ネプラスのテックブログ。ネットワーク、クラウド、サーバなどのITインフラ情報を中心に発信中。

  1. ネプラス インフラエンジニア採用
  2. テックマガジン
  3. セキュリティ
  4. セキュリティのチェックができるペネトレーションテストとは何か【その1】

セキュリティのチェックができるペネトレーションテストとは何か【その1】

  • セキュリティ
  • テクノロジー
公開日時:   更新日時:
セキュリティのチェックができるペネトレーションテストとは何か【その1】
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    新しいシステムを開発したら、確認しておきたいのがセキュリティです。
    そこで今回は、ぜひ行いたいセキュリティ対策としてペネトレーションテスト(侵入テスト)をご紹介します。
    ペネトレーションテストとは何か、脆弱性診断との違いについてまとめました。

    ペネトレーションテストとは?

    ペネトレーションテストは、日本語では「侵入テスト」と訳されます。
    「ペンテスト」と記載されることもあります。

    通信ネットワークによって外部と接続されたコンピュータの安全性を調査するテストのひとつで、実際にある侵入・攻撃方法を用いて調査します。
    ネットワークやシステムの脆弱性を発見するために行われ、システム全体の耐性を確認します。
    そして侵入できてしまった場合には、被害拡散リスクの評価などを行います。

    ペネトレーションテストの必要性とは

    システムを実際に公開・運用する前に、このペネトレーションテストを行っておく必要があります。
    それは実際に攻撃を体験することで、攻撃者がどのような手段を用いて攻撃してくるかを想定でき、それに合わせた防御方法を構築できるからです。
    またシステムに侵入してどんな情報を得られるのか、その攻撃にどれくらい耐えられるのか、どれほどの被害があるのかなども確認できます。

    脆弱性診断との違い

    セキュリティのチェックができるペネトレーションテストとは何か【その1】のイメージ

    ペネトレーションテストと同じくセキュリティをチェックする診断として「脆弱性診断」があります。
    この2つは似ていますが、目的やアプローチ方法などに明確な違いが存在します。

    ・脆弱性診断

    脆弱性診断は、システムの脆弱性を網羅的に洗い出すことが目的です。
    また情報セキュリティの基準や規格と照らし合わせて、安全性を確認します。
    アプローチはベースラインアプローチを行い、個別の脆弱性をリストにまとめます。

    ・ペネトレーションテスト

    ペネトレーションテストは攻撃対象がどのような攻撃を行い、目的を達成できるかどうかを確認するために行います。
    さらに攻撃者にとって狙いやすいセキュリティの欠陥がないかどうかを確認します。
    そのため脆弱性診断のような侵害要因となる問題はペネトレーションテストに含まれていません。
    アプローチはリスクベースアプローチを行い、攻撃シナリオとその検証結果をまとめることです。

    このように目的やアプローチ方法が異なるので目的に応じて使い分けたり、組み合わせて使ったりすることが大切です。

    まとめ

    ペネトレーションテストはシステムのセキュリティを確かめるためにはぜひ行っておきたいテストのひとつです。
    ペネトレーションテストで問題点を洗い出し、システムにどんなリスクがあるのか見極めることで最終的な損失を減らすことに繋がります。

    ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

    FEnetを運営しているネプラス株式会社はサービス開始から10年以上
    『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、
    多くのインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの就業を支援してきました。
    ネプラス株式会社ロゴ

    ネプラス株式会社はこんな会社です

    秋葉原オフィスにはネプラス株式会社をはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • インフラ業界に特化

      インフラ業界に特化

      ネットワーク・サーバー・データベース等、ITインフラ業界に特化。Cisco Systemsプレミアパートナーをはじめ各種ベンダーのパートナー企業です。

      業界を知り尽くしているからこそ大手の取引先企業、経験豊富なエンジニアに選ばれています。

    • 正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員の方でも希望を聞いたうえでプロジェクトをアサインさせていただいており、フリーランスのような働き方が可能。帰社日もありません。

      プロジェクト終了後もすぐに次の案件をご紹介させていただきますのでご安心ください。

    • 大手直取引の高額案件

      大手直取引の高額案件

      案件のほとんどが大手SIerやエンドユーザーからの直取引のためエンジニアの皆様へに高く還元できています。

      Ciscoをはじめ、Juniper、Azure、Linux、AWS等インフラに特化した常時300件以上の案件があります。

    • スキルアップ支援

      スキルアップ支援

      不要なコストを削減し、その分エンジニアの方へのスキルアップ支援(ネットワーク機器貸出、合格時の受験費用支給など)や給与で還元しています。

      受験費用例)CCNP,CCIE:6-20万円、JNCIS:3-4万円、AWS:1-3万円など

      ※業務に関連する一定の資格のみ。各種条件がありますので詳しくは担当者へにお尋ねください。

    • 現給与を保証します!

      100%現給与保証

      前職の給与保証しており、昨年度は100%の方が給与アップを実現。収入面の不安がある方でも安心して入社していただけます。

      ※適用にはインフラエンジニアの業務経験1年以上、等一定の条件がございます。

    • インセンティブ制度

      インセンティブ制度

      ネットワーク機器の販売・レンタル事業等、売上に貢献いただいた方にはインセンティブをお支払いしています。

      取引先企業とエンジニア側、双方にメリットがあり大変好評をいただいています。

    • 社会保険・福利厚生

      社会保険・福利厚生

      社員の方は、社会保険を完備。健康保険は業界内で最も評価の高い「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。

      さらに様々なサービスをお得に利用できるベネフィットステーションにも加入いただきます。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      ネプラスは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    ネプラス株式会社に興味を持った方へ

    ネプラス株式会社では、インフラエンジニアを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    オンライン面接も随時受付中。ぜひお気軽にご応募ください。

    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓
    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓

    新着案件New Job