致命傷になりかねないエンジニアのケアレスミスの防ぎ方

致命傷になりかねないエンジニアのケアレスミスの防ぎ方のアイキャッチイメージ

誰にでも起こりうるのがケアレスミスですが、エンジニアの場合、それが致命傷になりかねません。
たった少しのミスが、システムや工程に大きな影響を与えてしまう場合もあります。
では一体、ケアレスミスを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。
ここではエンジニアのケアレスミスの防ぎ方についてご紹介します。

ケアレスミスをしてしまう原因

ケアレスミスはどんな仕事をしている人でもしてしまう可能性のあるミスです。
しかしケアレスミスが多ければ、それは何か原因があるのかもしれません。
たとえばエンジニアがケアレスミスをするのには以下のような原因があるとされています。

エンジニア自身の問題

疲れがたまっている、長時間の作業で集中力がなくなっているなど、エンジニア自身に問題がある場合です。
また単にスキル不足や、段取りを理解していないなども挙げられます。

環境の問題

エンジニア自身のスキルは足りているのに、職場環境に問題がある場合もあります。
たとえば人員が足りず、一人当たりの作業量が多い場合などです。
これでは疲れもたまり、エンジニア自身の問題につながってしまいます。
また自動化ツールが導入されていないなどの問題もあります。

ではエンジニアのケアレスミスを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

ケアレスミスを防ぐには?


ケアレスミスを防ぐためには、自身が気を付けるのはもちろんのこと、身近な人に相談することが大切です。
特に職場環境は自分一人では解決しづらい問題のため、上司や同僚などと一緒に解決策を考えましょう。
たとえば以下のような解決策・改善策が考えられます。

自身のことをしっかり把握する

「自分は大丈夫だろう」と思っている人ほどケアレスミスが多い傾向にあります。
特にエンジニアはひとつのミスが致命傷にもなりかねませんので、しっかり確認しましょう。
また自分の体調について把握することが大切です。
「まだ大丈夫」「自分が休むと他の人に迷惑をかけてしまう」と考え、体調が悪いのに無理をするとミスが重なってしまうかもしれません。
無理をせず、ほかの人と仕事を分担するようにしましょう。

整理整頓をする

余計なものが目に入る環境は、集中力が落ちる原因になるといわれています。
そのためデスク周りは常に整頓しておきましょう。

ツールはどんどん使う

作業の自動化ができるツールがあれば積極的に使っていきましょう。
効率的に仕事ができるようになることで、仕事の負担を減らせます。

ミスを減らすには環境を再認識すること

気を付けていても起きてしまいがちなケアレスミスですが、自分が意識することで数を減らすことはできます。
「最近ミスが多いな」「ミスをなくしたい」と考えているなら、まずは自分が置かれた環境を再認識しましょう。
環境を再認識することが、ミスを減らす第一歩につながります。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。