サーバーエンジニアに転職する際のポイント5つ!役立つスキルや資格まとめ

サーバーエンジニアに転職する際のポイント5つ!役立つスキルや資格まとめのアイキャッチイメージ

サーバエンジニアとは

サーバエンジニアとはサーバ機器の構築や設定・運用をする職種です。サーバエンジニアはネットワークエンジニアと混同されがちですが、まったく違います。ネットワークエンジニアはルーターなどのハード機器やネットワークインフラの構築・設定・保守管理がメインの業務になります。サーバエンジニアはネットワークエンジニアの経験を積んだ技術者が担当することが多いため、両方のスキルを併せ持つエンジニアが多数存在しているといわれています。

サーバエンジニアの仕事内容と年収

前述したように、サーバエンジニアの仕事はサーバ機器の構築や設定・運用がメインになります。最近は、クラウド化が進みサーバーを持たない企業が増えているため、ネットワーク領域の仕事を兼務しているサーバエンジニアが増えているといわれています。ここからは、サーバエンジニアの具体的な業務内容や平均年収について解説していきます。サーバエンジニアへの転職を考えている方は参考にしてください。

サーバエンジニアの仕事内容

サーバエンジニアの仕事内容は、サーバ機器の構築と運用・保守の2つに分かれています。サーバ機器の構築作業は、配線などのハード面の構築から、OS・アプリなどのソフト面の設定まですべて行います。保守作業の仕事内容は、セキュリティに関する管理や予防・OSのバージョンアップなど、既存のサーバに対する作業です。サーバに発生したあらゆる問題に迅速に対応して予防策を講じるなど、保守に関するすべての業務を行っています。

サーバエンジニアの平均年収

サーバエンジニアの平均年収は転職エージェントなどの情報によると、465万円程度といわれています。サーバエンジニアの平均年収の特徴は、20代は男女差があまりないことです。サーバエンジニアのほとんどが1回は転職した経験があるといわれています。年収アップなど、より良い環境を求めて職場を変えることができる職種ではないでしょうか。

サーバエンジニアに転職するときのポイント5選

サーバエンジニアに転職する際に、押さえておきたいポイントを5つ選んで紹介していきます。サーバエンジニアは、エンジニアの中でも転職希望者が多い職種なのではないでしょうか。そこで、サーバエンジニアとして希望する条件で就業できるよう、面接や履歴書でアピールするべき内容を中心に説明していきます。下記のポイントを参考に、ぜひサーバエンジニアとしての転職を成功させてください。

ポイント1:資格を取る

サーバエンジニアの転職時に資格があると、就職に有利に働きます。サーバエンジニアの転職に有利な資格は、LPIC、MCP、CCNA、ITIL、AWS、GCP、Microsoft Azure、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験などです。資格の他に、いつくものコンピュータ言語が使えたり、セキュリティに関する知識が豊富な技術者は、転職にとても有利です。データベースやアプリ・Webなど、さまざまなサーバを管理できるエンジニアを企業は欲しがっています。

ポイント2:エンジニア専門の転職エージェントを利用する

エンジニア専門の転職エージェントを利用すると、希望にあった会社が見つかるのではないでしょうか。サーバエンジニアはインフラ・ネットワークエンジニアと混同されやすいので、どのような仕事をしているのかを詳しく理解している転職エージェントで就職活動をしてください。企業によっては、サーバエンジニア以外の仕事を担当させられる可能性もあります。エンジニア専門の転職エージェントのキャリアアドバイザーとよく話し合いをして、自分の希望通りの転職先を見つけていきましょう。

ポイント3:面接

サーバエンジニアへの転職の面接で大切なポイントはマナーです。サーバエンジニアの転職の面接も、新入社員などの面接と変わりありません。挨拶はしっかりと出来ているのか、清潔な身だしなみをしているか、靴は汚れていないか、髪は乱れていないか、必要な書類が揃えられているかなど、チェックしてから面接に臨みましょう。

ポイント4:未経験者は経験を積んでから

サーバエンジニアとして未経験で転職したい人は、関連した企業で働きながらスクールに通ったり研修を受けたり資格を取得するなどして技術を身につけてから、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。また、いきなり正社員を目指すよりは、派遣社員として経験を積む方法もあります。

ポイント5:会社とのマッチング

サーバエンジニアの転職を目指す人は、希望の会社に、自分のスキルがマッチするかどうかをよく考えてから行動しましょう。サーバエンジニアの仕事は不測の事態に対応しなくてはいけない、とても重要な仕事内容です。それを踏まえた上で、技術者として何がしたいのか、スキルをどう活かしたいのかを、面接で明確にしていきましょう。

サーバエンジニアに転職するときに役立つスキル

サーバエンジニアが転職する際に技術的なスキルがあることはもちろんですが、人間関係をスムーズに行える能力を持っていることも、大切なポイントです。サーバを構築する際も、クライアントがスムーズに仕事を行えるように、相手の意図を的確につかむことができる深い洞察力・観察力がなくては、良いエンジニアにはなれないからです。チームで仕事をすることも多いサーバエンジニアにとって、コミュニケーションは欠かせない能力のひとつです。

サーバエンジニアに転職するならFEnetインフラに相談

サーバエンジニアへの転職は「FEnetインフラ」にお任せしましょう。FEnetインフラとは、エンジニア専門の転職エージェントです。サーバエンジニアの転職に強みがあり、専任のスタッフから的確なアドバイスを受けることができます。FEnetインフラはネプラス株式会社が運営しており、エンジニアへの転職をサポートしてくれます。サーバエンジニアに転職したい人の希望に沿うように、マッチング制度が充実していますので、まずはお気軽に相談されてみてはいかがでしょうか。