは、Ruby on Railsの特徴と、人気を集めている理由について説明します。

人気な理由1:Railsへのリプレイスが盛ん

Ruby on Railsが人気を集めている理由の1つ目は、リプレイスが盛んであると言うことです。リプレイスとは、古いシステムやサービスを、同等の機能を持った新しいものに置き換えることです。最近は、PHPによるWebアプリケーションを、Ruby on Railsへリプレイスすることが盛んに行われています。それに伴って、Ruby on Railsの人気も高まってきています。

人気な理由2:新規事業開発の進行

Ruby on Railsが人気を集めている理由の2つ目は、新規事業開発の進行に使用しやすいためです。保守が容易で、高速に実装できるため、新規事業開発にRuby on Railsを使用する企業が増えています。Ruby on Railsは、新規事業開発にともなうプロトタイプの作成に使用されることもあります。さまざまな現場で使用されるため、Ruby on Railsを習得しようとする人が多く、人気が集まっています。

人気な理由3:アプリケーション開発効率が高い

Ruby on Railsが人気を集めている理由3つ目は、アプリケーション開発効率が高いことです。開発効率が高いと、少ない工数で多くを実装できるようになります。Ruby on RailsにはWebアプリケーションに特化したさまざまな機能が用意されており、また、「車輪の再開発」と呼ばれる無駄を省くよう設計されています。そのため、効率的に開発を進めることができるのです。

人気な理由4:Ruby言語習得の容易さ

Ruby on Railsが人気を集めている理由4つ目は、Rubyの言語習得の容易さです。Ruby on Railsは、Rubyで実装されているため、Rubyが習得できていれば使用しやすくなります。Rubyはプログラミング初心者にとっても習得が容易なことで知られており、結果としてRuby on Railsも初心者にとって使いやすいフレームワークとなっています。

Ruby on Railsの主要言語「Ruby」の特徴5つ

Ruby on RailsはRubyで書かれているため、使用する際の主要言語は「Ruby」になります。Rubyは習得が容易であると説明しましたが、その理由は、Rubyの特徴にあります。この項目では、プログラミング言語Rubyについて、5つの特徴をご紹介します。

「Ruby」の特徴1:優れた機能が多い

Rubyは、優れた機能が多いことで知られています。クラスやメソッドコールなどの一般的なオブジェクト指向機能に加え、mixinなど特殊なオブジェクト指向機能も用意されています。また、オブジェクト指向に関わる機能のみではなく、演算子オーバーロードや例外処理機能など、開発に便利な優れた機能が多数あり、記述しやすい言語となっています。

「Ruby」の特徴2:文法がシンプルである

Rubyの特徴として、文法がシンプルであることが挙げられます。main関数なども不要で、非常に短くシンプルな記述で意図した動作を実行させることができます。さらに、メソッド呼び出しに()が不要であったり、行末に「;」などの記号が不要であったりと、簡潔に短いコードが書けるよう工夫されています。また、イテレータにより繰り返し処理も簡潔に書くことが可能です。

「Ruby」の特徴3:高い移植性

高い移植性を有していることも、Rubyの特徴の1つです。UNIX系OSをはじめとして、DOS、macOS、Windowsなど全てのOS上で動かすことができます。また、Rubyではスレッドがユーザレベルで実装されているため、 全プラットフォーム上において同じ挙動をます。また、使用するライブラリも少なく、他のプラットフォームに移植した際に、大きなトラブルが起こりにくくなっています。

「Ruby」の特徴4:日本語ドキュメントが充実している

Rubyには日本語のドキュメントが充実しており、日本語でのリファレンスが容易になっています。これは、Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏が、日本人であったことが理由です。Rubyは日本で開発されたプログラミング言語でありながら、国際規格に認証された言語でもあり、英語、日本語どちらのドキュメントも豊富に存在します。そのため、日本語ネイティブにとって、学習しやすい言語となっています。

