.net column
.NET開発者のためのブログメディア

プログラミング言語Rubyのインストール方法とは?|MacとWindowsそれぞれのインストール方法を紹介

 
SE
Rubyのインストール方法を詳しく教えてください。
PM
RubyをMacとWindowsそれぞれにインストールする方法について解説しましょう。

Rubyのインストールとは?


Rubyのインストールとは、プログラミング言語であるRubyを自分が使用しているパソコンで使用できる状態にすることです。

本題のRubyのインストール方法の紹介に入る前に、Ruby、ダウンロードとインストールについて簡単に説明します。

Rubyとは?

Rubyは数あるプログラミング言語のうちの1つです。

大きな特徴は次の3点となります。

  • 他の言語と比較するとプログラミング初心者でも簡単に学ぶことができること
  • オブジェクト指向であること
  • 日本人が開発したプログラミング言語であること

Rubyを用いたフレームワークである「Ruby on Rails」を使用すると、ウェブアプリケーションを作成することができます。

オブジェクト指向とは?

オブジェクト指向とは、プログラミングの概念の1つです。

簡単に言うと、プログラムをオブジェクト(object)、「モノ」として見ることを指します。ここで言うオブジェクトとは、データや設定の集まりを指します。

オブジェクト指向のプログラミング言語では、一度作成したオブジェクトを再利用できるなど便利な機能があります。

ダウンロードとインストールの違い

混在されがちですが、ダウンロードとインストールには大きな違いがあります。

それぞれを簡単に説明します。

ダウンロード

ダウンロードとは、ネットワーク上に存在するファイルを自分のデバイス(パソコンやスマートフォン)にコピーすることです。この動作を「ファイルを落とす」と呼ぶこともあります。

例えば、家具屋さんで組み立て式の家具を購入したとします。購入した組み立て式の家具を自宅まで運んでくる状態がダウンロードです。

インストール

インストールとは、ダウンロードしたファイルを実際にデバイスの中で使用できるように組み立てることです。

購入して自宅まで運んできた組み立て式の家具を使用するには、組み立てる必要があります。この組み立てる作業がインストールに相当します。

従って、ソフトウェアを使用するためには、ダウンロードした後にインストールすることが必須です。ダウンロードとインストールを一度に実施できるソフトウェアやアプリケーションも存在します。

