インフラエンジニアが覚えるべきAWSサービスの基礎知識:Amazon CloudWatch

インフラエンジニアが覚えるべきAWSサービスの基礎知識:Amazon CloudWatchのアイキャッチイメージ

近年はAWSの様々なサービスを自社システムに導入する企業が増えてきました。
しかしながら、障害はいつ発生するか分かりません。それらの異常に備えるために、Amazon CloudWatchが有効です。この記事では、Amazon CloudWatchについて解説します。

Amazon CloudWatchとは

Amazon CloudWatchは、EC2の使用率、EBSのI/O、RDSのパフォーマンス値を監視するツールとして、利用できます。ミドルウェアを新たに導入する必要がないことも特徴です。

Amazon CloudWatchは、Amazon RDS、Amazon S3、Amazon ECS、AWS Lambda、Amazon API Gatewayなど、ほとんどのAWSサービスの監視ができます。
なかには、Amazon CloudWatchが絶対に必要となる場合もあります。監視ツールのエージェントを入れられないようなサービスでは、Amazon CloudWatchを使うことになるのです。

機能面は次の2つで構成されています。

  • Amazon CloudWatch
  • AWS CloudWatch Logs

Amazon CloudWatchは基本機能に該当し、様々な監視情報を集め、AWSマネジメントコンソール上で比べ合わせることが可能です。
AWS CloudWatch Logsは、Amazon CloudWatchエージェントをサーバーにインストールします。サーバーOSの各種のログを監視してAmazon CloudWatchに送ります。

応用機能で、閾値を設定するとメールやSlackなどで通知が可能です。(Amazon SNS使用)
オンプレミスのサーバーの監視、オートスケールに対応できるのもAmazon CloudWatchの特徴になります。

Amazon CloudWatchのメリット

クラウドサービス

ここからは、Amazon CloudWatchのメリットを解説します。メリットは、次の3つです。

  • 導入が簡単
  • 監視運用の工数を削減できる
  • 無料使用枠がある

前述の通り、Amazon CloudWatchは新たなミドルウェアを導入しなくても監視ができるサービスです。
また、ブラウザ上での導入も簡単に行えます。標準メトリクスのみが必要なのであれば、サーバーの変更は基本的に不要です。そのため、サーバーの動作に影響を与えません。

運用に関しても特別なノウハウを必要とせず、設定などは直感的にできるでしょう。
各種ログファイルを取得して、編集の必要もなくグラフィカル表示が可能です。マネジメントコンソールを開くと、すぐに確認できるのも効率的です。

さらに、Amazon CloudWatchは、無料の使用枠があります。CPU使用率といった一般的なメトリクスは無料枠となっています。従来の運用監視は、ソフトウェアの購入費用やライセンス料といったコストがかかりましたが、費用をおさえた監視サービスを検討したいときには、Amazon CloudWatchが有効でしょう。
Zabbixなど、従来の運用ツールよりもメリットが多いため、導入の際は検討してみてください。

AWSを利用するならAmazon CloudWatchを導入しよう

Amazon Web Serviceを使うなら、トラブルに備えてAmazon CloudWatchを導入しましょう。
導入の手軽さや無料使用枠などのメリットがあります。Amazon CloudWatchを導入して、円滑なAWSの運用をしてください。

合わせて読みたい

AWSで使用可能!Javaを使ってできること... 国内シェアトップを誇るクラウドサービスAWSは、近年導入する企業が増えてきています。 ではAWSでJavaを使うといったいなにができるのでしょうか。 この記事ではAWSでJavaが使用可能なこと、Javaを使ってできることなどを紹介します。 AWSではJavaが使用できる AWSには開発...
インフラエンジニアにオススメの勉強法・勉強会資料をまとめてみた... 現代のITサービス基盤を支えているのがインフラエンジニアであり、安定した稼働を求められるのであらかじめ知っておくべき知識も多岐にわたります。 これからインフラエンジニアを目指す初心者や独学者も多いなかで、どのように学習を進めれば良いのか迷っている方も少なくないでしょう。また、高額な費用を掛けて...
ネットワークエンジニアのAWSのサービスの基礎知識:AWS Direct Connect... 日本企業においてもAWS の利用が進んでいます。 そして、AWSを採用している多くの企業が「AWS Direct Connect」を活用しています。 AWS Direct Connectの概要とAWS Direct Connectを利用するメリットについてご紹介します。 AWS Direc...
インフラエンジニアが覚えるべきAWSサービスの基礎知識:AWS Lambda... プログラムを動かしたいときは、実行環境を整える必要があります。 しかし、AWS Lambdaを活用すれば、プログラムの実行環境を用意する必要がなくなります。ここでは、AWS Lambdaの概要やできること、メリットを解説します。 AWS Lambdaとは AWS Lambdaは、Amazo...
【インフラエンジニアの働き方紹介2】SESの仕事内容と身につく力... IT業界で働いていると「SES」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 この記事では、SESはどのような働き方をするのか、どのようなメリットがあるのかなどを紹介します。 SESのインフラエンジニアはどんな仕事をしているのか エンジニアが客先で働く際、クライアントとベンダ...