「Ruby」の特徴5:Rubyコミュニティの活動が活発

Rubyのコミュニティの特徴として、コミュニティ活動が活発であることが挙げられます。例えば、利用者、開発者向けの日本Rubyの会や、専用のメーリングリスト、カンファレンスであるRubyKaigiなどが活動しています。こうしたコミュニティ活動には、公式サイトの「コミュニティ」メニューからアクセスが可能です。Rubyの利用者向けのQ&Aサイトから、開発者向けコミュニティまで幅広く用意されています。

Ruby:コミュニティ

Ruby on Railsでのフリーランスの心構え3つ

フリーランスとしてRuby on Railsを扱う際には、心がけなければならないことがいくつかあります。フリーランスの場合は、自分で案件にオファーし、案件を獲得して納品までを行う必要があります。また、事務処理や会計処理も自分で行う必要があります。以下では、Ruby on Railsでのフリーランスの心構えを3つ取り上げて、それぞれどのようなことに注意すれば良いか、どのように対応すべきかについて説明します。

フリーランスの心構え1:案件の獲得方法

フリーランスとして、案件の獲得方法を知っておくことは必須です。フリーランスのエンジニアは、最初にRuby on Railsの仕事を調べて、応募し、案件を獲得しなければなりません。フリーランスのエンジニア向けサイトとして、レバテックフリーランスやTechClipsフリーランス、フォスターフリーランスなどがあります。まずは、こうしたサイトに登録してRuby on Railsの案件を探してみるのが良いでしょう。

Ruby on Railsフリーランス案件の単価相場2つ

Ruby on Railsの単価は、経験者と未経験者によって異なります。Webアプリケーションに関する案件の増加にともない、経験、未経験いずれも高額な案件が豊富にあるのが特徴です。フリーランスエンジニアの求人情報を扱うfuturizmによれば、経験者の単価はおよそ60万円以上、未経験者であれば40〜50万円程度となっています。フリーランスとして経験を積むことで、高い単価の仕事を受けることが可能になります。

フューチャリズム(FUTURIZM) のエージェント情報 | フリーランスエンジニア向け

フリーランスの心構え2:自分のスキルを把握すること

フリーランスとして仕事を受けるには、自分のスキルを把握しておくことが大切です。複数ある案件の中から、内容や納期を見て、自分にあったレベルの仕事を選択する必要があるからです。また、自分のスキルや市場価値を把握しておくことで、価格交渉や提案などもできるようになります。今後、どのようなスキルアップを目指すかを決めるためにも、フリーランスのエンジニアは、現状の自分のスキルを把握しておきしましょう。

フリーランスの心構え3:請求書や確定申告などの処理

フリーランスとして活動していく上では、請求書や確定申告などの処理を自分でおこなう必要があります。会社勤めの場合は、書類の作成などは自分でやる必要がありませんが、フリーランスのエンジニアは、こうした手続きを全て自分でおこないます。特に、契約に必要な書類の作成や、確定申告など納税に関わる手続きは、おろそかにしてしまうと大きな問題となりかねません。しっかりと勉強して、できるようにしておきましょう。

フリーランスとしてのRuby on Rails案件の探し方

フリーランスとして、Ruby on Railsの案件を探す方法はいくつもあります。簡単なものでは、フリーランス向けの求人サイトを利用する、直接メールを送って仕事を受ける、自分のサイトで仕事を募集するなどの方法があります。経験がない間は、求人サイトからできそうな仕事を選んで行うのが良いでしょう。実績を積むことで、以前契約したクライアントから継続して仕事を受けられ、新規の案件が来るようになります。

SE
Ruby on Railsを習得していれば、多くのフリーランス案件がありそうですね。

PM
そうですね。フリーランス向けの求人サイトを利用するなどして、自分に合った案件を選びましょう!

Ruby on Railsを活用してフリーランスデビューしよう

現在、Ruby on Railsの案件は増加しており、フリーランス向けの案件も多数あります。まだ、フリーランスとして仕事を受けたことがない経験が浅い方向けの案件も、求人サイトなどに掲載されることもあります。フリーランスを目指している方は、この機会にRuby on Railsを習得して、フリーランスデビューしてみてはいかがでしょうか。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)