Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

Java

Java Beanとは?Java Beanに書き込んだり読み込んだりする方法

 
SE
Java Beanとはどのようなものなのでしょうか。
PM
再利用可能なソフトウェアコンポーネントであると言われています。

Java Beanとは?


「Java Beanとは再利用可能なソフトウェアコンポーネントである」と言われても初見で理解できる方は少ないと思います。ですがご安心ください。この記事ではJava Beanを使用する際のルールや、Java Beanの応用にまで触れています。

この記事を読み終えた時には、Java Beanとは何であるかが理解でき、記事を読んだ読者が実務でJavaBeanを活かせるようになっていると思います。

Java Beanを作ってみる

私の名前は○○です。趣味はプログラミングです。身長は××です。体重は△△です。

個人情報を登録するJava Beanの器であるクラスは次のようになります。

name、hobby、height、weightはプロパティと言います。

Java Beanに書き込んだり、読み込んだりするメソッドを追加する

Java Beanに書き込んだり、読み込んだりするには、次のようなメソッドを器であるクラスに追加します。

setで始まるメソッドは書き込むために使うものでsetterと呼び、getで始まるメソッドは読み込むために使うものでgetterと呼びます。メソッド名は、set+プロパティ名、get+プロパティ名とする必要があります。
setterは戻り値にvoidを設定し、引数にプロパティの型を設定します。getterは戻り値にプロパティの型を設定し、引数は無しです。

器であるクラスに書き込んだり、読み込んだりするメソッドを追加した状態のJava Beanは以下のようになります。

Java Beanに書き込んだり、読み込んだりする方法

実際に書き込んだり、読み込んだりする方法は、次のようなコードを書くことです。

名前に○○と書き込み、趣味にプログラミングと書き込み、身長に××と書き込み、体重に△△と書き込みました。そして、書き込んだ値を変数に読み込み、読み込んだ値はプログラム内で自由に使用できます。

なぜ書き込んだり、読み込んだりするメソッドが必要となるか

名前や趣味や身長や体重の意味を持つ変数はprivateで宣言されています。Java Beanを作るときは、変数自体はprivateで宣言し、変数に書き込んだり、読み込んだりするメソッドを別にpublicで宣言する必要があります。

このようにアクセス修飾子を使用するのは、外部から書き込んだり、読み込んだりする操作に制限をかけ堅牢なプログラムとするためです。
変数自体をpublicで宣言してしまえば、変数に書き込んだり、読み込んだりするメソッドを別に用意する必要もないのではとの疑問も沸くでしょう。

しかし、「変数自体はprivateで宣言し、変数に書き込んだり、読み込んだりするメソッドを別にpublicで宣言する」というルールの下Java Beanを使用するからこそ、全てのJava Beanの使い手が統一されたルールの下でJava Beanを使用できるのです。

Java Beanを自身で作ってみる

では、Java Beanをご自身で作ってみてください。あなたの名前や趣味を、先述したsetNameやsetHobbbyを使用してJava Beanに登録してみてください。そうするとJava Beanは自身のためのオブジェクトとなります。

また、Java Beanをご家族や友人で作ってみてください。そうするとJava Beanはあなたのご家族や友人ためのオブジェクトとなります。

他のJava Beanを作ってみる

Java Beanの応用は無限大で、例えばプログラミングというJava Beanを作ってみるとします。プログラミングには、プログラミング言語や開発環境などが必要になります。このため次のようなJava Beanを用意することになります。

このように新たに作ったJava Beanに対する書き込んだり、読み込んだりするルールは、もちろん前述のルールと同じです。

SE
Java Beanについてよく理解できました。
PM
Java Beanを使用してさまざまなオブジェクトを再利用してみましょう。

Java Beanとはについてまとめ

Java Beanとはについてもう一度考えてみます。この記事の最初に、「Java Beanとは再利用可能なソフトウェアコンポーネントである」と述べました。この意味にお気付きではないでしょうか。

このように作ったJava Beanの器であるクラスに対して、私のためのオブジェクトや、あたなのためのオブジェクト、あなたのご家族や友人のためのオブジェクトを作ることができ、再利用できます。
このようにJava Beanは何度でも再利用ができるので、再利用可能なソフトウェアコンポーネントであると言われるのです。

Java Beanとは何かご理解頂けましたでしょうか。今回のように人の個人情報やプログラミングで例えて考えると理解がしやすかったと思います。このようにプログラムを学ぶ際に、身近なものに例えて考えてみることは、学習の一つのコツになります。


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags