FEnet .NETナビ

job search

検索条件

機器・言語 :BIG-IP

ご希望の条件の案件はありませんでした

下記の急募・おすすめ案件はいかがでしょうか?

BIG-IPロゴ

BIG-IPとは

BIG-IP(ビッグ・アイピー)とはF5ネットワークス社が開発・販売した通信制御装置などのブランド名です。ロードバランサ(通信制御装置)などが中心となっており、トラフィック管理やアクセス管理などを行う通信機器で構成されているシリーズです。近年では主にBOX型のアプライアンスをBIG-IP、シャーシ型のアプライアンスをVIPRION、更に仮想アプライアンス型のBIG-IP Virtual EditionやBIG-IP Cloud Editionというブランド名で展開しており、大規模なネットワークサービスを使用・提供する企業でよく使用されています。

F5ネットワーク社はアメリカに本社を置く企業で、日本を含む各国に子会社を設立しています。日本では2000年に東京都港区に日本法人であるF5ネットワークスジャパン合同会社(F5 Networks Japan GK)が設立し、大阪市北区に西日本支社があります。

BIG-IPの特徴

F5ネットワーク社はアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)と呼ばれる高度な制御機能を持った負荷分散システムを開発・販売しています。OSは自社開発のTMOSを全製品で採用。GUI、CLIいずれでも設定可能。主として、サーバの負荷分散を行うロードバランサ(LTM)としての機能が有名ですが、ライセンスを購入することで、広域負荷分散を行うDNS、ファイアウォール機能を提供する、AFMやASM、リモートアクセス環境を提供するAPM、インターネット回線の2重化機能を提供するLC、通信制御機能のPEM、キャリア向け大規模NATであるCGNなど、多様なコンポーネントを同一筐体で提供可能な柔軟さを誇ります。顧客は自社のネットワークに必要なライセンスを選んで導入します。

BIG-IPの市場価値

BIG-IPを提供するF5ネットワークス社は、サービス品質の面で高い信頼性を持っています。クラウドに適した仮想ADC「BIG-IP Cloud」などを発表し、今後もシェアが伸びることが期待されます。BIG-IP VEはAWSでも利用可能です。

BIG-IPの資格

F5ネットワークスは自社の製品に対するテクニカルスキルを証明する認定試験を実施しています。資格取得を目指すにはアプリケーションスタック全体に関する専門知識、ネットワークとアプリケーションレイヤを統合する能力が必要です。試験は段階的なレベルが設置されており、各試験の対象となる知識が異なりますので確認が必要です。

F5の認定試験のうち、BIG-IPの管理者としての資格として「F5認定済みBIG-IP管理者(F5-CA)」があります。試験は101(アプリケーション デリバリの基礎)と201(TMOS管理)に分かれており、101ではアプリケーションデリバリの基礎を、201ではTMOS管理についての知識と技術が求められます。101は最初の試験で、すべての受験者はまずこの試験を受けなければいけません。201はBIG-IP管理者資格を取得するための2回目の試験で、201を受けるためには101の試験に合格している必要があります。201まで合格した人には、さらなるスペシャリスト試験である「F5認定済み技術スペシャリスト(F5-CTS)」があります。先ほどの試験101、201に加え、試験302 - BIG-IP DNSスペシャリストに合格すれば、F5認定済み技術スペシャリストの中の「F5-CTS BIG-IP DNS要件」を満たすことができます。

F5の認定レベルと必要な要件は以下の通りです。

F5認定済みBIG-IP管理者(F5-CA)

  • 試験101 -アプリケーション デリバリの基礎
  • 試験201 - TMOS管理

F5 認定済みセールス プロフェッショナル(F5-SP)

  • 試験 101 - アプリケーション デリバリの基礎
  • 試験 202 - プリセール向け技術の基礎

F5認定済み技術スペシャリスト(F5-CTS)

F5-CTS LTM要件
  • F5-CA認定(試験101/201)
  • 試験301a - LTMスペシャリスト: 構築、設定、展開
  • 試験301b - LTMスペシャリスト: 維持およびトラブルシューティング
F5-CTS BIG-IP DNS要件
  • F5-CA認定(試験101/201)
  • 試験302 - BIG-IP DNSスペシャリスト
F5-CTS ASM要件
  • F5-CA認定(試験101/201)
  • 試験303 - ASMスペシャリスト
F5-CTS APM要件
  • F5-CA認定(試験101/201)
  • 試験304 - APMスペシャリスト

F5認定済みソリューション エキスパート(F5-CSE)

F5-CSEセキュリティ要件
  • F5-CA認定(試験101/201)
  • F5-CTS LTM認定(試験301a/301b)
  • F5-CTS GTM認定(試験302)
  • F5-CTS ASM認定(試験303)
  • F5-CTS APM 認定(試験304)
  • F5-CSEセキュリティ試験(試験402)

BIG-IPのキャリア例

BIG-IPのようなロードバランサの設計にはネットワークの知識と合わせて、分散対象のアプリケーションの知識や高可用性の設計、性能測定を行う上で多数の測定器を使用する必要があるなど高い技術を求められるため、本機器の経験や知識は大きなアピールとなります。