Unixとは?Unixのもつメリット6選とデメリット4選について解説

Unixとは?Unixのもつメリット6選とデメリット4選について解説のアイキャッチイメージ

Unixとは?

一般的によく知られているOSにはWindowsやMacOS、AndroidOSやiOSなどがあります。OSにはこれら以外にも種類があり、UnixもそのOSの1種です。UnixはOSの種類の中では古いタイプのOSですが、あまり数は多くないものの、今でも企業のサーバ、ワークステーションで活躍しているところもあります。古いタイプのOSのUnixが今でも使われているのは、いくつかのメリットがあるためです。

Unixの歴史

Unixは1960年代に、アメリカの通信研究所であるベル研究所で開発されたOSです。この時代にはWindowsもMacOSもなかったので、OSの種類としてはかなり古いタイプとなります。しかし、上記で述べた通り、今でも現役で稼働している優れたOSです。また、Unixは多くのOSの元にもなっていて、MacOSもUnixを元にして開発されたといわれています。

Linuxとの相違点

Unixは古いタイプのOSであり、多くのOSの元になっています。LinuxもUnixに影響を受けて開発されたOSの1種です。ただし、LinuxはUnixを元に開発されたのではなく、Unixに似た仕様や操作方法をしているUnix系OSと呼ばれるものです。そのため、LinuxとUnixを同じものと捉えられることもあります。しかし、LinuxはUnixとは別物で、ソースコードも全く異なっています。

Linuxの歴史

LinuxはUnixを参考にして開発されたものなので、これらは別物となっています。Linuxが開発されたのは1991年頃で、開発したのはリーナス・トーバルズという人です。LinuxとUnixの大きな違いの1つとして、Linuxはオープンソースのソフトウェアということがあります。そのため、企業で大きな導入率を獲得していて、Linuxに関するスキルはエンジニアにとって重要な要素となっています。

Unixのもつメリット6選

Unixは古いタイプのOSで、今ではUnixを参考にして開発されたLinuxが大きく導入率を獲得しています。しかし、それでもUnixの人気は根強く、現在でも稼働しているところもあります。Unixが今も使い続けられるのは、Unixを使うことにメリットがあるからでしょう。また、そのメリットにもいくつかの種類があります。

メリット1:動作が軽い

Unixには余計な機能が少なく、操作もコマンドで行うため、比較的動作が軽いといわれています。そのため、複数のプログラムを同時に実行でき、複数のユーザーが同時に操作を行っても支障が出にくいです。また、トラブルのリスクを極力抑えるべきサーバ環境において、動作が軽いことはリスクの軽減にもつながります。

メリット2:動作に安定感がある

上記で述べた通り、Unixは余計な機能が少なく、コマンド操作で動作が軽くて、安定感があります。また、Unixを使い続けてきた企業にとっては、急に別のOSに乗り換えることによって、これまで問題なく動作していたソフトが使えなくなってしまうことや、サポートが受けられなくなってしまう可能性もあります。そのため、問題なく動作していることからUnixを使い続けているという場合もあります。

メリット3:自由度が高い

Unixには資料や情報が多く、カスタマイズが行いやすく、システムの構築でも人気が高いです。また、プログラミングがC言語で構成されているため、経験の浅い人から上級者まで、幅広く多くのエンジニアにとって扱いやすくなっています。

メリット4:オープンソースである

Unix系OSの中には、Linuxのようにオープンソースで無料利用できるものもあります。OSが無料で支えるため、システムの構築や運用の際に、大きなコストカットをすることができます。ただし、これらはUnix系OSであり、正式にUnixと呼べるのはUNIXの商標を持つ団体が認証したOSだけです。これらは基本的に商用OSです。しかし、商用Unixの一部無償化の動きもあります。

メリット5:セキュリティ能力が高い

サーバはセキュリティ能力を高めて、情報を守る必要があります。そのため、ウイルス対策は非常に重要となります。しかし、そのウイルスはWindows系OSを攻撃対象にしたものが多いです。Unixを攻撃対象にしたウイルスや攻撃方法がないわけではありませんが、Windows系のOSと比べるとUnixは攻撃されにくいので、他の対策と合わせることで、セキュリティ能力が自然と高くなります。

メリット6:低スペックマシンでも動く

Unixは余計な機能が少ない分、動作が軽くて安定しやすいので、Unixを導入するために高スペックなマシンを準備する必要がありません。そのため、Unixは低スペックのマシンでも安定して動作させることができます。Unixに機能の少ないことや、低スペックのマシンでの導入などに不安を感じる人もいますが、必要な機能は全て揃っているので問題はないでしょう。

