生活基盤からIT、サーバーまで。世の中の「インフラ」をまとめました。【エンジニアの教養】

生活基盤からIT、サーバーまで。世の中の「インフラ」をまとめました。【エンジニアの教養】のアイキャッチイメージ

現代の日常生活には「インフラ」があふれており、生活に欠かせないものとなっています。
本記事はITからサーバーまで世の中になるインフラをご紹介します。

様々な種類があるインフラ

インフラとはインフラストラクチャーの略称です。
生活や産業基盤となる設備や施設のことを指します。
水道やガス、電気、道路などの身近なものもインフラにあたります。
そして対象の名前を冠して「〇〇インフラ」と呼ぶことが多いです。
ITインフラ、通信インフラ、産業インフラ、交通インフラなどがそれにあたります。
たとえばITインフラというと、情報システムを稼働・運用するための土台となる機材や設備を通信回線、ソフトウェア、ネットワークなどのことを指します。
このインフラは「社会で共有する」という性格を持っています。
たとえば個人所有のものは生活基盤に組み込まれていてもインフラと呼びませんが、ニュータウンを整備する場合は社会で共有されるので「住宅インフラ」になります。
またこれら生活に関するインフラをまとめて「生活インフラ」と呼ぶ場合もあります。

インフラエンジニアの魅力とは


インフラを作るエンジニアのことをインフラエンジニアといいます。
たとえばITインフラには、サーバーやパソコンのようなハードウェアと、OSなどのミドルウェアを含むソフトウェアなどがあります。
これらが正常に稼働するための設計・構築・運用を行っているのがインフラエンジニアです。
インフラ環境を最適な状態に常に保ち、土台を固める職業といえます。
縁の下の力持ちのような存在で、目立つことはあまりありませんが、重要な職業です。
現代は情報化社会と呼ばれ、多くの場所でインフラが必要不可欠となっています。
そのためインフラエンジニア社会的になくてはならない仕事といえます。
同じような職業にサーバーエンジニアやネットワークエンジニアがあります。
実は仕事内容に明確な違いはなく、インフラエンジニアがサーバーエンジニアとネットワークエンジニアの仕事を兼ねる場合も多いです。
また同じインフラエンジニアでも企業ごとに業務が異なる場合もあります。
大企業では、システムの方向性を決定づけたり、設計を行ったりなどのマネジメント部分を行います。
一方で中小企業では設計をもとに構築、運用まで行うことが多いです。
そして一般企業では、社内ネットワークシステムの運用や管理などを行うこともあります。

インフラエンジニアは生活の根幹を支える仕事

インフラは生活に欠かせない基盤を支えるサービスのことを指します。
インフラエンジニアはそのサービスが正しく稼働するための設計・構築・運用などを行う職業です。
日常的に必要とされているサービスを作る職業であり、魅力を感じる人も多いです。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。