IT業界の歴史について(上)

IT業界の歴史について(上)のアイキャッチイメージ

ここ数十年で、IT業界は大きな進化を遂げました。
今回は、そんな大きな発展を遂げたIT業界の歴史についてご紹介します。

コンピューターの歴史

IT業界にとって何よりも欠かせないのがコンピューターです。
日本の情報サービス産業は、1960年代に誕生しました。
この時期のコンピューターの価格はとても高く、大企業や政府機関などでなければ導入できませんでした。

日本で最初にコンピューターが導入されたのは1955年に「野村證券」に導入された「UNIVAC120」というシステムとされています。
このコンピューターの重さは2トンもあり、窓からクレーンで搬入されました。
1959年には三和銀行(現:三菱東京UFJ銀行)が、1960年に国鉄(現・JR)がオンラインシステムを導入しました。

このように当時のコンピューターは一般企業ではとても導入できないものでした。
そのため大型コンピューターで計算サービスを提供する「計算サービス」と呼ばれる企業が誕生したのです。

多くの企業がこの計算サービスを利用することで、コンピューターを共同利用していました。

世界的なコンピューターの歴史

IT業界の歴史について(上)のイメージ
世界初のコンピューターは1946年にアメリカで開発された「ENIAC」だといわれています。
これはミサイルの弾道計算のために開発され、重量が30トンもありました。

そして1964年にIBMが「System/360」を発表し、多くの企業がコンピューターを導入します。
1980年代にはいると、パソコンなどの小型コンピューターが次々と誕生し、利用者が一気に増えることになりました。

世界的企業であるAppleやMicrosoftが台頭してきたのも、この1980年代頃です。
1990年代からはインターネットが登場し、さらにコンピューターの可能性は広がり、爆発的な広がりを見せることになります。
日本では1995年以降に大きく広まっていきました。

ソフトウェアの誕生

コンピューターが一般にまで浸透してくると、次第にソフトウェアの必要性が認識されるようになります。
ソフトウェアの開発を専門に行う企業が誕生します。
ソフトウェアの需要は次第に高まり、1980年代には計算サービスに代わりソフトウェア開発が業界売上高のトップとなりました。

コンピューターの歴史は小型化の歴史

IT業界は技術の発展とともにその規模を広げてきました。
大型から小型のコンピューターへと進化を遂げることで、多くの企業がコンピューターを導入するようになります。

コンピューターがインターネットにつながることにより、IT業界はさらなる発展を遂げることになった歴史的背景があります。
「IT業界の歴史(中)」では、インターネットの歴史についてご紹介します。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」