Linuxの使用に向いているおすすめのノートPC11選!様々な機種を紹介

Linuxの使用に向いているおすすめのノートPC11選!様々な機種を紹介のアイキャッチイメージ

Linuxとは?


今回はLinuxの使用に向いているおすすめのノートPCを紹介します。

そもそもLinuxとは何でしょうか。簡単に言えば、WindowsOSやmacOSと同じように、コンピュータ上で動作するオペレーションシステム(OS)のことです。Linuxはオープンソースなソフトウェアで、これまでに様々な開発者の手が加わり発展してきました。

一般的にはパソコン上級者が使用していたり、スーパーコンピュータのOSとして使用されていたりするイメージが大きいです。しかし、ここ数年の間で様々な広がりを見せており、分野によってはLinuxがメインOSとして使用されていることもあります。

LinuxユーザーのノートPCの選び方は?


下記では、LinuxユーザーのためのノートPCの選び方を解説していきます。

これからノートPCを購入しようと考えているかたは是非ご一読ください。ご検討の材料として、きっとお役に立てるでしょう。

LinuxベースのOSがプレインストールされているもの

Linuxを導入するにあたって、まず誰しもが最初に大きな壁に当たります。それは、LinuxのOSをインストールすることの難しさです。Linuxのインストールは想像よりも大きな手間で、しかもたくさんの時間がかかります。

一方、LinuxがプレインストールされているノートPCを購入することで、上記の手間を大幅に削減することができます。そのため、これからLinuxを使おうと考えている方には、LinuxがプレインストールされたノートPCを選ぶことをおすすめします。

簡単にLinuxをインストールできるもの

また、予めLinuxをインストールしやすいよう環境構築がされたノートPCを購入することも選択肢のひとつです。

一概にLinuxといっても様々な系統が存在します。そのため、自由度を求める方は簡単にLinuxをインストールできるノートPCを購入するのがおすすめです。ある程度の知識と経験があり、ご自身でカスタマイズしたい場合はその方がメリットが発生します。

Linuxの使用に向いているおすすめのノートPC11選


下記では、当記事がおすすめするLinuxの使用に向いているノートPCです。

様々な価格帯、特徴のノートPCが存在します。ご自身にぴったりの機種が見つかりますよう、ぜひノートPC選びの参考にしてください。

おすすめのノートPC1:「XPS 13 Developer Edition」Dell

持ち運びやすいサイズ、重量にもかかわらず、ディスプレイはフレームレス設計で本体いっぱいに画面が広がっている点が特徴です。11インチのフォームファクターに、13.3インチのディスプレイを埋め込むことにより、ユーザーは快適なPC作業をおこなうことができる優れたノートPCです。

また、複数のアプリケーションを同時に実行しても快適なパフォーマンスに加え、静音性にも優れており、バッテリーも長持ちする点がこの機種の特徴といえます。

丸一日、ノートPCを持ち運んで外出先で作業をされる方にもおすすめの機種です。

画面サイズ
13.3インチ FHD (1920 x 1080)
メモリ容量
4GB LPDDR3 2133MHz オンボード
CPU
インテル® UHD グラフィックス

おすすめのノートPC2:「ThinkPad X1 Carbon」Lenovo

14インチの画面サイズにもかかわらず、質量1.13kgと非常に持ち運びのしやすい薄型・軽量デザインのノートPCです。

CPUは強力な「Intel Core i5」が搭載されています。圧倒的なモバイル性能と、多岐多様なシーンで活躍できる充分なスペックを兼ね備えている点が特徴です。また、過酷なシチュエーションでも使用に耐えられるよう様々な基準を設けてテストを重ねており、それにクリアした高品質な製品であることもおすすめポイントのひとつです。

画面サイズ
14 インチ
メモリ容量
8GB
CPU
Intel Core i5

おすすめのノートPC3:「Chromebook」ASUS

タッチディスプレイ搭載の「Chromebook」は、天板が360度回転する点が特徴です。そのため自宅のみならず、学校や会社、通勤通学の途中など様々なシーンでの活躍が期待できます。

スタイラスペンも本体に収容する仕様で、デザイン性もタフネスさも兼ね備えたおすすめのノートPCです。

画面サイズ
14 インチ
メモリ容量
4GB
CPU
Intel Core m3-8100Y

おすすめのノートPC4:「Spectre x360」HP

モバイル性能に優れたサイズと質量ながらも、およそ22時間は使い続けられるバッテリー性能があります。そして何より、カスタマイズ性に優れたスペックを併せ持つPCです。

カスタマイズによってメモリ容量は16GB、CPUはインテルCore i7までグレードアップできる点が特徴です。また、4G LTEにより、電源を入れたらすぐにインターネットに繋がっているなど、オンライン接続にも優れている点もおすすめポイントです。

画面サイズ
13インチ
メモリ容量
8GB
CPU
インテル® Core™ i5

おすすめのノートPC5:「MacBook Pro」Apple

コストパフォーマンスと性能のバランスが抜群のノートPCは「MacBook Pro」です。

高性能ゆえに質量は若干重めですが、操作性やディスプレイの美しさは際立っている点がおすすめポイントです。また、購入時のカスタマイズ性も優れており、予算や希望に合わせたスペックでカスタマイズして注文することができ幅広いユーザーから根強い人気があるノートPCの名作です。

