.net column

.NET開発者のためのブログメディア
インストール

Windows10に古い.NET Frameworkをインストールする際の手順と注意点

2019年10月31日

Windows10には標準で.NET Frameworkがインストールされていますが、古いバージョンが必要になる場合もあるでしょう。その際に必要なインストールの手順と注意点をご紹介します。フレームワークと聞くと、「難しそう……」というイメージがある方もいるかと思いますが、インストール自体は至って簡単なので、さっそく行っていきましょう。

PG
古い.NETのバージョンをインストールしたいのですが、どうしたらいいですか?
PM
これから説明していきますね!コツはインストール済のNET Frameworkのバージョンを確認することです。確認方法はこちらの記事を見てください。

.NET Frameworkをインストールする手順

では、さっそくインストールしていきましょう。
ここでは、.NET Framework 3.5をインストールしていきたいと思います。

※注意点として、.NET Frameworkの4.xバージョンは現在インストールされているバージョンより古いバージョンのものはインストールできないことを覚えておきましょう。
(次項で、個別にインストール可能なバージョンの紹介をしています。)

まず、Windowsのスタート画面もしくは検索ボックスより「コントロールパネル」を開きます。

コントロールパネル

上記の画面が表示されたら「プログラム」を開きます。

プログラムを開く

次に、「プログラムと機能」の中の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックしましょう。

すると、下記のような画面が表示されます。

機能の有効化と無効化

↑この中の「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)のチェックボックスにチェックを入れましょう。「OK」をクリックして完了です。

.NET Frameworkのバージョン対応表

前項で少しお伝えしましたが、.NET Framework 4.xバージョンは、現在Windows10にプレインストールされているバージョンより古いバージョンをインストールすることができません。(3.5などはOK)
ここでは、Windows10にプレインストールされている.NET Frameworkのバージョンと、個別にインストールできる.NET Frameworkのバージョンをご紹介していきたいと思います。以下が対応表です。

オペレーティングシステム(Windows10)  プレインストール済のバージョン個別にインストール可能なバージョン   
May 2019 Update
version 1903
.NET Framework 4.8
October 2018 Update
version 1809
.NET Framework 4.7.2.NET Framework 4.8
April 2018 Update
version 1803
.NET Framework 4.7.2.NET Framework 4.8
Fall Creators Update
version 1709
.NET Framework 4.7.1.NET Framework 4.7.2
.NET Framework 4.8
Creators Update
version 1703
.NET Framework 4.7.NET Framework 4.7.1
.NET Framework 4.7.2
.NET Framework 4.8
Anniversary Update
version 1607
.NET Framework 4.6.2.NET Framework 4.7
.NET Framework 4.7.1
.NET Framework 4.7.2
.NET Framework 4.8   
November Update
version 1511
.NET Framework 4.6.1.NET Framework 4.6.2
Windows10.NET Framework 4.6.NET Framework 4.6.1
.NET Framework 4.6.2

ご覧のとおり、プレインストール済みのバージョン以降のバージョンであれば、個別にインストールできることが分かるかと思います。

PG
オペレーティングシステムによってプレインストールされるバージョンが違うんですね。
PM
常に最新バージョンがプレインストールされるようになっているため、現在のバージョン以前のバージョンはインストールできないのです。

対応バージョンを確認してインストールしよう

今回は、.NET FrameworkをWindows10にインストールする方法や対応バージョンなどをご紹介していきました。最新バージョンがダウンロードされているけれど、作成プログラムの関係で3.5などもインストールしたい場合は、ぜひ上記の手順で行ってみてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)