エンジニアがロジカルシンキングを向上させる3つの方法【ネットワーク/サーバー/インフラ】

エンジニアがロジカルシンキングを向上させる3つの方法【ネットワーク/サーバー/インフラ】のアイキャッチイメージ

ここでは業務に役立つロジカルシンキングを鍛える方法や、ロジカルシンキングが役に立つ理由を紹介していきます。
エンジニアにとってロジカルシンキングは大切なものなので、本記事を通じて身につけていただければと思います。

ロジカルシンキングを鍛えるには?

ここではロジカルシンキングに関する能力をアップさせる方法を3つ紹介します。

理由を説明できるようにまとめてから結論を話す

何かを人に話す前に、自分自身がその結論に至った原因と理由を分析して、わかりやすく説明できる状態になることを目指してください。
物事には原因があって理由があり、そこから結論に繋がるのですが、原因だけ若しくは結論だけを述べても他人は納得しないことがあります。
自分にも他人にもわかりやすい理由を説明できるようになることが、ロジカルシンキング能力を伸ばすためには大切です。

理由は複数述べる

これは「多角的に物事を見る」ということでもあります。
理由が1つしかないと、物事の一面だけを捉えているかもしれません。
あらゆる確度から分析して結論に至る理由を複数見つけ、それを説明できるようになることは、ロジカルシンキングを養うために必要です。

反対の立場から考える

1つの結論に達したら、頭の中で反対の立場から考えてみましょう。
そうして思考を巡らせることで客観的な捉え方ができますし、新しい発見もあるかもしれません。
自分の立ち位置を変えた思考も、ロジカルシンキングを鍛えるうえでは大切です。

ロジカルシンキングで得られるメリット

ロジカルシンキングを身につけるメリットは以下のようなものです。

問題解決力のアップ

ロジカルシンキングを行うと、「問題の分析」「因果関係や相関関係の発見」「最適な対応の判断」が可能になります。
当てずっぽうで問題の解決に当たるのではなく、原因や根本に迫ったうえで解決が可能になるため、「一度解決した問題が再燃する」といった事態も未然に防ぐことができます。

生産性のアップ

ロジカルシンキングを適切に行うことで、問題の本質を見極めることが可能です。
ムダな思考や過程または作業を削ぎ、本当に必要なことだけに注力できるので、労働生産性が向上します。
また、しっかりと考えたうえで仕事ができるので、再検討や手戻りなども削減することができます。

ロジカルシンキングを鍛えて仕事に活かそう

エンジニアの仕事をするうえで、ロジカルシンキングが役に立つシーンは多いです。
本記事の内容を参考にしてロジカルシンキングができるようになれば、業務効率の向上が見込めます。
ぜひ日々の習慣に取り入れてください。

合わせて読みたい

エンジニアの大半が理系脳?理系脳の特徴と診断方法... 「理系脳」「文系脳」などという考え方がありますが、理系脳とはどのようなものなのでしょうか? ここでは理系脳の特徴と、自分が理系脳か文系脳か調べる方法を紹介します。 ひとまずは「自分はエンジニアだから理系脳」と思い込まずにお読みいただけると幸いです。 理系脳の特徴 理系脳が重視するのは論理...