クラウドエンジニアの案件の相場はいくら?稼ぐために必要なポイント3つ

クラウドエンジニアの案件の相場はいくら?稼ぐために必要なポイント3つのアイキャッチイメージ

クラウドエンジニアとは

クラウドエンジニアとは、クラウドを専門に扱う技術者を指す名称です。クラウドとは、ソフトウェアを保有せずに、ネットワークを通じてコンピュータ資源のサービスを提供してくれるシステムです。近年は自社システムを廃止して、クラウドを使用して効率よくシステム構築を行う企業が増えています。そのため、クラウドエンジニアの需要が高くなっています。クラウドエンジニアは今後も伸び続けていく職業だといわれています。

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアは、クラウドを使ったネットワーク構築や保守などを主とした業務を行っています。そのため、クラウドエンジニアは、クラウドに精通した技術者としてサーバやネットワークの設計や構築のエキスパートであることが求められます。ネットワーク・インフラエンジニアとしての顔も持つクラウドエンジニアは、大企業だけでなく中小企業からの需要も増えています。

クラウドエンジニアの案件の相場は?

クラウドエンジニアの案件の相場に関する情報はインターネット上では見つかりませんでしたが、求人ボックス 給料ナビによると、平均年収は約589万円といわれています。クラウドエンジニアの数は少ないため、案件が高単価になることもあるでしょう。クラウドエンジニアとしての経験年数や技術内容によって、案件の相場に開きがあります。サーバシステムの構築技術・知識が必要な仕事のため、ネットワーク・インフラエンジニアがクラウドエンジニアとして独立できるチャンスがあります。

クラウドエンジニアは稼ぐことができるのか?

クラウドエンジニアとして本当に稼ぐことができるのかどうかは、経験と技術次第です。現在、クラウドが企業のシステムの中心に成りつつあるので、需要はたくさんあります。しかしクラウドエンジニアは高難度の仕事なので、必要な人数が足りていません。クラウドはまだ導入され始めたばかりで、実力者の人数が少ない業種です。システム構築の専門家が独立して案件を受注することができれば、十分に稼ぐことができます。サーバ、ネットワークの技術者で稼ぎたい人はぜひクラウドエンジニアに挑戦してみましょう。

クラウドエンジニアで稼ぐために必要なポイント

クラウドエンジニアとして案件を受注していくために必要なポイントを3つ挙げて、詳しく説明していきます。現在、ネットワーク関係の専門家が足りていない状態が日本では続いています。クラウドの経験が豊富で、システム構築ができるベテランの技術者であれば、クラウドエンジニアへ転職してリモートで稼ぐこともできます。クラウドの知識はもちろんですが、システムエンジニアとしての高度な技術と経験が不可欠なことを中心に説明していきます。

ポイント1:サーバやネットワーク構築の経験と豊富な知識

クラウドエンジニアとして案件を受注して稼ぐためには、システム構築に関する豊富な経験と知識が必要です。また、クラウドエンジニアはクラウドに精通している、ベテランのネットワーク構築技術者であることが求められます。特にリモートで活躍したいクラウドエンジニアは、1人ですべての技術を賄わなくてはいけないので、豊富な経験と卓越した技術が必須となっています。未経験でもクラウドエンジニアに挑戦できますが、案件を受注するためには技術者として優秀であることを証明しなければなりません。

ポイント2:マネジメントに長けていて案件に精通している

クラウドエンジニアとして独立して稼ぐには、クラウド関係の案件そのものに精通していて、マネジメント業務の経験があることが望ましいです。クラウドエンジニアとしてリモートやフリーで稼ぐために、マネジメント能力や交渉術に長けている必要があります。なぜなら、受注案件と自分の実力を冷静に照らし合わせて適切な相場を交渉していくことで、自身のクラウドエンジニアとしての立場が確立されていくからです。そのためには、クラウドの知識や技術に長けている必要があります。

ポイント3:資料作成やミドルウェアの知識

クラウドエンジニアとして稼いでいくために、書類作成などの事務的な作業に精通しておきましょう。クライアントとの打ち合わせや報告のために、資料などの書類を作成する必要があります。的確でわかりやすい書類作成ができるように、仕事内容を言語化するトレーニングを普段から怠らないようにしましょう。また、クラウドエンジニアとして独立していく上で、システム構築のためにミドルウェア(オペレーティングシステムとアプリの間を繋ぐソフトウェア)の知識も必要不可欠です。

クラウドエンジニアの将来性と今後

クラウドエンジニアの将来性と今後はとても明るいです。クラウド技術は現在、伸び続けています。それに伴い、システムを自社で持たなくてもよい手軽さが評判をよび、クラウドを導入している企業がどんどん増えています。クラウドを推奨している企業の規模は大小さまざまで、クラウドエンジニアの需要はたくさんあると、現時点では考えられています。ネットワーク構築の経験や知識が豊富なベテラン技術者は、この機会にクラウドエンジニアの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

クラウドエンジニアの案件を探すならFEnetインフラに相談

クラウドエンジニアの案件を探したい技術者は、FEnetインフラに相談してみましょう。FEnetインフラとは、エンジニアに特化した求人サイトです。クラウドエンジニアの求人も随時募集していますので、経験・未経験にかかわらず、興味のある方は応募してみましょう。正社員だけでなく、フリーランスの案件も紹介してくれているので、クラウドエンジニアとして独立したい人はぜひ、FEnetインフラに相談してみてください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。