.net column

.NET開発者のためのブログメディア

SQL資格を取得しよう!関連資格3つや取得のメリット5つについて解説!

2020年04月27日
SE
SQL資格は取ったほうがいいの?
PM
SQLの知識を深められ、スキルの証明ができるので、転職にも有利に働きますよ!

SQL資格とは?

SQL資格とは、SQLに関連する資格のことです。SQL資格には、「国家資格」と「ベンダー資格」の2種類の資格が存在します。SQL資格を取得することによって、データベースを効率よく操作できる技術を所持している証明にもなり、就職や転職活動の際の大きな武器にもなるので、大変人気のある資格です。プログラマーを目指している方にとって、取得しておいて損のない資格です。

SQL関連資格3つ

SQLに関連する資格はいくつかありますが、「オラクルマスター」、「オープンソースデータベース技術者認定試験」、「IPAデータスペシャリスト試験」が代表的な資格です。これらの資格を取得しておくことによって、プログラマーとしての評価も高くなり、就職や転職活動の際の評価点にも大きく影響してくることでしょう。資格取得の難易度や勉強方法についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

SQL関連資格1:オラクルマスター

SQLに関連する資格の1つ目は、オラクルマスターです。オラクルマスターとは、日本オラクル社が公式に行っているベンダー試験のことです。オラクルマスターは、日本オラクル社が運営している「Oracle Database」シリーズを扱う技術力を認定する資格です。オラクルマスターには、「ブロンズ」、「シルバー」、「ゴールド」、「プラチナ」の4つのランクが設けられており、ブロンズから順番に取得していきます。

難易度や勉強方法

オラクルマスターの難易度は、「ブロンズ」、「シルバー」、「ゴールド」、「プラチナ」の順番に難しくなっていきますが、シルバー以降の資格を取得すると世界でも通用する「Oracle Certification Program」が与えられます。オラクルマスターの勉強方法は、専門学校に通うのが望ましいですが、在宅でしっかり学べる通信講座やオンライン授業もおすすめです。

SQL関連資格2:オープンソースデータベース技術者認定試験

SQLに関連する資格の2つ目は、オープンソースデータベース技術者認定試験です。オープンソースデータベース技術者認定試験とは、オープンソースデータベースに関する知識、技術を認定する試験です。データベース技術者を認定する資格になるので、この資格を取得しておくことで、多くの企業から求められる人材になることができます。

難易度や勉強方法

オープンソースデータベース技術者認定試験の難易度は、プログラマー未経験者の方でも、ある程度の勉強をすることで取得可能と言われているので、合格率が比較的高めの資格と言えます。オープンソースデータベース技術者認定試験の勉強方法は、OSS-DBの教材が少ないことがネックですが、テキスト、問題集、Postgresのテキストで徹底的に勉強しておけば、合格する可能性は十分にあります。

SQL関連資格3:IPAデータスペシャリスト試験

SQLに関連する資格の3つ目は、IPAデータスペシャリスト試験です。IPAデータスペシャリスト試験とは、IPA(情報処理推進機構)が運営する国家試験です。データベースに関係する基礎知識(高度IT人材として確立した専門分野)を習得した人が、その知識や技術を活かして、より高難度な知識や実践能力を試される高度な試験内容となっています。

難易度や勉強方法

IPAデータスペシャリスト試験の難易度は、最高難易度のレベル4に位置する試験と言われており、長文読解力が苦手な人には、かなり厳しい試験です。IPAデータスペシャリスト試験の勉強方法は、基礎知識がしっかりできていることを前提としますが、過去問を徹底的に勉強していく勉強法がベストでしょう。独学で勉強することが苦手な方の場合は、通信講座など相談できる相手がいる環境を用意することをおすすめします。

