Salesforceコラム
Salesforceに特化した情報をお届けします

SalesforceのAuraコンポーネントとは?SalesforceのAuraコンポーネントの基本と使用方法を解説!

 
SalesforceのAuraコンポーネントとは?SalesforceのAuraコンポーネントの基本と使用方法を解説!

SalesforceのAura コンポーネントとは


SalesforceのAura コンポーネントは、Lightning コンポーネントフレームワークに含まれるLightning コンポーネントのひとつです。

Aura コンポーネントはアプリケーションを再利用できる自己完結型のユニットで、テキスト1行からアプリケーション全体に及ぶ範囲で使用できます。

Aura コンポーネントを含むLightning コンポーネントフレームワーク

SalesforceのLightning コンポーネントフレームワークは、モバイルデバイスとデスクトップデバイス向けの単一ページアプリケーションを開発するためのUIフレームワークです。

フレームワークには、Aura コンポーネントなど一連のコンポーネントが含まれています。これらのコンポーネントがLightning コンポーネントと呼ばれます。

Lightning Design Systemスタイル設定に付属するコンポーネントは、lightning名前空間で使用できます。コンポーネントを組み合わせて設定することで、新しいコンポーネントを作成できます。コンポーネントを表示すると、ブラウザにはHTML DOM要素が生成されます。

コンポーネントには、HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb対応コードを含むことができ、洗練されたUIでアプリケーションを構築できます。

Aura コンポーネントでサポートされるブラウザ

Aura コンポーネントは、Lightning Experienceと同じく以下のブラウザについて、最新バージョンをサポートしています。

・MICROSOFT® EDGEE(CHROMIUM以外)
・MICROSOFT® EDGE CHROMIUM
・GOOGLE CHROME™
・MOZILLA® FIREFOX®
・APPLE® SAFARI®

SalesforceのAura コンポーネントプログラミングモデル


Aura コンポーネントプログラミングモデルは、標準搭載のコンポーネントセット、イベント駆動型アーキテクチャ、デバイスごとに最適化されたフレームワークが実装されています。

Salesforceアプリケーション、Lightning Experience、コミュニティで、業務に対応したコンポーネントを作成、使用できます。また、作成した独自のコンポーネントを公開して、他のユーザと共有することができます。

Aura コンポーネントプログラミングモデルを使用するメリット

Salesforceのアプリケーション構築に、Aura コンポーネントを使用すると、以下のようなメリットがあります。

・コンポーネントセットにより、アプリケーション構築にすぐに着手できる。
・デバイス別の最適化はコンポーネントで行われ、最適化の作業を省略できる。
・標準コンポーネントにより、デスクトップやモバイルデバイスとシームレスに連動する。
・コンポーネントベースのアプリケーション構築により並列設計が可能になり、開発の効率が向上する。
・カプセル化されたコンポーネント内部は非公開で、コンポーネント作成者により随時変更され、コンポーネントの利用者はこうした変更を行う必要がなく、公開された形状は参照できる。
・反応型設計を使用したアプリケーションにより、デバイス対応およびブラウザ間の互換性が保たれ、HTML5、CSS3、タッチイベントなどのブラウザ技術をサポートしている。

SalesforceのAura コンポーネントプログラミングモデルの特徴


Aura コンポーネントプログラミングモデルのマークアップはXMLで、静的HTMLタグとカスタムのAura コンポーネントタグが混合します。

組み込みコンポーネントは、他のコンポーネントと同様に名前空間(aura:)から取得できます。

・「.cmp リソース」内にマークアップを含むことができる。
・関連付けられた複数のリソース内にJavaScriptコードを含むこともできる。
・関連リソースは、相互に自動的に結びつけられ、コンポーネントバンドルを構成する。

Aura コンポーネントとVisualforceの違い

Aura コンポーネントを含むLightning コンポーネントとVisualforce、それぞれに強みがあります。目的や機能に応じて、どちらを使用するのかを選択するべきです。

Salesforceは、Webページを中心とするアプリケーション構築のプラットフォームとしてVisualforceを提供してきました。

Visualforceでも、モバイルアプリケーションの開発は可能ですが、Visualforceのコンポーネントはモバイルに最適化されていないため、追加のコーディングが必要になります。

それに対して、Lightning コンポーネントはモバイルデバイスに最適化されているため、Aura コンポーネントを使用すれば、ノンプログラミングでモバイルデバイス向けのアプリケーションを構築できます。

SalesforceにおけるAura コンポーネントのメリット


今回は、SalesforceのAura コンポーネントについて紹介しました。

Aura コンポーネントは、Lightning コンポーネントフレームワークに含まれ、Salesforceのアプリケーション構築の効率化に役立ちます。他のコンポーネントやWebコードとの組み合わせで、洗練されたUIを最小限の工数で開発できます。

Aura コンポーネントについて理解し、Salesforceのアプリケーション構築に活用しましょう。


Salesforceでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)
FEnetからご応募→夢テクノロジー入社でお祝い金最大120万円プレゼント

Search

Popular

Categories

Tags