【比較】おすすめの無線LAN機器32選|利点や選び方をも紹介!

【比較】おすすめの無線LAN機器32選|利点や選び方をも紹介!のアイキャッチイメージ

【比較】無線LAN機器の選び方5つ


無線LAN機器の選び方を5つ紹介します。まず、無線LAN機器を比較すると同時利用できる子機の数に違いがありますので、利用する人数が何人いるかが選び方として必要になります。

電波の強さにも違いがありますので、部屋の数や広さも無線LAN機器を比較して選ぶ際に影響します。そして通信規格が一番大きな差を生みます。

無線LAN機器の規格により通信速度に違いが出ますので、保有して接続する子機が新しい規格を有していれば合わせてください。

また、他にも付加機能に違いがありますので、その点も比較することになります。

1:利用する人数

無線LAN機器の選び方として、利用する人数を比較する方法があります。無線LAN機器では、同時に接続可能な台数の上限が決まっていますので、無線LAN機器を選ぶ際には、自分たちが何台の機器を同時に接続するのかを検討しておきます。

この場合の無線LAN機器の選び方のポイントは、実際に接続したい無線LAN機器の数よりも、多く接続可能な製品を選ぶことになります。無線LAN機器に接続可能な数に余裕がある方が、通信速度が遅くなりにくくなります。

2:部屋の数や広さ

無線LAN機器の選び方として、部屋の数や広さを比較する方法があります。使用する場所の全てに無線LAN機器の電波を届かせるには、間取りなどに合った製品を選ぶことが必要です。

戸建ての場合には1階建てなのか、2階建て以上であるか、マンションやアパートの場合には間取りがワンルームかそれ以上であるかが影響しますので、自分の使う環境に合った製品を選んでください。

無線LAN機器を選ぶポイントとして、実際に電波が届く範囲が、使う環境よりも広い製品を選ぶことがあります。

3:通信速度

無線LAN機器の選び方として、通信速度を比較する方法があります。無線LAN機器の通信速度は、付いているアンテナ数が多い方が速く、さらに通信規格が新しいほど速くなります。

無線LAN機器に搭載されているアンテナは、本数が多い方が最大転送速度の理論値が上がるので、実際の通信速度が速くなりますし、遠くまで電波が届くようになります。

カタログでも、受信用のアンテナが4本で送信用のアンテナが4本ある場合は4×4と記載されています。

4:規格

無線LAN機器の選び方として、通信規格を比較する方法があります。最近の無線LAN機器に使用される規格は、IEEE802.11axかIEEE802.11acが新しく、通信速度面で有利になっています。

無線LAN機器の規格は国際的な標準規格のことで、最新の規格はIEEE802.11axは、まだこの規格に対応するスマホやパソコンが多くなく、1つ前の規格であるIEEE802.11acが主流となっています。

もちろん新しい規格は下位の規格と互換性を持つので、古い規格であるIEEE802.11n/11b/11g/11aの無線LAN機器とも通信が可能です。

5:付加機能

無線LAN機器の選び方として、付加機能を比較する方法があります。付加機能の中でビームフォーミングは、電波の届きにくい場所でも通信速度が落ちにくい機能で、電波に指向性を持たせることで、使用している通信機器に電波を届ける機能です。

また、バンドステアリング機能は、電波状況に応じて使用する周波数帯を自動で切りかえることで、混み合っている周波数帯から、空いている周波数帯に切り替えて、快適な通信状況を確保してくれる機能です。
他にもメッシュWi-Fi機能や自動で接続してくれる機能を提供している製品もあります。

【比較】おすすめの無線LAN機器28選


おすすめの無線LAN機器を28種類紹介しますので、比較して自分に最適な製品を選択してください。

紹介するのはWLX313、ASUSRT-AX3000、TP-LinkAX3000、TP-LinkAC2600、MU-MIMO、WRC-X3000GS、ASUSRT-AX56U、WRC-2533GS2、NECAterm WG2600HS、WG1800HP4
WN-TX4266GR、WSR-2533DHPL2、WSR-1166DHPL2、WN-DX2033GRです。

そして、WN-DX1167GR、TP-LinkAC1200 MU-MIMO、WG1200HS3、WRC-1167GST2、WSR-2533DHP3、WG2600HP4、PA-WG2600HS2、WRC-2533GST2、WSR-5400AX6、PA-WX6000HP、WSR-3200AX4S、Aterm WX3000HP、Archer AX20、Deco X20、RT-AX82Uの28種です。

