スパニングツリー

スパニングツリーとは?

スパニングツリーは、L2ネットワークにおけるループを防止をするための機能です。スパニングツリーを使えばループを防止しながらネットワークを冗長化でき、耐障害性が向上します。

信頼性の高いL2ネットワークを構築するためには、機器に障害が発生しても迂回できるように、複数のスイッチを使用したNW構成にします。しかし冗長化をした場合にスパニングツリーを有効にしなければ、ブロードキャストやマルチキャストという種類のトラフィックが延々を回り続けてしまうという問題が発生します。(ループという)

スパニングツリーの役割

スパニングツリーを有効化すると、装置に設定したブリッジ優先度などを使用して、ルートブリッジやポートの役割が自動的に決定されます。また、そのアルゴリズムによりあるポートが自動的にブロッキング状態になりループを防ぎます。しかし障害発生時は自動的に障害を検知し、そのポートが有効化して迂回路を形成し耐障害性を発揮します。

スパニングツリーにはSTP、PVST、RSTP、RPVST、MSTPと色々な種類があり、ベンダー間で互換性がない物もありますので、どの種類を採用するかは注意が必要です。

合わせて読みたい

isdn switch-type ntt 読み方 isdn switch-type ntt (アイ・エス・ディー・エヌ スイッチタイプ エヌ・ティー・ティー) 使用方法 スイッチタイプをnttに設定する。ISDNや専用線を使用するときに入れるコマンド。 実行例 Router#conf t Enter configuration ...
configure terminal 読み方 configure terminal (コンフィギュア ターミナル) 使用方法 グローバルコンフィグレーションモードへ移動する。 実行例 Router#conf t Enter configuration commands, one per line. End with CNTL...
enable secret 読み方 enable secret (イネーブル シークレット) 使用方法 イネーブルパスワードを暗号化して、コンフィグからわからないようにする。 実行例 Router# Router#conf t Enter configuration commands, one per line....
logging buffered 512000 debugging 読み方 logging buffered 512000 debugging (ロギング バッファ 512000デバギング) 使用方法 ログをバッファに入れるようにする。デバッグ以上のレベルのログがshow loggingコマンドで確認できるようになる。 実行例 Router#conf t ...
【障害に強いネットワークを作るためにその1】ルーターの冗長化のメリットをご紹介... ネットワークは稀に通信障害を起こすことがあり、通信障害が社内の業務や顧客へのサービスに影響を与えてしまいます。 ネットワークを管理するエンジニアは、そのような通信障害に備えて対策を講じておかなければなりません。 ここでは、通信障害への備えとしてルーターを冗長化することのメリットと、その構成につい...