Azure Active Directoryの主な5つの機能|メリットも紹介

Azure Active Directoryの主な5つの機能|メリットも紹介のアイキャッチイメージ

Azure Active Directoryとは


Azure Active Directoryとは、Microsoftが提供しているクラウドサービスです。クラウドベースの認証サービスが使えれば、クラウド上のアプリケーションをまとめて管理することが可能になります。

Azure Active Directoryに登録すれば、Azure Active Directoryにサインインだけでシングルサインオンにアクセスできます。

Active Directoryとの4つの違いとは

Azure Active DirectoryとActive Directoryは、違いが分かりにくいと言われることが多いです。

ここからは、Azure Active DirectoryとActive Directoryの違いを詳しく紹介していきます。Azure Active DirectoryとActive Directoryの違いを理解して、それぞれの機能を活用してみるといいでしょう。

1:使用目的

Active DirectoryとAzure Active Directoryの大きな違いは、使用目的です。Active Directoryは、オンプレミスのアカウントや社内リソースを認証するために使われます。

一方でAzure Active Directoryは、クラウドサービスのアカウントに対する認証基盤です。使用目的が大きく違うため、名前が似ていますが混同して導入しないようにしましょう。

2:デバイス管理

Active Directoryとの違いの2つ目は、デバイス管理です。Active Directoryの場合は、ポリシー機能を活用して会社のルールに合わせたポリシーでデバイスを管理していきます。

またAzure Active Directoryのデバイス管理方法は、Intuneというツールと組み合わせて行われます。2つを入れたデバイスの会社のルールが適用され、デバイスを管理していきます。

3:認証方法

Active DirectoryとAzure Active Directoryは、認証方法が異なります。Active Directoryは、Kerberosプロトコルで認証することが多いです。

さらにActive Directoryは、ディレクトリへのアクセスはLDAPが活用されています。一方でAzure Active Directoryは、複数の認証方式に対応しています。

4:機能を追加する方法

Active Directoryとの違いの4つ目は、機能を追加する方法です。Active Directoryに機能を追加する方法は、複雑で新たに専用のサーバーを作る手間がかかります。

一方でAzure Active Directoryは、管理ポータルで機能を有効化するだけでOKです。Azure Active Directoryはクラウド上にあるため、機能を新たに動作させられます。

Azure Active Directoryが必要な理由


近年では多くの企業がAzure Active Directoryを導入しています。それでは、どのような理由からAzure Active Directoryが必要とされているのでしょうか。

ここではAzure Active Directoryが必要な理由をご紹介しますので、どういったケースでAzure Active Directoryが必要とされるのかぜひ参考にしてみてください。

企業の合併が増えているため

近年で企業の合併が増えていることから、Azure Active Directoryが必要とされるケースが増えてきています。合併が行われる場合、合併する企業がそれぞれAzure Active Directoryドメインを運用しているケースが多いです。

また、すでにドメインを取得している場合は合併してもドメインは合併されずに運用されるため、あらかじめ両ドメインにシングルサインオンできる機能が搭載されています。

ハイブリッドクラウドの利用機運が高まっているため

近年でハイブリッドクライドを導入しようという機運が高まっていることから、Azure Active Directoryが必要とされるケースが増えてきています。

これまでのオンプレミスだけでなく、クラウドサービスも合わせて利用するハイブリッドクラウドの利用が流行っていることから、世間の時流に乗るかたちでAzure Active Directoryの利用を開始する企業も多いです。

Azure Active Directoryの主な5つの機能


ここからは、Azure Active Directoryの主な5つ機能を紹介していきます。Azure Active Directoryの導入を検討している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

Active Directoryとの違いを頭に入れた上でチェックすれば、よりAzure Active Directoryの魅力が分かるでしょう。

1:アプリケーション管理

Azure Active Directoryの機能の1つ目は、アプリケーションの管理ができる点です。アプリケーションをクラウド上でAzure Active Directoryで活用できるように登録しておけば、アカウントをまとめて管理可能になります。

Azure Active DirectoryはMicrosoftのサービス以外のサービスに使用できるため、とても便利です。

2:ユーザー管理

Azure Active Directoryの機能の2つ目は、ユーザー管理ができる点です。アクセスできるサービスやアプリケーションをユーザーごとに分けられるため、会社や大勢のグループで活用しやすいです。

Azure Active Directoryを使えば、管理者はアプリを管理しやすくなります。さらに会社以外からのアクセスができないサービスを作ることで、セキュリティ対策にもなります。

3:シングルサインオン

Azure Active Directoryの機能の3つ目は、シングルサインオンができる点です。デバイスの情報を使った認証方法を活用できるデバイスもあるため、とても便利です。

さらに機械学習を活用して怪しいサインインを見抜くことも可能ですので、安心してAzure Active Directoryを利用できます。

またAzure Active Directoryは、生体認証や2段階認証も使えます。

4:Active Directoryと同期

Azure Active Directoryの機能4つ目は、Active Directoryと同期できる点です。Azure AD Connectというツールを利用できれば、簡単に同期できて便利です。

Active DirectoryとAzure Active Directoryの両方を管理する必要がないため、管理者にとっては時間や労力を節約できるというメリットがあります。

5:アクセスログの確認

Azure Active Directoryの機能5つ目は、アクセスログの確認です。Azure Active Directoryとクラウドサービスを紐付けることでユーザーがAzure Active Directoryを経由するように設定すれば、誰が、いつ、どのクラウドサービスにアクセスしたのかをアクセスログから監査することが可能です。

アクセスログを利用することで、不正アクセスの検出にも役立ちます。

Azure Active Directoryを導入するメリット3つ


ここからは、Azure Active Directoryを導入するメリットを紹介していきます。

Azure Active Directoryには4つのエディションがあるため、メリットを感じた場合は導入を検討してみるといいでしょう。

1:規模を容易に変更できる

Azure Active Directoryを導入するメリットの1つ目は、規模を容易に変更できる点です。自社でサーバー構築をする必要もないため、外部に委託する必要もかかりません。

サーバーの拡大だけでなく縮小も簡単にできるためとても便利です。

2:管理者の負担が軽減する

Azure Active Directoryの導入するメリットは、管理者の負担が軽減するという点です。セルフパスワードリセットの機能を加えられるため、活用しやすいです。

さらに他のマイクロソフトの製品と簡単に連携できるため、IT製品の知識が少ないという人も上手く活用できます。

アカウントの管理の負担が大きいと感じている場合は、導入を検討してみるといいでしょう。

3:コストは使った分だけ

Azure Active Directoryを導入するメリットは、コストは使った分だけという点です。初期費用やデーターセンターの運用費なども必要ありませんので、導入する際のハードルも低いです。

さらに使った分だけ課金される仕組みが取られていますので、無駄がありません。コストを低くしたい人にもおすすめです。

料金プラン

Azure Active Directoryの料金プランは、大きく4つあります。ディレクトリ オブジェクト数が500,000個と制限されてもOKという場合は、無料版のFREEが使えます。

さらにBASIC、PREMIUM P1、PREMIUM P2の3つがあります。ライセンスはユーザー単位になりますので、実際に使う際はユーザー人数分のライセンスを購入していきます。

Azure Active Directoryとはクラウドベースの認証サービスである


Azure Active Directoryは、メリットが多くとても便利です。Azure Active Directoryの機能を理解して、便利に活用しておきましょう。

またクラウド上で動作するサービスのため、機能や利用料金が変更になる可能性があります。導入をする際は、最新情報を確認してください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。