SaaS(サース)とは

SaaS(サース)とは

クラウドサービスの一種であるSaaS(サース)。
新しいサービスとして注目されているSaaSにはどんな特長があるのでしょうか。
本記事ではSaaSの概要や特長などについてご紹介します。

SaaS(サース)の概要

SaaSとは「Software as a Service」の略称です。
日本ではサース、またはサーズと呼ばれています。
インターネット経由で提供されているソフトウェアの一種です。
提供している側をサーバー、利用している側をクライアントと呼び分けています。
これまでは、ソフトウェアを利用するためにはパッケージ版を購入するのが一般的でした。しかしSaaSは、インターネット環境さえあれば、いつどこからでも利用可能です。

提供されているサービス

普段何気なく利用しているサービスも、SaaSに分類されます。
知名度の高いサービスには以下のようなものがあります。
・Gmail
・Twitter
・Dropbox
などはすべてSaaSとして提供されています。

SaaS(サース)の特長

クラウド経由で提供されるソフトウェアという特長から、SaaSにはさまざまなメリットがあります。
では具体的にどんなことができるのでしょうか。

複数のデバイスで使用可能

SaaSはインターネットに接続できる環境であれば、どこでも利用できます。
ソフトウェアの利用はアカウントごとに提供されているので、どのデバイスからでもログインをすれば利用可能となります。
そのためオフィスではデスクトップパソコン、外出先や出張先ではノートパソコンやタブレットなどで利用できます。

複数人で共有・編集作業ができる

SaaSは、複数人でデータを共有することができます。
更新されたデータはリアルタイムで反映されるため、複数人で作業している際にも齟齬がでません。
メンバーが同じ場所に集まることができない場合でも、インターネットにアクセスできる環境であればどこからでも作業ができます。

インストールしなくても利用できる

パッケージ版のソフトウェアの場合、デバイスごとにインストールが必要でした。
しかしSaaSは、ログインIDとパスワードさえあれば、どのデバイスからでも利用できます。
特に大人数で同じソフトウェアを利用することが多い仕事においては、インストール作業がないだけでも大幅に時間を削減できます。
また、デバイス側のストレージを消費しないというのもメリットです。
容量を気にせずに使えるので、デバイスの動作も安定しやすくなります。
さらに、デバイスに故障などのトラブルがあっても、保存場所が独立しているため、データを無くすことがありません。

SaaSは学ぶ価値あり!

SaaSはGmailやTwitterなど知名度の高いサービスとして提供されていることもあり、近年利用者が増加しています。
インターネットに接続すれば使えるというメリットから、多くの企業も導入しているサービスです。
業務に使えるものがあれば、利用してみてはいかがでしょうか。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

インフラエンジニアに必要なソフト「シェル」の基礎知識... ここではインフラエンジニアにとって馴染み深い「シェル」について、その概要や役割、機能などを説明していきます。 シェルという用語をなんとなくぼんやり考えていたエンジニアの方などは特に、本記事に出会ったことをいいきっかけとして、シェルへの理解を深めてください。 インフラエンジニア必須のシェル...
【Tomcatのエンジニア求人】仕事内容や求められるスキルとは... hbspt.cta.load(20723875, '567c7ff5-8f6f-4139-a7e7-793d218c7c24', {"useNewLoader":"true","region":"na1"}); 多くの企業で採用されているソフトウェア「Tomcat」。 エンジニアの求人で...