.net column

.NET開発者のためのブログメディア

Pythonでの改行コードの扱い方とは?改行コードの扱い方について理解しよう!

2020年10月29日

SE
Pythonでの改行コードはどのように扱えばよいのでしょう。
PM
それでは、Pythonの出力や連結、分割、削除、置換などについてご紹介します。

Pythonでの改行コードの扱い方とは?


今回は、Pythonでの改行コードの扱い方について説明します。

ここでは、改行コードの
・出力
・連結
・分割
・削除
・置換
・統一
・検索
について紹介します。

Pythonでの改行コードの扱い方に興味のある方はぜひご覧ください。

出力

Pythonでの改行コードの出力方法を紹介します。改行コードは、Windowsの場合「\r\n」や「\n」です。文字列内に記述することで改行できます。

では、ソースコードを見てみましょう。

 

実行結果は以下のようになります。

 

また、文字列をトリプルクォート(”””)で囲むと、見たままで表示されます。

実行結果は以下のようになります。

改行コードは記述していませんが、結果的に改行されています。このように、文字列内に改行コードを記述することで改行できます。

連結

Pythonにおいて、改行コードで連結する方法を紹介します。joinメソッドを使用して、配列の要素を改行コードで連結します。

では、ソースコードを見てみましょう。

 

実行結果は以下のようになります。

reprメソッドを使うことで、改行コードの内容を確認できます。このように、Pythonにおいて、改行コードで連結することができます。

分割

Pythonにおいて、改行コードで分割する方法を紹介します。splitlinesメソッドを使用します。「\r\n」でも「\n」でも配列に分割できます。

では、ソースコードを見てみましょう。

 

実行結果は以下のようになります。

このように、splitlinesメソッドを使用することで、改行コードで分割できます。

削除

Pythonにおいて、改行コードを削除する方法を紹介します。splitlinesメソッドで分割し、joinメソッドで連結します。結果的に改行コードが削除されます。

では、ソースコードを見てみましょう。

 

実行結果は以下のようになります。

改行コードが削除されていることが分かります。

また、replaceメソッドを使用しても改行コードを削除できます。

 

実行結果は以下のようになります。

こちらも改行コードが削除されていることが分かります。

置換

Pythonにおいて、改行コードを置換する方法を紹介します。splitlinesメソッドで分割し、joinメソッドで連結します。連結に文字列を指定することで、結果的に置換されます。

また、replaceメソッドでも置換できます。では、ソースコードを見てみましょう。

 

実行結果は以下のようになります。

改行コードがカンマに置換されていることが分かります。

統一

Pythonにおいて、改行コードを統一する方法を紹介します。splitlinesメソッドで分割し、joinメソッドで連結します。連結に改行コードを指定することで、統一できます。

では、ソースコードを見てみましょう。

 

実行結果は以下のようになります。

 

改行コードが「\n」で統一されていることが分かります。

また、replaceメソッドを使用しても統一できます。

 

実行結果は以下のようになります。

同じ結果となりました。このように、Pythonでは改行コードを統一することができます。

検索

Pythonにおいて、改行コードを検索する方法を紹介します。正規表現を使用します。

では、ソースコードを見てみましょう。

 

実行結果は以下のようになります。

このように、正規表現で改行コードが検索されていることが分かります。

SE
様々なPythonの改行コードの扱い方がわかりました。
PM
実際にコードを書いて、理解を深めていきましょう。

Pythonでの改行コードの扱い方について理解を深めよう

いかがでしたでしょうか。Pythonでの改行コードの扱い方について説明しました。

ここでは、改行コードの
・出力
・連結
・分割
・削除
・置換
・統一
・検索
について紹介しました。

ぜひご自身でPythonのソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)