RPAエンジニアとは?主な3つの仕事と求められるスキルや経験3つ

RPAエンジニアとは?主な3つの仕事と求められるスキルや経験3つのアイキャッチイメージ

RPAエンジニアとは?

ロボットを使用した業務自動化ツールをRobotic Process Automation、略して「RPA」と言います。効率的に業務を行うために「RPA」を導入する・活躍する技術者がRPAエンジニアと呼ばれます。RPAエンジニアは、ロボットの設計や運用、サポートなどを担当し、RPAを利用している企業をさまざまな場面で支える役割を担っています。

RPAエンジニアの役割

RPAエンジニアは、おもにロボットを使用した業務自動化ツール「RPA」を導入するときや開発するときに活躍します。現在、RPAを導入しているのは、IT業界をはじめ、金融や食品、不動産、保険業界などです。RPAエンジニアは、RPAを活用するクライアントを支える仕事です。

RPAとAIとの相違点

RPAとAIには相違点があります。RPAは設定されているルールに従って作業をこなしますが、AIはビッグデータなどを基に分析して、結果をアウトプットします。RPAが指定されている通りに作業を繰り返すのに対し、AIはデータを分析し、結果を出します。

RPAエンジニアの3つの仕事

RPAエンジニアには大きく3つのポジションがあります。RPAエンジニアの仕事は「導入フェーズ」、「開発フェーズ」、「保守フェーズ」とあり、それぞれ大きな違いがあります。注目されているRPAの仕事内容の違いについては、理解しておいた方が良いでしょう。ここでは各フェーズを紹介します。

仕事1:導入フェーズ

RPAエンジニアは、RPAシステムを導入するために、業務プロセスを理解する必要があります。今までに使っていたツールやシステムなどを分析して、RPAを適用する範囲を決定します。RPAエンジニアは、システムを導入する企業が抱えている問題を理解することが、とても重要です。つまりコミュニケーション能力も必要な仕事です。

仕事2:開発フェーズ

エンジニアはRPAを適用する範囲が確定したあと、開発フェーズの業務をおこないます。RPAツールを利用して、業務に対応するシナリオを作成します。この動作シナリオはその後の開発についても重要です。RPAエンジニアは、業務プロセスを確実に理解し、開発していかなければなりません。

仕事3:保守フェーズ

RPAを運用後、RPAエンジニアの仕事は保守フェーズ仕事に移ります。不具合を修正したり、指示を出したりします。ロボットをさらに効率化するためにも保守の仕事は必要です。メンテナンスだけではなく、機能を拡張するときにも、RPAエンジニアは活躍することになります。

RPAエンジニアに求められるスキルや経験3つ

RPAエンジニアとして活躍していくためにはさまざまなスキルや経験が求められます。たとえば、未経験でもRPAエンジニアになることは可能ですが、関連する業務知識や経験が必要となってくる可能性があります。また、システム開発やデータ分析、プログラミングなどのスキルやRPMツールを使用した経験はRPAエンジニアに必要となってきます。

1つ目:システム開発のスキル

システム開発のスキルは、RPAエンジニアとして働くときにも役立ちます。とくに上流工程でのシステム開発経験者は経験や能力を活かせる可能性が高くなります。RPAを構築するときの流れは、システム開発をおこなうときの流れと似ているからです。システム開発時に、クライアントの要望を聞いてシステムの方向性をすり合わせるといったスキルも、RPAエンジニアとして働くときには活かせます。

2つ目:データベースの集計や分析のスキル

データベースの集計や分析をするスキルは、RPAエンジニアとして働くときに活かせます。データベースを扱うためのツールを使った経験や、そのスキルは必ず役立ちます。またExcelなどでマクロを組んだ経験があれば、RPAツールを使用するときに応用可能です。たとえば、VBAやAccess、Excelなどのスキルを求められます。

3つ目:RPMツールの経験

RPAエンジニアとして即戦力となるためには、RPAツールの利用経験があった方が働きやすいでしょう。さまざまなRPAツールがありますが、利用した経験があれば、基本的な仕組みを簡単に理解することができます。RPMツールの経験は、クライアントとコミュニケーションを取るときにも役立ちます。

RPAエンジニアへのニーズが強い理由

IT業界でRPAエンジニアという仕事は注目されています。RPAの導入は、さまざまな分野で増加していくことが予想されているので、求人件数についても増加が見込まれています。日本では慢性的な人手不足状態になっていますが、ロボットを使用して業務を効率化できるRPAを導入すれば、作業の負担軽減や働く時間を削減することができます。このようなことからRPAエンジニアへのニーズは高くなっています。

人手不足で企業が効率化を求めているから

慢性的に人手不足になっている日本では、企業が効率化を求めています。RPAを導入することで、業務の大幅な効率化が期待できますから、導入を目指している企業はたくさんあります。幅広い業界でRPAを使える人材を求めています。しかし「RPAエンジニア」や「RPAコンサルタント」などの人材は不足している状態です。

RPA市場が拡大しているから

業務の効率化を図りたい企業の増加で、RPA市場は拡大しています。RPAを導入するときには、やはりRPAエンジニアが求められます。業務の負担を軽減するために有効なRPAツールを使えるエンジニアのスキルは必要です。RPA市場が拡大しているので、RPAエンジニアはさまざまな業種に挑戦できるでしょう。

RPAエンジニアのキャリア形成

企業からのニーズが高いRPAエンジニアは、おもに上流工程をメインに担当しているキャリアと、管理能力や技術力を生かし開発などをおこなう下流工程をメインに担当するキャリアがあります。また、運用や保守をメインにしているRPAエンジニアもいます。

上流工程に携わる

RPAエンジニアが上流工程をメインにする場合、システム開発や運用・保守に携わることは減少します。クライアントと、導入やその方向性についてのコミュニケーションを取ることがメインの仕事になります。上流工程に携わった経験のあるRPAエンジニアが歩むキャリアとして「RPAコンサルタント」があります。

技術者として特化する

システム開発に特化した技術者となるRPAエンジニアも存在します。新しい技術を即、取り入れられるRPAエンジニアは、RPAの導入には不可欠です。実際、RPA開発に特化した技術者は少なく、スペシャリストとして活躍していくことも可能です。そして、さまざまなスキルを身につけていくことができれば、エンジニアとして独立することもできます。

RPAエンジニアの将来性が高まってきている

超高齢化社会となっている日本では、労働力が不足しています。RPAを導入する企業も増えており、コストを抑えつつ、効率的な業務を行えるようになってきています。期待も大きく、RPAエンジニアの将来性は高まってきていると言えるでしょう。プログラミングやコンサルティングの能力も身につけることができれば、RPAエンジニアとしての将来性は明るいのです。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。