1:WLX313

おすすめの無線LAN機器として、ヤマハネットワーク製品のWLX313がありますので、製品購入時の比較の際に参考にしてください。

WLX313はIEEE 802.11ac Wave 2に準拠していて、2.4GHz帯の無線LAN規格はIEEE 802.11b/g/n(最大伝送速度400Mbit/s)で、5GHz帯の無線LAN規格はIEEE 802.11a/n/ac(最大伝送速度867Mbit/s)です。

そして接続端末数は5GHz帯で100台、2.4GHz帯で50台の最大合計150台と数多い接続台数を持っています。

2:ASUSRT-AX3000

おすすめの無線LAN機器として、ASUSのRT-AX3000がありますので、比較の際に参考にしてください。実効速度も速くメッシュ機能があるので利用範囲が広くなっています。RT-AX3000は、4本の外付けアンテナが特徴的ルーターで、横置きです。

そして、ASUSのRT-AX3000はビームフォーミング機能やMU-MIMO機などを備えていて、最新規格のWi-Fi6対応のため、IEEE 802.11axの高速通信が可能で、接続台数は64台になり、最高下り実効速度は354.8Mbpsとなります。

3:TP-LinkAX3000

おすすめの無線LAN機器として、TP-LinkのAX3000がありますので、比較の際に参考にしてください。

TP-LinkのAX3000は4倍の接続可能台数があり、Wi-Fi端末が増加を続ける家庭でも長期間対応できます。OFDMA・MU-MIMOなどの環境下でも接続台数を、11acと比べて4倍の48台になります。

最新規格のWi-Fi 6対応のため、IEEE 802.11axの高速通信が可能で、最高下り実効速度は269.7Mbpsとなっています。

4:TP-LinkAC2600 MU-MIMO

おすすめの無線LAN機器として、TP-LinkのAC2600 MU-MIMOがありますので、比較の際に参考にしてください。通信規格はIEEE802.11acなので最高下り実効速度240.0Mbpsの高速通信が可能です。

TP-LinkのAC2600 MU-MIMOは、3本の外付けアンテナと、内蔵アンテナ1本を備えていて、LED表示を簡単に消すことができるため、夜間の点滅を消すことができます。

また、ビームフォーミング機能やMU-MIMO機能、そしてメッシュ機能を備えていて、4端末を接続できます。

5:WRC-X3000GS

おすすめの無線LAN機器としてエレコムのWRC-X3000GSがありますので、比較の際に参考にしてください。

アンテナ内蔵タイプなのがエレコムのWRC-X3000GSですが、優秀な実効速度をもっています。そしてエレコムのWRC-X3000GSは、Wi-Fi6対応のハイエンドモデルなので、通信規格はIEEE802.11acなので、最高下り実効速度223.0Mbpsの高速通信が可能です。

ビームフォーミング機能とMU-MIMO機能、そしてメッシュ機能を持ち、接続台数は36台が推奨されています。

6:ASUSRT-AX56U

おすすめの無線LAN機器として、ASUSのRT-AX56Uがありますので、比較の際に参考にしてください。

ASUSRT-AX56Uは、外付けアンテナが2本の横置きタイプで、Wi-Fi6の規格に対応していて、通信規格はIEEE802.11acなので、最高下り実効速度は259.6Mbpsの高速通信が可能です。また、接続台数は48台となっています。

ビームフォーミング機能やMU-MIMO機能なども備えていて、ネットの接続状態がわかりやすく、初心者でも簡単に設定しやすいWi-Fiルーターとなっています。

7:WRC-2533GS2

おすすめの無線LAN機器として、エレコムのWRC-2533GS2がありますので、比較の際に参考にしてください。

エレコムのWRC-2533GS2は、アンテナ内蔵のスタイリッシュなデザインで家族での使用を想定したエントリーモデルとなっています。推奨の接続台数は24台になっていて、10台同時接続しても、使用上問題はないレベルです。

通信規格はWi-Fi 6規格対応なので、IEEE802.11acに対応していて高速通信が可能で、最高下り実効速度は205.3Mbpsです。また、ビームフォーミング機能もMU-MIMO機能もメッシュ機能も持っていて便利な無線LAN機器です。

8:NECAterm WG2600HS

おすすめの無線LAN機器として、NECのAterm WG2600HSがありますので、比較の際に参考にしてください。最高下り実効速度は222.7Mbpsの、IEEE802.11ax規格の製品です。

NECのAterm WG2600HSはアンテナ内蔵タイプで、縦置き・横置き・壁掛けができる利用しやすい製品で、最大接続台数は公表されていません。付加機能としてビームフォーミング機能、MU-MIMO機能、そしてメッシュ機能を備えています。

9:WG1800HP4

おすすめの無線LAN機器として、NECのAterm WG1800HP4がありますので、比較の際に参考にしてください。

NECのAterm WG1800HP4は、無線LAN機器のスタンダードモデルで、独自のハイパワーシステムによる電波強度アップを行っています。専用アプリで簡単に設定できます。

NECのAterm WG1800HP4は、アンテナは内蔵タイプで、Wi-Fi 6規格対応ではなくWi-Fi 5の(11ac)に対応していて、最高下り実効速度が200.4Mbpsで、最大接続台数は非公表です。

付帯機能としてはビームフォーミング機能やMU-MIMO機能、そしてメッシュ機能を備えています。

10:WN-TX4266GR

おすすめの無線LAN機器として、アイ・オー・データ機器のWN-TX4266GRがありますので、比較の際に参考にしてください。

アイ・オー・データ機器のWN-TX4266GRは、Wi-Fi 5対応のIEEE802.11ac規格ですが実行速度は速い製品で、最高下り実効速度が225.3Mbps、そしてルーターに見えないデザインが特徴です。

また、MU-MIMO対応のため、複数の端末に同時に電波を出すことができますから、各端末の速度を落とさずに安定した通信が可能で、WN-TX4266GRは、最大8台の端末に同時接続ができます。

11:WSR-2533DHPL2

おすすめの無線LAN機器として、バッファローのWSR-2533DHPL2がありますので、購入の際の比較の際に参考にしてください。

バッファローのWSR-2533DHPL2は、アンテナ内蔵型のコンパクトな無線LAN機器で、内蔵アンテナは4本あり、最大接続台数は4台となっています。最高下り実効速度は186.6Mbpsで通信規格はIEEE802.11acの最新の規格です。

付加機能としてビームフォーミング機能やMU-MIMO機能などを持ち、その設定はアプリを使うことで簡単に行えます。

12:WSR-1166DHPL2

おすすめの無線LAN機器として、バッファローのWSR-1166DHPL2がありますので、購入時の比較の際に参考にしてください。

バッファローのWSR-1166DHPL2は、アンテナ内蔵型のコンパクトな無線LAN機器で、内蔵アンテナは2本あり、最大接続台数は2台であり、最高下り実効速度は215.7Mbpsとなり、通信規格はIEEE802.11acとなっています。

付加機能としてビームフォーミング機能やMU-MIMO機能、そしてメッシュ機能を持っています。

13:WN-DX2033GR

おすすめの無線LAN機器として、アイ・オー・データ機器のWN-DX2033GRがありますので、購入時の比較の際に参考にしてください。

アイ・オー・データ機器のWN-DX2033GRは、IEEE802.11ac規格に対応していて、最高下り実効速度は188.5Mbpsであり、同時接続は推奨24台となっています。

また、付加機能としてはビームフォーミング機能やMU-MIMO機能、そしてメッシュ機能なども備えています。

14:WN-DX1167GR

おすすめの無線LAN機器として、アイ・オー・データ機器のWN-DX1167GRがありますので、購入時の比較の際に参考にしてください。

アイ・オー・データ機器のWN-DX1167GRは、IEEE802.11ac規格となっていて、最高下り実効速度は111.1Mbpsで、同時接続は推奨16台となっています。

そしてこのWN-DX1167GRはメッシュ機能を持ったWi-Fiルーターの入門機として位置づけられています。そのため、専用アプリや、付加機能も十分そろっています。メッシュ機能のある商品のなかでは安価なため、おすすめの製品です。

15:TP-LinkAC1200 MU-MIMO

おすすめの無線LAN機器として、TP-LinkのAC1200 MU-MIMOがありますので、購入の際の比較するときに参考としてください。

TP-LinkのAC1200 MU-MIMOは、4本の外部アンテナと1本の内部アンテナを持つIEEE802.11ac規格の製品です。最高下り実効速度は229.7Mbpsで、同時接続は10台以上可能となっています

