Windowsにおけるコマンドとは?Windowsでコマンドプロンプトを使用する方法

Windowsにおけるコマンドとは?Windowsでコマンドプロンプトを使用する方法のアイキャッチイメージ

Windowsにおけるコマンドとは?


Windowsはメニューやボタン、スクロールバーなどを操作したり、用意されたテキストボックスを選択して文字入力するなど、グラフィックで表示されるアプリケーションを操作するOS(基本ソフト)です。

アプリケーションを起動する時にはアイコンをクリック、もしくはダブルクリックします。この操作系のことをGUI(Graphical User Interface)といいます。

GUIに対してCUI(Character User Interface)というものがありますが、これは文字列のみによる操作系のことです。WindowsではCUIとして、コマンドプロンプトやWindows PowerShellというアプリケーションが用意されており、CUIを操作する為の命令語をコマンドといいます。

Windowsのコマンド体系は、前身であるMS DOSと呼ばれるCUI主体で操作するOSのものを踏襲し、更に機能を拡張、コマンド数も追加されています。

コマンドを使う場面

Windowsはほとんどの操作がGUIで完結します。しかしながら、ただ残されているだけでなく、機能拡張やコマンド数が追加されているのは、必要な場面があるからです。

GUIは親ウィンドウや子ウィンドウなど複雑な依存性によって構成されており、現在の情報を表示した上で操作を促す場面もあるため、アプリケーションやデバイスの一部の不具合などにより操作自体が不可能になるケースがあります。

また、一般ユーザーには推奨されない設定やネットワークの詳細な設定などGUIが用意されていないケースもあるでしょう。

CUIは全てコマンドによるシンプルな操作系であり、文字のみで構成されるコマンドラインによりコマンド入力が促されます。コマンドラインさえ表示出来ればコマンド入力による操作が出来るため、不具合からの復帰などに必要になります。

管理者や開発者によるWindowsの高度な設定やネットワークの詳細な設定にも必要です。特定の条件でコマンドを複数並べて連続して実行する目的でも使われます。

Windowsでコマンドプロンプトを使用する方法

Windows 10でコマンドプロンプトを起動する方法は二つあります。

一つ目は、左下にあるWindowsアイコンのスタートボタンを左クリックし、アプリケーション一覧の「Windowsシステムツール」の中に「コマンドプロンプト」がありますので、クリックすれば起動します。

二つ目は、スタートボタンを右クリックし、「ファイルを指定して実行」をクリックし、「名前」というテキストボックスに「cmd」と入力してOKボタンをクリックする方法です。

起動したらタスクバーのアイコンを右クリックして「タスクバーにピン留めをする」をクリックしておくと、タスクバーから起動できるようになります。

管理者権限が必要な操作の場合は、スタートメニューの「コマンドプロンプト」を右クリックし、その他にマウスカーソルを合わせて表示される「管理者として実行」をクリックします。

タスクバーから管理者権限で実行するにはタスクバーのアイコンを右クリックして現れる「コマンドプロンプト」を更に右クリックして現れる「管理者として実行」をクリックしましょう。

Windows PowerShellの起動は、スタートボタンを右クリックして現れる「Windows PowerShell」及び「Windows PowerShell(管理者)」の必要な方をクリックします。

コマンドプロンプトでのコマンドの書き方

コマンドプロンプトが起動されると、通常「C:\Users\user>」などと表示されます。「C:\Users\user」の部分が現在操作対象のフォルダを表し、「>」と表示されてコマンド受付状態になっています。

この状態をコマンドライン、ここで表示される文字列をプロンプトと言い、プロンプトはPROMPTコマンドで変更可能です。

コマンドラインで「HELP」と入力し、Enterキーを押す事でコマンド一覧が表示されます。「HELP」の後にスペースとコマンド名を、例えば「HELP PROMPT」などと入力し、Enterキーを押す事でコマンドの使用法が表示されます。

Windowsのコマンド一覧

これらのコマンドは使用する場面がそれぞれ異なりますので、用途を大きく6つに分けた一覧表にして、用途とコマンドを紹介していきます。更に、HELPコマンドで表示されない、ネットワーク操作に使用するコマンドも紹介します。

ファイル操作で使用するコマンド一覧

まずは、ファイル操作で使用するコマンド一覧を紹介します。後に紹介するディスク操作と使用する場面は近いですが、ファイル単位で操作することが多い物の一覧です。ファイル名の変更やコピー、移動を自動で行ったり、不具合などでGUIが使用できない場合などに用います。

ファイル削除やディレクトリー削除には誤って重要なファイルやディレクトリーを削除しないように注意が必要です。

ディスク操作で使用するコマンド一覧

次に、ディスク操作で使用するコマンド一覧を紹介します。ディスク状態の表示・操作やディスクチェック、フォーマット、ファイルシステムの表示や操作を扱います。

ディスク全体に関わる操作も多く、PCの起動に影響するケースもあるため、深い知識と慎重な操作が求められるでしょう。

ファイル操作と使用する場面は近いですが、ディスク単位で操作することが多い物をここで紹介します。

コマンドプロンプトの操作で使用するコマンド一覧

ここではコマンドプロンプト自体を操作する時に使用するコマンド一覧を紹介します。画面の消去や表示設定、操作対象のディレクトリー(カレントディレクトリー)の表示や変更、コマンドプロンプトの起動や終了、コマンドの表示や動作を扱います。

後に紹介するバッチファイル上での操作で使用する事もありますが、コマンドプロンプト上で使用する事が多い物をここで紹介します。

バッチファイル上での操作で使用するコマンド一覧

コマンドを連続して実行する、バッチファイル上で使用するコマンド一覧を紹介します。プログラムのように実行の分岐や文字列操作などを扱います。

コマンドプロンプト上で使用されることもありますが、主にバッチファイル上で使用されます。

Windows設定で使用されるコマンド一覧

Windowsの設定に関わるコマンド一覧を紹介します。GUIで設定できる物もありますが、コマンドで行うことで手順を減らしたり、自動化したり、詳細な設定が可能です。

「BCDEDIT」や「SC」を扱うには注意が必要で、特に「SC」はサービスの内容だけでなく、依存性などの知識も求められます。

Windowsのシステム操作で使用されるコマンド一覧

Windowsのシステム操作で使用するコマンド一覧を紹介します。印刷やコマンド実行、プロセス操作、タスク表示、シャットダウンなどのコマンドです。

特に「SHUTDOWN」と「TASKKILL」は影響が大きいため、共用PCやサーバーにおいてはPCの運用面も熟知した管理者のみが扱うなどの注意が必要です。

Windowsのネットワーク操作で使用されるコマンド一覧

Windowsのネットワーク操作で使用するコマンド一覧を紹介します。

多くの操作でTCP/IPなどプロトコルやDHCP、DNSなどのネットワークの専門知識が必要です。

Windowsでコマンドを使いこなそう

Windowsは優れたGUIを持ちますが、コマンドプロンプトにはネットワークやシステム管理、エンジニア・開発者の業務や、不具合からの復旧など必要となる場面があります。

Windowsのコマンドを使いこなして、より高い対応力を身に付けましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。