インフラエンジニアを変えるブロックチェーン。求人への影響を考える

インフラエンジニアを変えるブロックチェーン。求人への影響を考えるのアイキャッチイメージ

インフラエンジニアとして身に付けるべきスキルの1つにブロックチェーンがあります。一見インフラエンジニアとは関係なさそうに思えますが、実際にはブロックチェーンのスキルが求められる求人は存在します。
ここでは、ブロックチェーンの概要とインフラエンジニアにブロックチェーンのスキルが必要な理由、そしてブロックチェーンを勉強する方法について紹介します。

インフラにも使われるブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、ユーザー同士でシステムを管理し合う仕組みのことを指します。この方式は、「分散型取引台帳」、「P2P(ピアツーピア)方式」などと呼ばれています。
多くの場合、各システムはデータベースと業務アプリケーションをそれぞれ保有するのに対し、分散型取引台帳においてはデータベースの一部を共有化します。
これによるメリットは、データ連携が容易になる点です。ユーザーがそれぞれのシステムを利用しているとデータ形式や管理方法が異なるため、データ連携の際に不具合が生じることが多くありました。

しかし、分散型取引台帳にすることによってデータの一貫性が確保されるため、同期の際にも問題が起こりにくくなります。また、インターネット上で透明性や信頼性を確保できる点も大きなメリットだといえます。
ビットコインのイメージが強いブロックチェーンですが、このような理由から様々な用途へと応用されています。

求人のスキルにブロックチェーンが必要になることも

そして、ブロックチェーンを応用できる分野の1つが、サーバやデータベースなどのインフラ領域です。実際に、ブロックチェーンのスキルを持っているインフラエンジニアを対象とした求人は存在します。
クラウドサービスを利用したインフラ構築のスキルに加えて、ブロックチェーンのスキルも持ち合わせていれば、より多くの案件に対応できるといえるでしょう。

なお、ブロックチェーンのスキルが求められるのはブロックチェーンエンジニアとインフラエンジニアだけではありません。フロントエンドエンジニアやサーバサイドエンジニアとしてのキャリアを目指している場合でも、ブロックチェーンのスキルは非常に役に立つ可能性があります。

ブロックチェーンを勉強する方法

ブロックチェーンのプログラム

ブロックチェーンを勉強する際は、まず仕組みについて正しく理解することが大切です。細かい技術を学んでも、基本的な理解がなければ、どのようなソリューションにつながるのかをイメージすることができません。書籍などから学んでじっくりと仕組みを理解することで、その後の勉強の効率も上がるでしょう。

そして、仕組みが理解できたらブロックチェーンを開発できる「JavaScript」、「C++」、「C#」、「Solidity」、「Java」などのプログラミング言語を学びましょう。実際に手を動かしながら勉強することで、早くスキルを習得することができます。

また、ブロックチェーンはプログラミングに特化したオンラインスクールや定期的に開催されている勉強会などで学ぶこともできます。仕事と並行して自学自習をするのは、根気がいるものです。思うように勉強が進まない場合は、オンラインスクールや勉強会を上手に活用するのも1つの方法ではないでしょうか。

ブロックチェーンについての知識を深めましょう

ブロックチェーンについて学ぶことで、インフラエンジニアとしての活躍の幅を広げることができます。
他のインフラエンジニアとの差別化にもつながるため、年収アップの可能性もあるといえるでしょう。インフラエンジニアとしてさらにキャリアアップしていくためにも、ぜひブロックチェーンについて学んでみてはいかがでしょうか。

>>>インフラエンジニアの求人を探すならFEnetインフラ

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

インフラの仮想化ができるVMware。インフラエンジニアの求人内容とは... 「インフラエンジニアですが、仮想化の案件を扱ったことがない」という方もいるのではないでしょうか。インフラエンジニアにとって仮想化のスキルを身に付けることは、今後のキャリアを考えるうえでも重要です。 本記事では仮想化のメリットや、仮想化に用いられる「VMware」について解説した上で、VMwareを...
インフラエンジニアの仕事がきついと言われる理由7つ|対処法と将来性も紹介... インフラエンジニアとは? インフラエンジニアは、私たちが普段見ているネットやブログやSNSなど世界中につながるインターネットを管理・運用しつつWebサイトやサービスを世界に提供する基盤を構築し、保守・管理する役割を担っています。 しかし、インフラエンジニアはきついと言われる仕事でもあり、...
AWSのスナップショットのメリット4つ!作成方法や復元方法も解説... スナップショットはインフラ構築で必要 人為的ミスやアプリケーションエラー、ウイルス感染などによるデータ消失に備えて必ず行わなければいけない作業が、バックアップです。 しかし、バックアップを行うためにはサービスを一時停止しなければいけません。 グローバル化が進んでいる昨今では、常にシステムが...
インフラエンジニア必見!5Gで変化する分野:農業編... 近年、5G技術が世界で注目を集めています。 深刻な高齢化問題に直面している日本の農業は、5Gにより大きな変革を迎えることでしょう。 そのため、新しい制御システムなどを組むためのインフラエンジニアが、どうしても必要になってきます。 5Gによる農業の変革と、インフラエンジニアのこれからの可能性につ...
インフラエンジニアって将来性あるの?これから学ぶべきクラウド環境... 他の業種と比べてもIT業界は進化するのが非常に速く、今の情報も1年経たないうちに古いものに変わってしまいます。 これはインフラエンジニアにおいても同様で、これまで一般的だと考えられていた情報もすぐに古くて使えない情報になってしまうのです。時代はクラウド化となり、IT基盤を支えるインフラの構築方...