Cisco UC 案件・求人一覧

Cisco UC 案件・求人一覧です。 フリーエンジニアネットワークでは、自社他社含め多数の案件・求人がございます。
各案件・求人の詳細については会員登録後ご案内しています。

条件を指定して案件を絞り込む

検索条件

機器・言語 :Cisco UC
Cisco UCロゴ

Cisco UC

Cisco UCとは、シスコシステムズのユニファイドコミュニケーション製品を指します。ユニファイドコミュニケーションとは固定電話、携帯電話、電子メール、Web会議、ビジネスチャットなどのコミュニケーション手段を統合し、情報共有を効率化するシステムのことです。ユニファイドコミュニケーションを活用すれば、相手の在籍状況に合わせて電話、メール、チャットなどから最適な連絡手段を選択できるようになります。またWeb会議やテレビ会議を活用して移動時間やコストの無駄を省くことができるなど、コミュニケーションをより効率化することができます。

Cisco UCの特徴

企業内の内線をIP電話化することにより、拠点間がVPNで接続されていればネットワーク経由となるため、長距離電話料金の費用が削減されます。同一ネットワーク環境があれば、設定された内線番号を変更することなく、場所を移動することが可能になります。また、電話のIP化により通話だけではなく、テレビ電話、ビデオチャット、テレビ会議、インスタントメッセンジャーなど様々なリアルタイム性が要求されるアプリケーションを利用することもできます。

Cisco UCを構成する主な製品として

  • Collaboration Directory(Web電話帳アプリ)
  • Cisco Webex Meetings(Web会議)
  • Cisco Jabber(チャット)
  • Cisco TelePresence(ビデオ会議端末)
  • Cisco Unified IP Phone(IP電話端末)

等があります。例えば、Web電話帳アプリ「Collaboration Directory」を使えばWeb、スマートフォン、タブレットなどのさまざまな端末から相手の在籍状況を確認でき、不在時の電話などの連絡を減らすことができます。また、Web会議「Cisco Webex Meetings」はソフトウェアのインストールやシステム構築などの準備が不要で、さまざまな端末からWeb会議を開催することができます。

Cisco UCのメリット

Cisco UCを導入することで、Web会議やテレビ会議の活用によりリアルタイムに臨場感あふれる会議を行うことができ、移動時間、移動にかかるコストの削減にもつながります。また、さまざまなアプリや製品を連携させることができ、より効率的で質の高いコミュニケーションが行えるようになるでしょう。

Cisco UCの資格

現在、ネットワークビデオエンジニア、IPテレフォニーエンジニア、IPネットワークエンジニアを対象とした認定資格として、「CCNA Collaboration」という認定資格があります。※2020年に改訂予定。試験は210-060 Cisco Collaboration Devices (CICD)とCisco Video Network Devices (CIVND)の2科目があります。CICDはCisco UCのソリューションに関する知識、CIVNDは統合型のシスコ ビデオ インフラストラクチャに各種のシスコ ビデオ エンドポイントを実装するのに必要な知識とスキルをテストします。

Cisco UC認定資格のキャリア例

認定取得に際して習得した知識とスキルによって、SMB(Server Message Block)のコラボレーション環境に関する業務に従事可能です。エンタープライズ環境におけるシニアコラボレーションエンジニアのサポート業務につくことができます。

  • フリーエンジニアネットワーク テックブログ
  • 夢真ホールディングス
  • ネプラス
  • レンタルネットワーク
  • アイティープロダクト
  • 俺の夢