SQL資格を取得するメリット5つ

SQLに関連する資格を取得することによって得られるメリットですが、「SQLに関する知識向上」「スキル証明」「転職で大活躍」、トラブル対応能力習得」「使えるソフトウェアが増える」など、5つのメリットがあります。それぞれのメリットについて説明していくので、資格取得するかどうか検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

メリット1:SQLに関する知識を深めることができる

SQLに関連する資格を取得するメリットの1つ目は、SQLに関する知識を深めることができることです。データベースを扱う仕事をしなければならなくなった場合、プログラミングの知識が皆無だと何をしていいかわからず困ってしまいますが、SQLに関する知識が身についていれば、問題なくこなすことができます。

メリット2:スキルの証明ができる

SQLに関連する資格を取得するメリットの2つ目は、スキルの証明ができることです。データベースに関する知識があったとしても、目に見える証拠があるのとないのとでは、就職や転職活動の際の武器として使えない可能性があります。SQL資格を取得しておけば、自信を持って知識と技術があることを証明できるので、プログラマー系の仕事をしたい方は、ぜひ取得しておきたい資格です。

メリット3:転職の際に有利になる

SQLに関連する資格を取得するメリットの3つ目は、就職や転職の際に有利になることです。どんな資格でも「所持している」と提示できるかどうかによって、就職や転職活動において大きく違ってきます。多くの方が持っていない特殊なスキルでもあるSQLに関連する資格を取得しておくだけでも、各企業にとって魅力的な人材と感じるので、メリットしかない資格です。

メリット4:トラブル対応能力が身につく

SQLに関連する資格を取得するメリットの4つ目は、トラブル対応能力が身につくことです。SQLに関する知識や技術を身につければ、トラブルが発生した際に手際よく対応することができるので、業務を円滑に進めることができます。

メリット5:色々なソフトウェアが使えるようになる

SQLに関連する資格を取得するメリットの5つ目は、色々なソフトウェアが使えるようになることです。SQLに関連する知識や技術を身につけることによって、SQLに関連するソフトウェアで使えるものも増えていきます。高難度のデータベーススペシャリストを取得レベルまでいけば、ほとんどのソフトウェアが使えるようになるでしょう。

SQL資格を取得する際の注意点3つ

SQLに関連する資格を取得する際には、意識しておきたい3つの注意点があります。適当に試験に挑戦しようとすれば、貴重な時間を無駄にしてしまうことになります。これからご紹介する3つの注意点を確認して、あなたがどの資格試験に挑戦するか検討するようにしましょう。

注意点1:自分のレベルに合う資格の取得を目指す

SQLに関連する資格を取得する際の注意点の1つ目は、自分のレベルに合う資格の取得を目指すことです。背伸びをするのと無謀な挑戦では、まったく意味が異なってくるので、現在の自分のレベルを把握して、どの資格なら高確率で取得できるのか考えてから挑戦するようにしましょう。

注意点2:しっかりと試験対策を行う

SQLに関連する資格を取得する際の注意点の2つ目は、しっかりと試験対策を行うことです。ぶっつけ本番でどうにかなるような簡単な資格ではないので、出題傾向を把握して入念な準備をしてから試験に臨むようにしましょう。

注意点3:取得した資格を活かす方法を考えておく

SQLに関連する資格を取得する際の注意点の3つ目は、取得した資格を活かす方法を考えておくことです。せっかく苦労して取得した資格があったとしても、取得した後のことを考えておかなければ、就いた仕事によってはまったく無意味な資格になってしまう可能性があります。SQLに関連する資格に限ったことではありませんが、取得した資格を活かす未来を具体的にイメージしてから挑戦するようにしましょう。

SE
SQL資格といっても、さまざまな資格がありますね!
PM
そうですね。自分の難易度に合わせた資格を取っていきましょう!

SQL資格の取得を目指そう!

SQLに関連する資格取得するメリットや注意点などについてご紹介しました。プログラマーとして仕事をしようと考えている人にとっては、最高の武器になる資格になるので、しっかり勉強して高確率での取得を目指しましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)