ビームフォーミング機能には非対応なので、付加機能はやや少なめになっていますが、アンテナ数が多く高感度アンテナを持つため家の隅々までをWi-Fiでカバーできます。

16:WG1200HS3

おすすめの無線LAN機器として、NECのAterm WG1200HS3がありますので、購入の時の比較の際に参考にしてください。NECのAterm WG1200HS3は、IEEE802.11ac規格の製品で、最高下り実効速度が164.3Mbps、同時接続台数は推奨15台としています。

NECのAterm WG1200HS3は、アンテナ数が2×2のスタンダードな無線LAN機器でコンパクトな本体なために、置き方も自由に選べます。設置場所に困らない点がメリットです。また、専用のアプリにより設定が簡単にできますので入門機として向いています。

17:WRC-1167GST2

おすすめの無線LAN機器として、エレコムのWRC-1167GST2がありますので、購入時の比較の際に参考にしてください。

エレコムのWRC-1167GST2は、最高下り実効速度が195.9MbpsのIEEE802.11ac規格の製品で、同時接続台数は推奨16台となっています。付加機能は豊富で便利な製品になっています。

特徴としてエレコムのWRC-1167GST2は、接続状態を示すLEDに遮光カバーがついているので、ライトの点滅が気になりにくい点がメリットです。専用アプリを使うと設定も簡単に行えます。

18:WSR-2533DHP3

おすすめの無線LAN機器として、バッファローのWSR-2533DHP3がありますので、購入時の比較の際に参考にしてください。

バッファローのWSR-2533DHP3はIEEE802.11ac規格の無線LAN機器で、最大4台の接続が可能な製品です。最高下り実効速度はCPUの強化により1046Mbpsと速くなっています。

ビームフォーミング機能を持ち、距離や障害物による電波のロスを抑えることで、電波を確実に届かせて、転送速度や安定性を向上させています。

19:WG2600HP4

おすすめの無線LAN機器として、NECのWG2600HP4がありますので、購入時の比較の際に参考にしてください。

NECのWG2600HP4は推奨同時接続台数が18台で、1048Mbpsの最高下り実効速度を持っているIEEE802.11ac規格の無線LAN機器です。

NEC独自の回路設計とハイパワーシステムで無線性能を向上させているため、Wi-Fi電波のカバーできる範囲が広くなっており、広範囲で快適かつ高速な通信環境を提供してくれます。

20:PA-WG2600HS2

おすすめの無線LAN機器として、NECのPA-WG2600HS2がありますので、購入時の他の製品との比較の際に参考にしてください。

NECのPA-WG2600HS2は、同時接続の推奨台数が18台のIEEE802.11ac規格の無線LAN機器で、1048Mbpsの最高下り実効速度を持っています。

子どもを守る安心機能である「こども安心ネットタイマー」機能が付いていて、ゲーム機やスマホのWi-Fi接続時間を、端末ごとにコントロールしてくれるのがメリットの便利な製品です。

21:WRC-2533GST2

おすすめの無線LAN機器として、エレコムのWRC-2533GST2がありますので、購入時の他製品との比較の際に参考にしてください。

エレコムのWRC-2533GST2は、IEEE802.11ac規格の無線LAN機器です。1733Mbpsの有効速度を持っていて、最大24台の接続が可能になっています。

また、トレンドマイクロ社の協力により、悪質なウェブサイトブロック機能や脆弱性を狙う攻撃に対する防御、そしてサーバへの接続をもブロックしてくれる安心機能が提供されています。

22:WSR-5400AX6

おすすめの無線LAN機器として、バッファローのWSR-5400AX6がありますので、製品購入時の比較の際に参考にしてください。

バッファローのWSR-5400AX6は、最新のIEEE802.11ax規格の無線LAN機器なので、4803Mbpsの有効速度を持っていて、多くの無線LAN機器の接続が可能になっています。

WSR-5400AX6は、スリムですっきり置ける筐体デザインで、2色のカラーバリエーションが用意されています。また、内蔵アンテナは5GHz 4本、2.4GHz 2本のハイパワーアンテナであり電波の死角を少なくしています。