Rubyのインストール方法 〜Mac編〜

Rubyのインストール方法は、MacとWindowsで異なります。

それぞれの手順について紹介します。

MacにはデフォルトでRubyが入っている

Macには予めRubyがインストールされています。従って、新たにインストールせずともRubyを使用することが可能です。

しかし、実際の開発現場では、rbenvというツールを用いて複数バージョンのRubyを管理しつつ並行して使用していくことが一般的になります。

そのため、今回はrbenvを用いてインストールする方法を紹介します。

(1)Command Line Toolsをインストールする

rbenvをインストールするためには、事前にCommand Line ToolsとHomebrewをインストールしておく必要があります。

まずはCommand Line Toolsからインストールします。ターミナルで以下のコマンドを実行します。

このコマンドの実行完了までは時間を要します。ネットワーク環境によっては、30分以上要する場合があります。処理の完了まで焦らずに待ちましょう。

新たなウィンドウが表示されたら、画面に従ってインストールを進めていきます。

(2)Homebrewをインストールする

続いて、Homebrewをインストールします。

HomebrewはMac OSにおけるパッケージ管理ソフトです。

Homebrewのインストール

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

実行後にはパスワードの入力を求められます。Macにログインする際のパスワードを入力しましょう。

このコマンドの実行完了までは時間を要します。ネットワーク環境によっては、30分以上要する場合があります。処理の完了まで焦らずに待ちましょう。

Homebrewの権限変更

Homebrewをアップデートする際に、権限に関するエラーが発生することがあります。そのため、予めファイルの権限を変更しておきます。

Homebrewがインストールできたことを確認する

以下のコマンドを実行し、Homebrewがインストールできたことを確認します。

以下のように、Homebrewのバージョンが表示されたらインストール成功です。

※Homebrewをアップデートする場合

Homebrewをアップデートする場合は、以下のコマンドを実行します。

(3)rbenvをインストールする

続いてrbenvと土台となるruby-buildを同時にインストールします。インストールする際は、前の手順で導入したHomebrewを経由して行います。

以下のコマンドを実行します。

rbenvにパスを通す

rbenvをPC内のどこからでも使用できるように設定します。

ここからは、使用しているシェルによってコマンドが異なります。

zshを使用している場合

上記コマンドを実行した後に、以下のコマンドを実行します。

bashを使用している場合

上記コマンドを実行した後に、以下のコマンドを実行します。

(4)Rubyのインストール

インストール可能なRubyのバージョンを確認する

いよいよRubyをインストールしていきます。まずは、インストール可能なRubyのバージョンを確認します。

以下のコマンドを実行します。

インストール可能なRubyのバージョンが表示されます。以下は表示の例です。

Rubyのインストール

導入したいRubyをインストールします。

コマンドの末尾でインストールしたいバージョンを指定します。例えば、3.0.0を使用したい場合は以下のように記述します。

こちらのコマンドは処理が完了するまで時間を要します。ネットワーク環境によっては、30分以上要する場合があります。処理の完了まで焦らずに待ちましょう。

デフォルトで使うRubyのバージョンを指定する

以下のコマンドを実行し、デフォルトで使用するRubyのバージョンを指定します。

先程と同様、コマンドの末尾で使用したいバージョンを指定します。

このコマンドを実行することで、デフォルトでRuby3.0.0が使用されます。

※Rubyのバージョンを切り替える場合

Rubyのバージョンをアプリケーション毎に切り替えることができます。その場合は、アプリケーションのディレクトリ上で以下のコマンドを実行します。

rbenvを再読み込みし変更を反映させる

rbenvを再読み込みして、これまでの設定を反映させます。

以下のコマンドを実行します。

正常にインストールできたことを確認する

最後にRubyが正常にインストールできたことを確認します。

次の2つのコマンドを実行して確認します。

1.Rubyのバージョンを確認

以下のコマンドをターミナルで実行します。

以下のように表示されたら成功です。

2.Rubyのパスを確認

最後に、設定したパスが正しく通っているか確認します。

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

以下のように表示されたら成功です。

※「ユーザ名」の部分にはMacにおける自分のユーザ名が入ります

この2つの確認作業が成功したら、Rubyのインストールは完了です。

※パスの確認を実行した際、以下のように表示される場合があります。

この場合は、rbenvのパスを通すことに失敗しています。

手順「rbenvにパスを通す」を再度実行し、ターミナルを再起動(一度閉じて開き直す)してみましょう。

Rubyのインストール方法 〜Windows編〜

続いてWindowsでRubyをインストールする手順を紹介します。

RubyInstallerというツールを使用することで、簡単にインストールすることができます。

(1)RubyInstallerのサイトにアクセスする

まずRubyInstallerのサイト にアクセスします。

(2)インストールしたいバージョンを選択する

左側に様々なバージョンのRubyのインストーラーが並んでいます。インストールしたいバージョンを選択します。

例)Ruby+Devkit 2.7.2-1 (x64)

特にバージョンを指定する必要がない場合は「=>」の印が付いているバージョンをインストールしましょう。

※「=>」印が付いているバージョンは、Rubyインストーラーがアクセスした時点で推奨しているバージョンです。

(3)画面に従ってインストールを進める

インストーラーの画面に従ってインストールしていきます。

画面は全て英語で出力されます。

(4)正常にインストールできたことを確認する

インストールが完了したら、コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行します。

Rubyのバージョンが表示されたら成功です。
SE
Rubyのインストール方法がよく分かりました。
PM
MacとWindowsそれぞれでインストール方法が異なりますので注意してください。また、Rubyの概要とダウンロードとインストールも参考にしてください。

まとめ

如何でしたでしょうか。RubyのインストールはMacとWindowsで異なります。使用しているパソコンに応じて使い分けていきましょう。

また、開発環境の構築はプログラミングを実施する上で避けて通ることのできない道です。中には処理の完了まで時間を要する部分があります。

一見すると何も進んでいないように見えるため、エラーが発生しているのではないかと思ってしまいます。この場合は、焦らずに気長に待つことが重要です。

エラーの場合は、画面上にERRORやFailedといった文字が表示されます。

最初はどのようなことを実施しているのか分かりにくいのですが、手順書を参考にすることで確実に進めることが可能です。

こちらの記事について、ぜひ参考にしてみてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags