Unix エンジニア案件・求人一覧

Unixエンジニア案件・求人一覧です。 FEnetインフラでは、自社他社含め多数のインフラエンジニア向け案件・求人がございます。
各案件・求人の詳細については会員登録後ご案内しています。

条件を指定して案件を絞り込む

検索条件

機器・言語 :Unix

Unixとは?

Unix(ユニックス)はサーバOSの1つで、Unix系サーバOSはWindows系サーバOSと比べて高いシェアを占めています。1969年にAT&T社ベル研究所で開発されたオペレーティングシステム(OS)で、キャラクターユーザーインターフェース(CUI)を基本としたOSであり、 1台のコンピューターで複数の作業をこなすマルチタスク、複数の人間が同時に操作することができるマルチユーザーという機能を備えています。また、ネットワークのセキュリティに強いという特長を備えており、サーバや企業の基幹業務システム、大学などの研究機関のシステムやHPCの分野などにおいて幅広く利用されています。

Unix系サーバOSの中で現在よく使われているのはLinuxですが、Unixはそれ以前に開発されたOSです。現存する中では最も古いサーバOSの1つであり、Linuxを含めた多くのサーバOSはUnixが土台となっています。 また、インターネットの標準的なプロトコルである「TCP/IP」の開発にもUnixが用いられました。現在、多く使われているUnixとして、macOS、AIX、HP-UX、Solarisなどがあります。

Unixの特徴

ウイルスの多いWindows系OSサーバと比べて、Unixは比較的ウイルスが少ないためセキュリティが高いといえます。最低限の機能だけを備えているため、安定性も高く、非常に軽く動作もスピーディーにサクサク動きます。Linuxがオープンソースで無料であるのに対し、Unixは知的財産権が企業に属しています。これは、UnixとLinuxの大きな違いだといえるでしょう。

Unixの市場価値

企業の基幹系システムはもちろんのこと、銀行の市場系システムでもUnixは使用されています。Unix製品の今後について不安視する声はあるものの、安定性の高さは他の製品では代替し難く、価値の高いものとなっています。また、ネットワーク機器のベースOSとなっていることも多く、基本的な操作方法についてはネットワーク系のエンジニアも必須となりつつあります。

Unixの資格

UNIXとしての独自の資格はありませんが、Unix系のOSであるLinuxの資格を取ることでUnixの知識の証明にもなるので、お勧めです。

Linuxの公的な資格としては、以前からある国際的な資格であるLPIC(エルピック)と、LPI-Japanが2018年から開始したLinuC(リナック)の2つの資格があります。(Red Hatやなどのベンダーが行っている独自の資格もあります。)

LPICは、NPO法人Linux技術者認定機関LPIによって運営されているIT資格で、国際的に認められている試験であり、200カ国以上からの受験者がいます。グレードはレベル1、レベル2、レベル3に分かれており、レベル3に合格すると高いレベルのスキルを持つ専門家であることを証明できます。

一方、LinuCは2018年にLPI-Japanが独自に作った認定資格です。初年度の試験はLPICの内容を踏襲したものでしたが、今後は日本のニーズに合った試験内容を増やす予定となっています。当初は日本語のみで受験可能でしたが、2019年2月より英語版の試験も始まり、海外からの受験者にも対応するようになりました。LinuCのグレードもレベル1、レベル2、レベル3に分かれており、レベル3についてはMixed Environment(300試験)・Security(303試験)・Virtualization & High Availability(304試験)の3つの分野に分かれており、この3つの内の1つに合格すればLinuC レベル3に認定されます。

Linuxのキャリア例

インフラエンジニアは常に需要がある安定した職業ですが、Linuxを使いこなせるインフラエンジニアの数は不足しています。ネットワークの知識に加えて、Linuxに関するスキルを身につけることで、インフラエンジニアとしての仕事の幅が広がりますので、さらなるキャリアアップが狙えるでしょう。

  • FEnetインフラ テックブログ
  • 夢真ホールディングス
  • ネプラス
  • レンタルネットワーク
  • アイティープロダクト
  • 俺の夢