クラウドでプログラミングを学ぶメリット6つ|クラウド環境の主な種類も紹介

クラウドでプログラミングを学ぶメリット6つ|クラウド環境の主な種類も紹介のアイキャッチイメージ

インフラエンジニアにプログラミングが必要な理由とは


インフラエンジニアは、サーバー環境の設計・構築・運用などが主な仕事です。
そのためプログラミングは不必要と考える人もいます。

しかし近年では、仮想化やクラウド化が一般的となっています。
仮想化とは、インフラがソフトウェア化されることを指します。
物理サーバーを持たなくても、クラウド環境によってインフラを構築できるようになったのです。
このソフトウェア化によってサーバーやネットワークなどのインフラがプログラムによって操作できるようになりました。
そのため今まで手作業で行われてきた構築や運用などの作業を自動化できます。
自動化することでより効率的に仕事を進められ、生産性も高くなります。
そのためインフラエンジニアには今後、プログラミングの知識も少なからず求められるようになったのです。

クラウド環境とは


クラウド環境とはインターネットなどを介して、離れた場所にあるシステムのサービスをユーザーに提供するものです。
昔からIT業界ではネットワークのことを「雲」で表していたことから、ネットワークを利用してサービスを提供する形態を「クラウド(雲)」と呼ぶようになりました。

クラウド環境の主な種類3つ

クラウド環境には、ユーザーにインフラ環境を提供するものやサービス本体を提供するものなどさまざまな形式があります。
ここではクラウド環境である「IaaS」「SaaS」「PaaS」についてご紹介します。

IaaS

IaaSとは「Infrastructure as a Service」を略した言葉で、クラウドで仮想サーバーやネットワークなどのインフラ基盤を提供するものです。
IaaSで提供されるのはインフラのみとなるため、ユーザーは自分でハードウェアやソフトウェアを選ぶことができます。

SaaS

SaaSとは「Software as a Service」を略した言葉で、クラウドでソフトウェアを提供するものです。
SaaSでは従来のように購入したソフトウェアをパソコンにインストールすることなく、必要な機能だけを利用できます。

PaaS

PaaSとは「Platform as a Service」を略した言葉で、クラウドでOSやハードウェアなどのプラットフォームを提供するものです。
PaaSではプラットフォームをユーザー側で用意する必要がないため、効率的なアプリケーション開発が実現できます。

クラウドでプログラミングを学ぶメリット6つ


この仮想化やクラウド化の流れによって、インフラエンジニアでも最低限のプログラミング知識を身につける時代になってきました。
プログラミングを学ぶメリットには以下のようなものが考えられます。

1:自身の強みになる

IT人材が不足している昨今、インフラ関連の知識だけでなくプログラミングの知識があるエンジニアは、多くの企業が欲しがる人材となるでしょう。
そのため自社での評価が上がったり、転職の際のアピールポイントになったりすることが考えられます。

2:記述コードの理解ができる

プログラミングの知識がないと、業務の中でプログラミングが関係する仕事についていけないこともあります。
しかし知識があれば、プログラミングが関係するサーバー管理やクラウド化にも対応できるため、活躍の幅を広げられます。

3:作業品質の向上や安定化につながる

プログラミングされていない作業は、多くのタスクを手作業で行わなくてはいけませんでした。
そのためケアレスミスが起きる可能性が高い状況だったのです。
しかし作業をプログラミングで自動化することで、作業時間を短縮でき、ケアレスミスの削減にもつながります。

4:先読みできる能力が身につく

クラウドを含めたインフラ周りの業務を担うエンジニアには、障害などが発生した場合を想定して先読みできる能力が求められます。プログラミングの知識があればシステム設計の段階から先のことを予測しやすくなるでしょう。

5:プログラムの基本が身につく

プログラミングを学ぶことにより、「順次」「反復」「分岐」などのプログラムの基本を押さえることができるでしょう。クラウド関連の業務で使用することはなくても、エンジニアである以上知っておいた方が良い知識です。

6:開発の流れが把握できインフラ業務に活かせる

プログラミングを学ぶことで具体的なアプリケーション開発の流れがわかるようになるため、それを踏まえてクラウドを含めたインフラ業務を行えるようになります。知識があれば、自分でプログラミングまではできなくても業務には役立つでしょう。

インフラエンジニアにおすすめのプログラミング言語3選


インフラエンジニアにもプログラミングスキルが求められるようになってきていますが、プログラミング言語にもさまざまな種類があるため、クラウドやインフラ業務に適した言語を学ぶ必要があります。
ここではインフラエンジニアにおすすめのプログラミング言語3選をご紹介します。

1:Ruby

Rubyは日本人が開発したプログラミング言語で、エンジニアが楽しく開発できるように便利なフレームワークが用意されています。
Rubyはインフラの自動化などに適した軽量プログラミング言語となっており、学習難易度も高くはないため、インフランジニアが学ぶのにおすすめです。

2:Python

Pythonもインフラエンジニアの業務で使用するツールの開発やログ調査などに用いられる軽量プログラミング言語です。
シンプルであることに哲学を持っている言語なのでコードがわかりやすく、読み書きしやすいため初心者でも学びやすいでしょう。

3:Java

Javaは世界的にもトップシェアを獲得している人気の高い言語で、OSに依存せずに動作できるという特徴があります。
先にご紹介した2つの言語よりも学習難易度は高いですが、Javaを習得できればクラウドでも活躍できるフィールドが広がるでしょう。

IT業界への転職に向けてプログラミングを学んでみよう


仮想化やクラウド化によってインフラエンジニアも、プログラミングの知識が求められることが多くなってきました。
エンジニアとしての自身の価値を高めるためにも、プログラミングを学ぶことを考えてみてはいかがでしょうか。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

CaaS(カース)とは CaaSには「Car as a Service」(サービスとしての車)や「Computing as a Service」(サービスとしてのコンピューティング)、そして「Crimeware as a Service」(悪意あるネットワーク攻撃を代行するサービス)などの意味もありますが、ここではITエン...
BaaSとは?利用するメリットやサービス提供をしている会社5選を紹介... BaaSとは? BaaSは「Backend as a Service」の頭文字を取った呼び名です。 スマートフォンやタブレットといったモバイルシステムが持つバックエンド機能をサーバ側で代行するクラウドサービスがBaaSです。 ユーザー側に見える部分の出入力を担当する部分をフロントエンド、ユ...
特徴から見るクラウドサービス別の違い|利用に向いている人の特徴とは?... クラウドサービスの「クラウド」とはどんな意味? 「クラウド」とは本来、「雲」を意味する言葉です。 一般的にクラウドとは、ユーザー側でソフトウェアなどをインストールしなくてもインターネットを通じてサービスを利用できるもので、クラウドサービスやクラウドコンピューティングと呼ばれることもあります。...
スキルアップに必須。インフラエンジニアのおすすめ勉強方法... ここではインフラエンジニアが勉強する方法としておすすめのものを紹介していきます。 インフラエンジニアとしてスキルアップしたい人、勉強したいけれどどういった方法があるのかわからない人はぜひ参考にしてください。 オンプレミス環境での学習 クラウドに移行しつつあるとはいえ、まだまだ自社でサー...
PaaS(パース)とは 近年クラウド関連用語として聞かれるようになったPaaS(パース)。 しかしSaaSやIaaSとどのように違うか分からないという方も多いのではないでしょうか。 本記事ではPaaSとは何か、どんな特長があるのかをご紹介します。 PaaS(パース)の概要 PaaSとは「Platform as ...