Salesforceコラム
Salesforceに特化した情報をお届けします

Salesforce Email Objectとは?メール送信の方法を通じて機能を知ろう

2021年08月13日

Salesforce Email Objectとは?


Salesforce Email Objectとは、Salesforce内でのEメール作成、送信、受信すべてを行うために扱われているObjectのことです。メール送信のための操作や処理も含まれると言えます。

Salesforceのマーケティングを自動化するツール、Marketeing Cloudではメールデータの取り込みから作成、送信までのプロセスを行うことができます。

以下では、Salesforce Email Objectのひとつとして、Marketeing Cloudのアプリケーションを使ったメール送信の流れをお伝えします。

メール購読者のデータのインポートとデータエクステンションの作成

SalesforceのMarketeingCroud内にメール購読者のデータを、データ格納先のデータエクステンションに取り込みます。

そのために送信可能データエクステンションを作成することが必要です。Email Studioアプリケーション内で、送信可能データエクステンションの作成後、データのインポートを行います。

コンテンツの作成とメールテンプレートの作成

メールの作成を開始ができる環境を整えた後は、コンテンツ管理ツールContent Builderを利用してメールの作成をします。その後、Email BuilderとContent Builderを使ってメールテンプレートを作成します。

最適なメールを送信するためのテスト送信

思い通りのメールが送信できるかどうかの確認を行うために、購読者のプレビューとテスト送信の機能を使います。Contents Builderの「購読者のプレビュー」では、メールのプレビューを表示することが可能です。

その後、Email Studioの「コンテンツ」タブからテスト送信して、最適なメールが送信できるかどうかを検証します。

メール送信フロー

メール送信は手動または自動のどちらかを選択できます。Contents Builderからの送信フローを起動し、Email Studioからの送信を実行します。

「プロパティの定義」、「オーディエンスの選択」、「配信の構成」、「レビューと送信」の4つのタブからそれぞれの必要に応じて編集し、手順を進めてメールを送信します。

最適なメール送信を可能にする機能トラッキング

メールの最適化は、顧客からの反応を確認することで可能になります。「トラッキング」のタブからは送信されたメール数、メール開封数の他、メールのリンクをクリックしたクリック数、購読取り消し数などが確認できます。

Salesforce Email Objectを知ってメールを最適化しよう


Salesforce Email Objectは抽象的な概念ですが、メール送信のための仕組みとも言えます。SalesforceのMarketeing Cloud内のメール送信の流れを知ることで、Salesforce Email Objectの具体的な働きが理解できます。

無料学習サイトtrailheadでは、メール送信に関する詳細な情報が得られます。最適なメール送信を可能にするSalesforce Email Objectについての知識を深めてみましょう。


Salesforceでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)
FEnetからご応募→夢テクノロジー入社でお祝い金最大120万円プレゼント

Search

Popular

Categories

Tags