ITエンジニアの種類について知ろう!主な種類10選を詳しく解説!

ITエンジニアの種類について知ろう!主な種類10選を詳しく解説!
最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnetインフラメールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

ITエンジニアとは?

あらゆる分野でスキルを持った技術者のことをエンジニアと言います。ITエンジニアというと、IT=情報技術にかかわるスキルを持った技術者のことを指しています。現在、日本では多くの企業でITを活用した運営が行われているため、ITエンジニアの採用が積極的に行われており、注目されている職業のひとつです。

ITエンジニアの業務領域

ITエンジニアになると決意したら、ITエンジニアがどのような業務に携わるのか業務領域をハックする必要があります。ITエンジニアといっても、企業やプロジェクトによりどこまで関係するか、どんな種類の業務があるかには違いがあります。プロジェクト管理やシステム開発、運用・保守、企画といったITエンジニアに直結するような業務からそれ以外の業務を任されることもあります。

ITエンジニアの種類10選

ITエンジニアと一言で言っても、さまざまな種類があるということを知らないという人も多いでしょう。ここからは、ITエンジニアのおもな種類を10個紹介していきます。どの種類のITエンジニアになりたいかを考えながら見ていくと良いでしょう。

ITエンジニアの種類1:プログラマー

プログラマーはITエンジニアの種類の中でもよく耳にするものです。仕様書というシステムの設計書をもとにしてプログラミングを行うのが仕事です。プログラマーもアプリケーションプログラマー、Webプログラマー、Javaプログラマーなど使用する言語や対応するシステムにより種類がわかれています。

ITエンジニアの種類2:サポートエンジニア

サポートエンジニアというと一般の人にはあまり馴染のないITエンジニアの種類ですが、サポートを専門的に行うエンジニアのことです。どんなサポートを行うのかと言いますと、導入したIT製品の操作方法や不具合など技術的なものが多く、電話やメールだけでなく訪問で対応する場合もあります。IT製品の知識だけでなく、顧客に対して説明するためのコミュニケーションスキルも必要です。

ITエンジニアの種類3:ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、ITエンジニアの種類の中でもネットワークシステムの設計、構築、監視、運用、保守を専門的に行う人たちのことです。サーバやメール、ファイアウォールといったネットワーク全般に関する知識やスキルを持っていないとできない種類です。ネットワークスペシャリスト試験などの資格を持っていると良いでしょう。

ITエンジニアの種類4:Webエンジニア

Webエンジニアは、ITエンジニアの種類の中でもWebサイトやWebアプリケーションなどの設計、開発、運用、保守といったことを専門的に行っています。具体的には、クライアントから提出された仕様書をもとにシステムの構築や、ヒアリングをもとにWeb材との政策を行うなどしています。

ITエンジニアの種類5:サーバーエンジニア

サーバーはリクエストに応じてほかのパソコンに機能やサービスの提供を行うためのコンピュータのことで、独自のサーバーを抱えている企業も多くあります。サーバーエンジニアは、サーバーの設計や構築はもちろん、運用していく中で起こる負荷分散やサーバー障害の対応、障害を防ぐ対策、セキュリティ対策などを行っています。

ITエンジニアの種類6:アプリケーションエンジニア

スマートフォンにさまざまな種類のアプリケーションをインストールして、日常的に使っているという人は多くいるでしょう。そんなアプリケーションの設計、構築、開発、運用、保守を専門的に行っているのがアプリケーションエンジニアという種類の人たちです。スマホアプリだけでなく、Web上で利用されるアプリ、企業内で使用されるアプリなどさまざまな種類のアプリを取り扱います。

ITエンジニアの種類7:セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、ITエンジニアの種類の中でもセキュリティに特化したエンジニアです。サーバー攻撃などにより企業は機密の流出、個人情報の流出などの脅威にさらされています。それを未然に防ぐための企画や提案、運用・保守などを行っています。サーバー攻撃は日々進化しており、セキュリティエンジニアの役割は大きくなっています。

ITエンジニアの種類8:制御・組み込みエンジニア

制御・組み込みエンジニアという種類のITエンジニアもあります。製造業などで活躍することができるエンジニアで、家電製品や産業機器などの機械に組み込まれている制御システムの設計や開発を行います。複雑なプログラムが必要ではありませんが、コンパクトなシステムの中で、エラーが起きないプログラムを低コストで組まなければならないのでITエンジニアの種類の中でも難しいと言われることがあります。

ITエンジニアの種類9:テストエンジニア

テストエンジニアという種類もあり、出来上がった製品が仕様書通りに出来上がっているか、不具合はないかをテストを行い不具合があれば修正することを専門に行います。品質保証部門や品質管理部門などテストエンジニアが在籍する専門の部署を置く企業も少しずつ増えており、テレビやスマートフォンなどデジタル製品や家電製品から最近ではゲームやWebシステムなどのテストも行います。

ITエンジニアの種類10:セールスエンジニア

セールスエンジニアは、さまざまなITエンジニアの種類の中でもエンジニアとしての知識や技術を持ちながらセールス=営業をメインで行っていく人たちのことを言います。セールスエンジニアは、自社製品の導入を提案するだけでなく、導入後のサポートを行います。企業へ訪問する回数が多くなるので、コミュニケーションスキルも必要になります。

ITエンジニアへ転職するために必要なこと3つ

上記に挙げた以外にもITエンジニアにはさまざまな種類があります。ITエンジニアへの転職を考えている場合には、どの種類のITエンジニアになりたいかを考えるのが重要です。どの種類のITエンジニアになりたいかが決まったら、実際に転職活動をしていくことになりますが、転職するために必要なことにはどのようなことがあるのでしょう。

転職するために必要なこと1:資格を取得する

資格よりも実務経験を優先して評価する企業もありますし、実務を経験しながら資格を取得する方法もありますが、事前に資格を取得しておくことでアピールになります。また職種により資格が有利に働く場合もあります。サーバーエンジニアやネットワークエンジニアは、資格を持っていると転職に有利と言われています。

転職するために必要なこと2:ITの基礎知識を得る

転職するために最低限必要なことに、ITの基礎知識を得るということもあります。基礎知識を身につけていないと与えられた仕事が自分のやりたい仕事ではなかったということも考えられます。また、エンジニアは仕事をしていくためには知識を駆使して作業を行っていくことになりますので、即戦力としてすぐに働きたいという人はITの基礎知識を得ることは必須です。

転職するために必要なこと3:アプリ開発を行ってみる

オリジナルアプリを開発してみることも転職するために必要なことです。オリジナルアプリを作成して転職を希望している企業に提出することで、スキルをアピールするための材料になります。企業から実績を確認するためのポートフォリオの提出を求められることもありますので、その準備としてアプリを開発しておくといいでしょう。

自分に合ったITエンジニアの種類を知ろう

ITエンジニアの種類にはさまざまなものがあり、どのような仕事の内容であるかは明確な基準があるわけではありません。しかし大まかにITエンジニアの種類を知り、どのような業務内容であるかを掴んで自分に合ったものを探すことが重要です。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。