.net column

.NET開発者のためのブログメディア
クラウドサービスのイメージ

Microsoft 365 Business Basicの特徴4選|他エディションとの違いも解説

2021年01月21日

SE
Microsoft365と他のエディションの違いについて教えてください。

PM
それでは、Microsoft365の特徴と他のエディションとの違いについて見ていきましょう。

Microsoft 365とは


Microsoft 365とは、MicrosoftのOfficeアプリを提供するサブスクリプションのサービスのことで、ExcelやWordのようなOfficeアプリなどを利用できます。

Microsoft 365では、初期費用をかけずにOfficeなどのMicrosoftのアプリを使用でき、その他にもOneNoteやSkypeなどのアプリも利用できます。

Microsoft 365

家庭向けと一般法人向けがある

Microsoft 365には、家庭向けと一般法人向けのサービスがあり、それぞれサービスの内容が異なります。

家庭向けのMicrosoft 365は、主にOfficeアプリを利用するためのサブスクリプションサービスで、あらゆるデバイスでの利用が可能です。

一般法人向けのサービスでは、Officeアプリのサブスクリプションだけではなく、従業員同士がコミュニケーションをとるための機能なども充実しています。

クラウドストレージが1TB付属

Microsoft 365では、クラウドストレージが1TB付属しているので、大量のファイルを保存する場合でも容量に困ることはありません。

Microsoft 365では、One Driveのクラウドストレージがサービスに含まれているので、画像や動画などのファイルの容量を気にせずに保存でき、あらゆるデバイスからファイルのチェックや、データの共有も簡単にできます。

300ユーザーまで利用可能なものもある

Microsoft 365のサービスには、300ユーザーまで利用可能なものもあるので、大人数での業務にも役立つことでしょう。

Microsoft 365の一般法人向けのサービスには、チームでの業務やコミュニケーションをとるのに役立つツールがあり、オンライン会議やビデオ通話では、300ユーザーまで利用できるサービスもあります。

Microsoft 365 Business Basicの特徴4選


Microsoft 365 Business Basicは、一般法人向けのサービスの1つで、Microsoft 365 Business Basicにはさまざまな特徴があります。

ここでは、メールアドレスを独自で使用可能、3種類のOfficeサービスが利用可能、4種類のWeb版のOfficeサービスが利用可能など、Microsoft 365 Business Basicの特徴について4つ紹介していきます。

Microsoft 365 Business Basicの特徴1:メールアドレスを独自で使用可能

1つめのMicrosoft 365 Business Basicの特徴は、メールアドレスを独自で使用可能なことです。

Microsoft 365 Business Basicでは、ユーザーが独自のメールアドレスを利用できるので、わかりやすいメールアドレスを設定しておけば、送信ミスなどを防げます。また、メールのサービスを利用することで、よりコミュニケーションが取りやすくなることでしょう。

Microsoft 365 Business Basicの特徴2:3種類のOfficeサービスが利用可能

2つめのMicrosoft 365 Business Basicの特徴は、3種類のOfficeサービスが利用可能なことです。

Microsoft 365 Business Basicでは、Exchange、SharePoint、Microsoft Teamsというチームで仕事をするためのOfficeサービスが利用可能で、チームの作業効率や生産性の向上も見込めるでしょう。

Microsoft 365 Business Basicの特徴3:4種類のWeb版のofficeサービスが利用可能

3つめのMicrosoft 365 Business Basicの特徴は、4種類のWeb版のOfficeサービスが利用可能なことです。

Microsoft 365 Business Basicでは、Word、Outlook、Excel、PowerPointという4種類のWeb版のOfficeサービスが利用可能で、常に最新バージョンのOfficeアプリを利用できます。

WindowsPCの場合さらに2種類利用可能

WindowsPCでMicrosoft 365 Business Basicを利用する場合、さらに2種類のOfficeサービスが利用可能です。

WindowsPCでのMicrosoft 365 Business Basicは、Access、Publisherというより高度なOfficeアプリを利用でき、より質の高い仕事ができるようになるでしょう。