Unixのもつデメリット4選

Unixは歴史のあるOSですが、今でも現役で使われています。これはUnixを使うことにはいくつかのメリットがあるためです。しかし、Unixにはメリットだけでなくデメリットもいくつかあります。もし、これからUnixの導入を検討しているのであれば、トラブルを防ぐためにもデメリットも事前に把握しておく必要があります。

デメリット1:コマンド入力が必要

Unixを扱う際にはコマンド操作を行うので、コンピュータはマウスを使ってカーソルを動かしたり、ファイルをダブルクリックして開いたりなどの操作しかしたことがないという人では、ファイル1つを移動させることも困難です。そのため、企業がUnixを扱うためには、技術者が必須となります。また、IT業界は慢性的な人手不足のため、熟練者を確保することが困難なことも考えられます。

デメリット2:英語のソフトウェアが多い

Unixはアメリカで開発されたこともあり、その対応ソフトは海外のものが多く、マニュアルを読む時や、サポートへ問い合わせたりなどするときには基本的に英語が必要となります。ただし、サーバを構築するための機器やソフト自体に英語での対応を多く求められることになるため、これはUnixのデメリットというよりも、サーバエンジニアとして英語のスキルが必要になるということでもあります。

デメリット3:CUIに対する理解が必要

先に述べた通り、Unixはコマンド入力によって操作を行います。そのため、マウスでカーソルを動かすことや、ファイルをダブルクリックして開いたりなどはしません。Unixのようにコマンドで操作を行うことはCharacter User Interfaceという機能で、CUIと略されます。このCUIを理解して、コマンドを扱うことができなければUnixを操作することができません。

デメリット4:Unix系OSの需要

Unixには根強い人気があります。しかし、Unixよりも低コストで運用でき、扱い方が簡単な物が多いUnix系OSの方が需要は高めです。代表的なUnix系OSの1つとして、先に述べたLinuxがあります。LinuxはUnixを参考にして開発はされていますが、別物となっています。そのため、エンジニアとし需要の高いスキルを身につけたいのであれば、Linuxを学んだ方がいい場合があります。

Unix以外のOSの種類4選

UnixはOSの1種です。しかし、Unixは主にサーバのOSとして使われるため、一般の人にはあまり馴染みがあるタイプのOSではありません。しかし、パソコンやスマホなどの端末を使う人であれば、Unix以外のOSには日常的に触れているはずです。日常的によく使われるOSにもいくつかの種類があります。

OSの種類1:Windows

パソコンを家電量販店などで購入すると、多くの場合はOSとしてWindowsがインストールされています。そのため、Windowsを扱ったことがあるという人は多くいるでしょう。Windowsを作っているのはMicrosoft社であり、Windows95の開発によって、その名前は世界中に広く認知されるようになりました。Windows95以降も継続的にバージョンアップが繰り返されています。

OSの種類2:MacOS

Apple社のMacはパソコンのブランド名であり、そのMacにインストールされているOSがMacOSとなります。先に述べた通り、MacOSはUnixを元にして作られています。パソコンのOSと言えば、一般的にWindowsかMacOSを思い浮かべる人は多いでしょう。WindowsとMacOSの違いとして、Windowsはハードウェアを作らないといわれていますが、MacではMacOSをインストールするハードウェアも作っています。

OSの種類3:iOS

iOSもApple社が開発したOSになります。ただし、iOSはMacにインストールされているOSではなく、iPhoneやiPad、Apple TVなどの端末にインストールされているOSです。iOSはMacOSを元にして作られていて、基本的にApple社の製品でしか動きません。そのため、iOSはApple社以外が利用、開発することはできないとされています。

OSの種類4:Android

AndroidはGoogle社が開発した携帯端末用のOSで、XperiaやGalaxyなどの多くのスマホにインストールされています。AndroidはLinuxを元にして開発されたOSで、ライセンス料金がかからないという特徴があります。そのため、無料で関連アプリを開発することができるので、企業にとってはアプリの開発やサービスの改良などがしやすく、より質の良いものを作ることができます。

Unixについて理解しよう!

Unixは歴史のあるOSですが、今でも稼働しているところもあるほど、根強い人気を保っています。Unixが人気を保てるのは、Unixを使うことでいくつかのメリットが得られるためです。しかし、Unixにはメリットだけでなくデメリットもあります。そのため、もしUnixの導入を検討しているのであれば、メリットとデメリット、また全体的なことを事前に理解をしてから判断しましょう。