.net column

.NET開発者のためのブログメディア

C#のカレンダーについて解説!DateTimePickerでのカレンダー作成方法

2020年08月17日
SE
C#でカレンダー作成ができるのですか?
PM
もちろんできます。フォーマットもありますので詳しく見ていきましょう。

C#のカレンダーについて

C#でカレンダーを扱うクラスには、DateTimePickerとMonthCalendarがあります。

ここでは、DateTimePickerについて紹介します。C#のカレンダーに興味のある方はぜひご覧ください。

カレンダーの作成

C#ではDateTimePickerでカレンダーを作成でき、カレンダーのフォーマットは「Long」「Short」「Time」「Custom」の4種類があります。

既定のフォーマットは「Long」で、「Custom」フォーマットでは、フォーマットをカスタマイズできます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、4種類のカレンダーが表示されます。カレンダーを操作してみてください。

カレンダーのプロパティ

C#のDateTimePickerの主なプロパティを紹介します。

・MinDate
カレンダの最小値を設定できます。
・MaxDate
カレンダの最大値を設定できます。
・ShowUpDown
アップダウンコントロールで日付や時刻値を設定できます。
・ShowCheckBox
選択した日付の左側にチェックボックスを表示できます。

次の章でこれらのプロパティを設定したソースコードを説明します。

カレンダーの値取得

カレンダーに設定した値を取得できます。
「Get」ボタンをクリックすると、4種類のフォーマットのカレンダ値を取得します。

実際のソースコードを見てみましょう。

「Get」ボタンをクリックすると、4種類のフォーマットのカレンダから値を取得していることが分かります。
それぞれ、異なる形式で値を取得しています。
カレンダの値を自由に変更して「Get」ボタンをクリックしてみてください。

このように、C#ではカレンダーに設定した値を取得できます。

カレンダーの変更イベント

C#では、カレンダ値の変更イベントを取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

カレンダの値を変更すると、変更値が標準出力されることが分かります。
このように、C#ではカレンダ値の変更イベントを取得できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。C#でカレンダーを扱うクラスには、DateTimePickerとMonthCalendarがあります。ここでは、DateTimePickerについて紹介しました。ぜひご自身でC#のソースコードを書いて、理解を深めてください。

SE
2種類のクラスに4種類のフォーマットがあるんですね。
PM
フォーマットのカスタマイズもできますので、実際に書いて理解を深めてみてください。

.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)