Linux エンジニア案件・求人一覧

Linuxエンジニア案件・求人一覧です。 FEnetインフラでは、自社他社含め多数のインフラエンジニア向け案件・求人がございます。
各案件・求人の詳細については会員登録後ご案内しています。

条件を指定して案件を絞り込む

検索条件

機器・言語 :Linux

Linuxとは?

サーバOSは主にWindows系サーバOSとUNIX系サーバOSの2種類に分けられ、中でもよく使われているのがUNIX系サーバOSであるLinux(リナックス)です。

1991年にヘルシンキ大学の大学院生(当時)Linus Torvalds氏によって開発された、UNIX互換のOSです。その後フリーソフトウェアとして公開され、全世界の開発者によって改良が重ねられています。Linuxは他のOSに比べ、低い性能のコンピュータでも軽快に動作するという特徴があります。また、ネットワーク機能やセキュリティに優れ非常に安定しているため、NASAやアメリカの国防総省などコンピュータの絶対的な安定性を必要とする団体でも採用されています。企業のインターネットサーバとしても多く採用されており、最近では携帯電話やデジタル家電など組み込み機器のOSとしても普及し始めています。

LinuxはUnixを参考にして開発されたサーバOSであるため、黒い画面で操作する、キーボードでの文字入力(CLI:コマンドラインインターフェース)がメインなど、共通した特徴が数多く見られます。

Linuxの特徴

Linuxはプログラムの中身が公開されているオープンソースのため、ライセンス料がかかりません。Unixが初期に比べ高価になってきているのに対してLinuxは無料のため、費用の面で大きなアドバンテージがあるといえます。但し、Red Hat Linuxのように、技術サポートやバグ修正/アップデートの入手やハードウェアのソフトウェア認定などを含むサポートサービスを受ける権利を有する、サブスクリプション契約によるサポートサービスを購入が必須になっている製品もあります。

ネットワーク機能やセキュリティ機能が高く、安定して稼働し、自由にカスタマイズできるサーバOSのため余計な機能が入っておらず、処理速度が速いことも特徴です。

Linuxの市場価値

Linuxはオープンソースであるため多くの人が開発に携わっており、次々に新しいバージョンが誕生しています。ゲーム機や電子書籍リーダー、車の管理システム、Androidスマートフォンなど様々なシーンで利用されており、幅広く応用が利くサーバOSと言えるでしょう。

企業での利用率が高く、近年盛んに行われているサーバのクラウド移行においてもLinuxはしばしば選択されています。また、ネットワーク機器のベースOSとなっていることも多く、基本的な操作方法についてはネットワーク系のエンジニアも必須スキルとなりつつあります。

また、幅広く使用されているWebサーバ用ソフトウェア「Apache」は、多くの場合はLinux上で利用されています。LinuxとApacheの組み合わせは、Webアプリケーションを開発するときにもよく用いられます。

Linuxの資格

Linuxの公的な資格としては、以前からある国際的な資格であるLPIC(エルピック)と、LPI-Japanが2018年から開始したLinuC(リナック)の2つの資格があります。(Red Hatやなどのベンダーが行っている独自の資格もあります。)

LPICは、NPO法人Linux技術者認定機関LPIによって運営されているIT資格で、国際的に認められている試験であり、200カ国以上からの受験者がいます。グレードはレベル1、レベル2、レベル3に分かれており、レベル3に合格すると高いレベルのスキルを持つ専門家であることを証明できます。

一方、LinuCは2018年にLPI-Japanが独自に作った認定資格です。初年度の試験はLPICの内容を踏襲したものでしたが、今後は日本のニーズに合った試験内容を増やす予定となっています。当初は日本語のみで受験可能でしたが、2019年2月より英語版の試験も始まり、海外からの受験者にも対応するようになりました。LinuCのグレードもレベル1、レベル2、レベル3に分かれており、レベル3についてはMixed Environment(300試験)・Security(303試験)・Virtualization & High Availability(304試験)の3つの分野に分かれており、この3つの内の1つに合格すればLinuC レベル3に認定されます。

Linuxのキャリア例

インフラエンジニアは常に需要がある安定した職業ですが、Linuxを使いこなせるインフラエンジニアの数は不足しています。ネットワークの知識に加えて、Linuxに関するスキルを身につけることで、インフラエンジニアとしての仕事の幅が広がりますので、さらなるキャリアアップが狙えるでしょう。

  • FEnetインフラ テックブログ
  • 夢真ホールディングス
  • ネプラス
  • レンタルネットワーク
  • アイティープロダクト
  • 俺の夢