【npm】パッケージのupdate方法を紹介します

【npm】パッケージのupdate方法を紹介します
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

【npm】パッケージのupdate方法


今回は、npmでパッケージをupdateする方法を紹介します。
update対象一覧の取得方法や、パッケージ指定update、バージョン指定update、一括updateの方法をコマンド付きで紹介します。

npmのバージョンは以下とします。

興味のある方はぜひご覧ください。

update対象一覧

update対象一覧の前に、インストール済みのパッケージ一覧を取得してみましょう。
インストール済みのパッケージ一覧を取得するには「npm list」コマンドを使用します。–depth=0を付与すると見やすいです。

パッケージとバージョンが一覧で表示されます。
このうち、update可能なパッケージ一覧を取得するには、「npm outdated」コマンドを実行します。

この場合、2つのパッケージがupdate可能であることが分かります。

パッケージ指定update

パッケージを指定してupdateする方法を紹介します。update前は以下の状態とします。

パッケージを指定してupdateするには、「npm update パッケージ名」とします。

update後に、npm outdatedコマンドを実行してみます。updateしたパッケージが表示されなくなりました。

バージョン指定update

パッケージおよびバージョンを指定してupdateする方法を紹介します。update前は以下の状態とします。

パッケージおよびバージョンを指定してupdateするには「npm install パッケージ名@バージョン」とします。@バージョンを省略すれば最新バージョンになります。

update後に、npm outdatedコマンドを実行してみます。最新化はしていないので、npm outdatedで表示されます。

一括update

これまでは、個別パッケージをupdateする方法を紹介しました。ここでは、update可能なパッケージを一括updateする方法を紹介します。update前は以下の状態とします。

package.jsonは以下の状態です。

一括更新のために、npm updateコマンドを実行します。

npm updateコマンドでは、メジャーバージョンのupdateができません。package.jsonを確認してみます。jqueryが最新化されていません。

npm outdatedコマンドを実行してみます。メジャーバージョンアップされていないので、jqueryが表示されます。

これを回避して一括更新するためには、npm-check-updatesをインストールします。

次に、ncuコマンドを実行します。「npm outdated」コマンドに相当します。

次に「ncu -u」コマンドを実行してpackage.jsonを更新します。

package.jsonの内容を確認してみます。jqueryが最新化されています。

この時点では、パッケージは更新されていません。

npm updateコマンドを実行します。これでパッケージが更新されます。

npm outdatedコマンドでupdate可能なパッケージを確認します。

何も出力されないので、インストール済みパッケージが最新化されたことが分かります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。npmでパッケージをupdateする方法を紹介しました。
update対象一覧の取得方法や、パッケージ指定update、バージョン指定update、一括updateの方法をコマンド付きで紹介しました。

ぜひご自身でコマンドを書いて、理解を深めてください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。