Linuxサーバの構築方法とは?構築に必要な設定方法を徹底解説

Linuxサーバの構築方法とは?構築に必要な設定方法を徹底解説のアイキャッチイメージ

Linuxサーバとは?

Linuxサーバとは、LinuxというOS(オペレーティングシステム)がインストールされたサーバのことです。ちなみに、Linuxサーバを構築するとは、PCにLinuxOSをインストールすることです。OSは、大きく分けるとWindows、macOS、LinuxOSがあります。

今回の記事では、Linuxの種類や構築方法についてご紹介致します。

Linuxサーバの種類

LinuxOSには、大きく分けて2つのOSタイプがあります。

・Red Hat(レッドハット)系OS
・Debian (デビアン)系OS

Red Hatは商用で使われることが多くあり、有償のLinuxとして知られています。一方でDebianは無償で提供されており、使っているユーザーも多くいます。一般的なサーバを構築する場合、どちらを使うかはユーザーの好みです。

無償利用可能なOSのご紹介

〇〇系というOSを紹介しましたが、この大元となった2つのOSから派生し、別の名前のOSが存在します。

今回は、日本で多く使われている無償の派生OSを使いインストールする方法をご紹介します。

・Red Hat系-CentOS
・Debian件系-ubuntu、MX Linux

一般的に使われるOSは、上記のものが多いです。今回はDebian系OSのMX Linuxを使いサーバを構築する方法をご紹介致します。

ちなみに、今回ご紹介するMX Linuxは、以下の特徴があるため、古くなったPCでもサクサク動きます。

①動作が非常に軽いため、使わなくなった低スペックPCにも簡単にインストール可能
②Debianの安定したカーネルを採用し、機能を拡張している
③インストーラがUEFI(グラフィックな画面)で実行可能

Linuxサーバのインストール・設定(構築)方法

Linuxサーバのインストール・設定(構築)方法について説明していきます。

必要なスペックや起動確認の方法についても解説しています。参考にしてください。

MX Linuxをインストールするために必要なスペック

MX Linuxは、画面を使ったインストール方法に最適化されています。構築する場合、以下のスペックを満たすサーバをご用意ください。

CPU:2コア以上
メモリ:4GB以上
HDD:60GB以上
システム:64bit対応

MX Linuxのダウンロード

以下のリンクからMX Linuxのダウンロードページに飛びます。今回は、日本語でインストールしたいので、Japanにある「x64」をクリックし、インストールファイルをダウンロードします。

なお、インストールするパソコンが32bitにしか対応していない場合、「386」のリンクをクリックしてダウンロードしてください。

MX Linuxのインストール

ダウンロードしたファイルをDVDやUSBに焼き、ブート可能なメディアを作成します。USBで作成する場合は、フリーソフトの「Rufus」等を利用しましょう。

インストールメディアを読み込むと、インストーラが起動します。まず「F2」ボタンを押し、言語を「日本語」に変更、次に「F3」ボタンを押し、時刻を「Tokyo」に変更して進めます。

上記2つの変更が終わったら、次はMX Linuxのインストール画面まで進みます。表示されている項目の一番上「MX-19.1 x64(Feburuary 25, 2020)」を選択し、次に進みます。

OSインストールの画面(デスクトップ)が表示されます。画面に、「MX Welcome」のウィンドが表示されますが、特に何もしませんので×ボタンで閉じ、次の手順に進んでください。

デスクトップにある、「Installer」をダブルクリックします。利用規約(terms of use)が表示されますが、特に変更せず「Next」をクリックします。

上記の他に、ユーザー名、パーティション(ディスクの分割方法)など、いくつか選択する画面が表示されますが、今回はデフォルトのまま進めていきますので、「Next」をクリックします。

「Next」をクリックしていくと、ユーザー名、パスワード、rootパスワードを入力する画面が表示されます。任意のユーザー名とパスワードを設定し完了です。

あとは、「Installation in progress」のゲージが100%になるのを待ちましょう。100%になると、「Finish」がクリック可能になります。クリック後、自動で再起動し、MX LinuxのOSが起動します。

再起動後は、パスワードの入力画面が表示されますので、先ほど設定したパスワードを入力しログインしましょう。

以上でMX Linuxのインストール完了です。

起動確認

MX Linuxでターミナルソフトを起動する場合は、「Xfce Terminal」を起動します。画面左下のスタートメニューから「Xfce Terminal」を選択し、起動することを確認しましょう。

※毎回起動するのが大変な場合は、デスクトップやパネルにショートカットを作成し、そこから起動するとよいでしょう。

MX Linuxのネットワーク設定

MX LinuxのIPアドレスを固定にする方法をご紹介します。

IPアドレスを固定にすることで、いくつかのサービス(サーバ)をインストールした場合でも、再起動等してもアドレスが変わらず、そのまま使うことが可能となります。

まずは、現在のIPアドレス(IPv4)を確認しましょう。ターミナルソフトを起動し、以下のコマンド($から後ろ)を入力します。

$ ip -4 a

すると、現在のIPアドレスが表示されます。
例)inet 192.168.1.2/24

このアドレスを別の固定されたアドレスに、変更していきます。

IPアドレスを固定する設定は、「スタートメニュー」から「設定」を押した先にある「Advanced Network Configuration」から行ないます。

Wired Connection(有線)、もしくはWireless Connection(無線)のどちらかを選択し、画面下の設定マーク(歯車のような形)をクリックします。

すると、メニューの右から2番目にIPv4の設定変更画面があります。「Add」ボタンで新しいIPアドレスやDNSサーバのアドレスを追加しましょう。

設定後、再起動するとIPアドレスの変更が反映されます。

先ほどと同様に、「ip -4 a」コマンドでIPアドレスを確認します。設定したIPアドレスに表示が代わっていれば設定完了です。

例)inet 192.168.1.100/24

IPアドレスの変更後、ブラウザ(Firefoxなど)を開き、問題なくインターネットに接続可能であることを確認しましょう。

以上で基本的な設定は完了です。

他のサービスをインストールする方法

サーバとは、あらゆる機能を持ったサービスを提供するPCともとらえられます。例えば、webサーバ、DNSサーバ、windowsサーバなど。webサーバでいえば、webページを公開する機能を持ったサービスであり、サーバを構築するといっても、どのサービスを構築するかにより、サーバにインストールする機能が変わります。

Linux(MX Linux)で新しいサーバを立てる際のコマンドは、ぜひ覚えておきましょう。

まず、ターミナルソフトを開きます。
user@linux# と表示された画面が開きますが、ここに直接コマンドを入力します。

user@linux# su – root ←ルートモードに移行します。
(インストール時に設定したrootのパスワードの入力を求められます。)

サービスのインストール(構築)には、このルートモードが必須です。

Linuxサーバーを構築しよう!

Linuxの基本を理解し、PCなどにインストールしてみましょう。構築する際、必要なスペックや手順などを確認いただき、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。