画面サイズ
13.3インチ
メモリ容量
16GB
CPU
インテル® Core™ i5

おすすめのノートPC6:「ZenBook」ASUS

15.6インチのノートPCとしては1.7kgと軽い点と、サイズが通常の12%も小型化されており、抜群のモバイル性能を持っている点がおすすめポイントです。また、インテル® Core™ i7を搭載している点や、メモリ容量が16GBの点も評価のポイントとなっております。

少し大きめのノートPCが欲しい方には非常におすすめです。

画面サイズ
15.6インチ
メモリ容量
16GB
CPU
インテル® Core™ i7

おすすめのノートPC7:「スマートデスクトップ」RayLink

RayLinkが発売しているミニデスクトップPCです。

モバイルには少し不向きであるものの、ディスプレイの裏側に実機を装着でき、省スペース化を図ることができる点が特徴です。

主に自宅などの決まった場所で使う頻度が高い場合におすすめのモデルです。また、カスタマイズ性も優れており、用途に合わせてメモリやCPU、ディスプレイを変更できる点、価格も安い点もおすすめポイントです。

画面サイズ
21.5インチ
メモリ容量
8GB
CPU
インテル® Core™ i5

おすすめのノートPC8:「Thinkpad X280」Lenovo

優れたポータブル性能と、堅牢なセキュリティ性能を兼ね備えたノートPCです。

耐久性にも優れており、天板はふたが180°開閉することができるため、様々なシチュエーションにも対応できるようになっています。

大容量バッテリーに加え、1時間で約80%まで充電できる急速充電機能も備えられている一方、求めやすい販売価格であるため、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広くおすすめできる機種です。

画面サイズ
12.5インチ
メモリ容量
4GB
CPU
インテル® Core™ i3

おすすめのノートPC9:「PINEBOOK Pro」PINE Microsystems

なんといっても非常に入手しやすい価格帯が特徴のLinuxノートPCです。

OSはDebian系がプリインストールされておりますが、各種GNU/Linuxディストリビューションのインストールにもサポートされています。

Linux入門機として、またはライトユーザーにおすすめの機種といえるでしょう。

画面サイズ
14.1インチ
メモリ容量
4GB
CPU
ARM 1.8GHz Cortex A72

おすすめのノートPC10:「IdeaPad S540」Lenovo

ハイパフォーマンスな性能、長時間使えるバッテリー、スリムなデザインが特徴の機種です。

内臓スピーカーの性能や、PC本体の静音性にも優れています。またコストパフォーマンスにも優れていて、様々なユーザーから根強く評価されている点もおすすめポイントです。

画面サイズ
14インチ
メモリ容量
8GB
CPU
AMD Radeon™

おすすめのノートPC11:「LIFEBOOK WU2/D2」富士通

本体質量は最小855gの超軽量モバイルノートPCです。

顔認証センサーによりスピーディなサインインが実現している点も特徴のひとつです。また高スペックな機種でありながら、持ち運びが容易な点から非常に多くのユーザーから人気を得ているおすすめモデルです。

画面サイズ
13.3インチ
メモリ容量
8GB
CPU
インテル® Core™ i7

インストールするLinuxの選び方3つ


一概にLinuxといえど、オープンソースで様々な開発者によって手が加えられ配布された経緯上、様々な種類のディストリビューションが存在します。

あなたの目的にいちばん適する種類のLinuxはどれでしょうか。

代表的な3つのディストリビューションをみていきましょう。

Linuxの選び方1:RedHat系の場合

主に商業用途として適しているのが「RedHat系Linux」です。

RedHat社が提供しており、商業用途としては業界のスタンダードという立ち位置にいます。

有償で企業向けに特化した「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」、無償版では「Fedora(フェドラ)」や「CentOS(セントオーエス)」などがあります。業務用として始める場合にはRedHat系がおすすめです。

Linuxの選び方2:Debian系の場合

上級者向けで敷居が高いイメージがありますが、実は日本語向け環境や情報も充実しており初心者にもおすすめのディストリビューションです。

高い安定性とシェアの広さから、業務用として非常におすすめです。

Linuxの選び方3:Slackware系の場合

管理方法が複雑で、初心者には取り扱いが若干むずかしいところがあります。

ただし、セキュリティ性や安定性には定評がありますので、それらを重視するときにはぜひとも押さえておきたいディストリビュージョンです。

Linuxのインストール方法


Linuxのインストールは様々な方法があります。ノートPCに直接Linuxをインストールする方法から、USBメモリを使用したインストール、仮想環境を構築して複数のOSを利用できるようにする方法など非常に多岐に渡っています。

インストールの容易さ、Linuxの処理速度、それぞれにメリットとデメリットが存在するため、インターネットや書籍などを参考にしてご自身に合ったインストール方法を選んでください。

ライトユーザーには、複数のOSを利用できる「仮想環境」の構築をおすすめしたいです。また、日々ガッツリとLinuxを使用されているヘビーユーザーには直接Linuxをインストールする方法をおすすめします。

Linuxサーバーに最適なノートPCを選ぼう


いかがでしたか?Linuxといっても様々なディストリビューションがあり、用途や目的、ご自身の習得レベルにあったノートPCを吟味する必要があることはご理解いただけたかと思います。

Linuxは、windowsやmacと比べてシェアの低いOSではあるものの、企業の主要なサーバーやスーパーコンピュータには絶対に欠かすことのできない重要な存在です。

Linuxを扱える人材も希少ですので、いち早くLinuxを習得した分だけ、メリットとなってあなた自身に戻ってきます。Linuxを習得し、まわりから必要とされる人材になるためにも、ぜひご自身に合ったノートPCを手に入れましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。