23:PA-WX6000HP

おすすめの無線LAN機器として、NECのPA-WX6000HPがありますので、製品購入時の他製品との比較の際に参考にしてください。

NECのPA-WX6000HPは、次世代の通信規格のIEEE802.11ax規格の無線LAN機器で、同時接続は36台となっています。また、実効スループットも約4040Mbpsと速くなっています。
さらに、IPv6 RA RDNSSオプション通知に対応しているので、Android端末などのIEEE802.11ax未対応端末にも、DNSv6サーバアドレスの通知が可能なので高速な通信が可能となっています。

24:WSR-3200AX4S

おすすめの無線LAN機器として、バッファローのWSR-3200AX4Sがありますので、比較の際に参考にしてください。

バッファローのWSR-3200AX4Sは、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax規格)で無線スループットが約2.0倍に向上していますので、近くの無線子機に有効スループットが836Mbpsになっていますし、遠くの無線子機でも175Mbpsとなっています。

WSR-3200AX4Sは、MU-MIMOに対応しているので、最大同時接続台数も多くなっています。

25:Aterm WX3000HP

おすすめの無線LAN機器として、NECのAterm WX3000HPがありますので、比較の際に参考にしてください。

NECのAterm WX3000HPは最大同時接続台数が36台と多くなっていて、IEEE802.11ax規格の高速通信が行えますので、実効スループットは無線LANで約1580Mbpsとなっています。

また、専用アプリのAtermスマートリモコンが付属していて、Atermに接続している端末を一覧表示管理できる機能があります。各自で所有する端末に対して接続の許可や拒否などの接続制限をはじめ詳細な設定が行えます。

26:Archer AX20

おすすめの無線LAN機器として、TP-LinkのArcher AX20がありますので、製品購入時の比較の際に参考にしてください。

TP-LinkのArcher AX20は、デュアルバンド WiFi 6による高速、大容量で安定した通信のできるIEEE802.11ax規格の無線LAN機器です。高速であり、実効スループットは無線LANで約1201Mbpsとなっています。

また多くの端末に同時に接続が可能です。

27:Deco X20

おすすめの無線LAN機器として、TP-LinkのDeco X20がありますので、比較の際に参考にしてください。

TP-LinkのDeco X20は、同時接続台数が150台と極めて多くなっていて、IEEE802.11ax規格の無線LAN機器です。有効スループットも1200 Mbpsとなっています。

しかも、TP-Link HomeCareには複数のセキュリティツールが内蔵されていて、ネットワーク管理を手助けし、データの取り扱いや、ゲストのインターネット利用の制限もサポートしてくれます。

28:RT-AX82U

おすすめの無線LAN機器として、ASUSのRT-AX82Uがありますので、製品購入時の比較の際に参考にしてください。

ASUSのRT-AX82Uは、IEEE802.11ax規格の無線LAN機器で、最大接続台数は70台です。また最大スループットは4804 Mbpsとなっています。

付属する機能にはトレンドマイクロ社の技術を採用したAiProtectionがあり、セキュリティー規格WPA3によりネットワークを強力に保護してくれます。

ワイヤレスネットワークの利点は?


ワイヤレスネットワークの利点は、LANケーブルが必要ないので、機器の取り回しが良くなり、床にLANコードを張る必要が無いので、乱雑だった部屋がきれいになります。

もう1つの利点は、複数のパソコンだけでなく、無線LANに対応している製品は比較すると様々な製品があり、それらが同時にネットワークに入ることが必要になります。

有線LANではHUBのポート数が上限になり、LANケーブルも多く必要になります、無線LAN機器ならばその製品の上限まで同時接続ができますし、LANケーブルも不要です。複数の機器が簡単に接続できることは、無線LANのメリットの1つです。

他にも有線LANではLANケーブルを隣の部屋まで引くには、穴をあけて通す必要がありますが、無線LAN機器ならば電波が届く範囲で、どこからでもLAN接続ができてしまいますので容易にネットワークが構築できます。

無線LAN機器を比較して自分に合う製品を検討しよう!


ネットワークを利用する上で、無線LAN機器の重要度は高いです。
新たに無線LAN機器を導入する場合や、買い換えなどの際には各社の無線LAN機器の特徴を押さえた上で選びましょう。
ビジネスニーズに合った無線LAN機器を選ぶことが、使いこなす第一歩です。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。