Microsoft 365 Business Basicの特徴4:比較的安い金額で利用できる

4つめのMicrosoft 365 Business Basicの特徴は、比較的安い金額で利用できることです。

Microsoft 365 Business Basicは、サブスクリプション型のサービスなので、複数のOfficeアプリを利用したい場合でも初期費用が掛からず、比較的安い金額で利用できます。

また、Microsoft 365 Business Basicは一般法人向けのサービスの中でも基本的なプランです。

Microsoft 365 Business Basicと他エディションとの違い3選


Microsoft 365には、複数のサービスやエディションがあり、Microsoft 365 Business Basicには、他のエディションと比べてさまざまな違いがあります。

ここでは、Microsoft 365 Business Premiumなど、Microsoft 365 Business Basicと他エディションとの違いについて3つ紹介していきます。

他エディションとの違い1:Microsoft 365 Business Premium

1つめの他エディションとの違いは、Microsoft 365 Business Premiumです。

Microsoft 365 Business Premiumは、Microsoft 365 Business Basicの上位のエディションで、ビジネスデータの保護やサイバー攻撃からの防御など、より安全にOfficeアプリを使うための強力なセキュリティが追加されています。

他エディションとの違い2:Microsoft 365 Business Standard

2つめの他エディションとの違いは、Microsoft 365 Business Standardです。

Microsoft 365 Business Standardは、Microsoft 365 Business Basicの上位のエディションで、より高度なビジネスのツールを利用でき、WindowsだけではなくmacOSのPCにもOfficeアプリをインストールして利用できます。

他エディションとの違い3:Office 365 E1

3つめの他エディションとの違いは、Office 365 E1です。

Office 365 E1は、Officeアプリをクラウド上で利用できるサービスで、どのような場所からでもOfficeアプリにアクセスできます。

Microsoft 365 Business Basicのライセンスは300人までですが、Office 365 E1のライセンスの上限はなく、より多くのユーザーでアプリを共有できます。

Microsoft 365 Business Basicの利用方法3ステップ


Microsoft 365 Business Basicは、ビジネスの生産性を高められるツールで、Microsoft 365 Business Basicを利用するためには、いくつかのステップがあります。

ここでは、無料で利用できる?、インストール方法、ログイン方法という、Microsoft 365 Business Basicの利用方法について3つのステップで紹介していきます。

利用方法ステップ1:無料で利用できる?

1つめの利用方法ステップは、無料で利用できるかどうかです。

Microsoft 365 Business Basicは、有料のサブスクリプションサービスなので、ユーザーごとに月額料金がかかりますが、1ヶ月間であれば無料で利用できます。

Microsoft 365 Business Basicを導入するかどうか迷っている方は、1ヶ月の無料期間で使用感を試せます。

利用方法ステップ2:インストール方法

2つめの利用方法ステップは、インストール方法です。

Microsoft 365 Business Basicは、公式ページで購入すればインストールできます。

Microsoftアカウントにて公式ページでサインインし、OffceアプリなどをMicrosoft 365のページからインストールできます。

利用方法ステップ3:ログイン方法

3つめの利用方法ステップは、ログイン方法です。

Microsoft 365 Business Basicのサービスを利用するためには、Microsoft 365の管理画面にログインする必要があります。

Microsoftのサインインページから、Microsoftアカウントを使用してサインインすれば、ログインが完了してサービスを利用できるようになります。

SE
以前はパッケージ購入が必要でしたが、Microsoft365はインストールすれば利用でき、Exchange機能を使えば、スケジュール管理もできるのですね。

PM
個人向け・法人向けプランがあり初期費用や管理コストが抑えられ、なおかつ常に最新の情報に更新されるのは魅力的ですね。

Microsoft 365 Business Basicを導入してみよう


ここまで、Microsoft 365 Business Basicの特徴などについて紹介してきました。

Microsoft 365 Business Basicは、チームでのビジネスの質をより高められる便利なツールです。Officeアプリなどを利用する方は、ぜひMicrosoft 365 Business Basicを導入してみてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)