Salesforceコラム
Salesforceに特化した情報をお届けします

SalesforceにおけるUserInfo.getUserID()とは?内容をご紹介

2021年06月28日

SalesforceにおけるUserInfo.getUserID()とは?


SalesforceにおけるUserInfoクラスには、コンテキストユーザについての情報を取得するメソッドが含まれています。

UserInfoのメソッドはすべてのメソッドが静的で、全部で21種類あります。それぞれ使用方法や注意するところが違っていますので、使用方法を理解した上で今回紹介する「UserInfo.getUserID()」も含め、正しく使えるようにしておきましょう。

UserInfoのメソッド

UserInfoのメソッドは全部で21種類あります。

そのなかで「UserInfo.getUserID()」は、SalesforceではコンテキストユーザのIDを返します。署名は「public static String getUserId()」で、戻り値の型は「String」です。

他のUserInfoのメソッドはもっと使用方法が複雑だったり条件が多かったりしますので、Salesforceで使いこなせるようにしておきましょう。

UserInfo.getUserID()にnullを設定するには?

SalesforceでUserInfo.getUserID()をnullに設定する方法を説明します。

UserInfo.getUserID()の値を直接変更することはできませんので、UserInfo.getUserID()を取得するためのメソッドを作成することが必要です。次の段階として、テストからクラスにメソッドのバージョンを注入する必要があります。

UserWrapperクラスを使用する代わりとしては、UserOverridesの別の実装を使うことで、UseUserWrapperに渡すことができます。

ユーザIDの取得

SalesforceでユーザIDを取得する方法を説明します。

UserInfo.getUserID()を返すために、「apexメソッド」を呼び出す必要があります。「Lightning Controller」で「$ A.get(“ $ SObjectType.CurrentUser.Id”)」を使うことで、情報を取得します。

SalesforceでUserInfo.getUserID()を活用しよう!

今回はSalesforceの機能の1つである「UserInfo.getUserID()」について紹介しました。

UserInfoクラスは「UserInfo.getUserID()」以外にもあり、使い方が難しいものも多いです。そのなかでも「UserInfo.getUserID()」はSalesforceで使用する機会が多いので、使い方を理解して活用できるようにしておきましょう。


Salesforceでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)