Salesforceコラム
Salesforceに特化した情報をお届けします

テーブルとは?Salesforce テーブル一覧の基本とSaleceforceオブジェクトについてご紹介

2021年06月07日

テーブルとは?


テーブルとは、入力するデータの形式や属性といった要素を表にした格納領域のことです。

すべてのデータ要素が縦横の表として、テーブル一覧に表示されますが、縦の領域を列(属性)、横の領域を行(レコード)として配置されています。

Salesforceのテーブルとは?


Salesforceのプラットフォームにも数多くの機能を備えたデータベースがあるため、アプリケーションをスムーズに作成できるようになっています。

Salesforceのデータベースでは、オブジェクトを使用してデータを格納しています。

Salesforceのテーブル一覧は、通常のテーブルにある機能すべての他、拡張機能も追加され、多数の項目で構成されているのがデータベースの列にあたります。データはオブジェクトのレコードに格納されますが、これがデータベースの行にあたります。

Saleceforceのオブジェクトは2種類あり、標準オブジェクトとカスタムオブジェクトに分かれています。

Salesforceのテーブル一覧

Salesforceのテーブル一覧は標準オブジェクト一覧であり、標準オブジェクトの拡張機能であるカスタムオブジェクトもテーブル一覧に含まれると考えられます。

これらは、SalesforceのHPに標準オブジェクトの一覧として紹介されています。多数の項目があるため、いくつかのオブジェクトを以下にご紹介します。その他のオブジェクトはHPを確認してみてください。

標準オブジェクトの一例

Salesforceの標準オブジェクトは取引先や取引先責任者、商談、リード、ケース等多数あります。

例えば「取引先」であれば、表記は「Acount」になっています。個々の取引先を表しており、顧客、競合会社、パートナーなどのビジネス関連の組織や個人のデータを保存しています。

また、「取引責任者」であれば、表記は「Contact」で、取引先の担当者や顧客の個人情報を保存しています。

カスタムオブジェクト

カスタムオブジェクトはアプリケーションの情報を格納するために作成されたオブジェクトです。

一例として、商品在庫を確認するアプリケーションの場合であれば、商品(Merchandise)や注文(Orders)、請求書(Invoices)といってカスタムオブジェクトを作成することが可能です。

Salesforce テーブル一覧の基本を知っておこう


Salesforce テーブル一覧であるオブジェクトの基本を知っておくことは、Salesforceの豊富な機能を使いこなす合理的な業務につながります。

また、カスタムオブジェクトを使えば、個々の必要に応じてデータを作成することができます。

Salesforce テーブル一覧の基本を知って、Salesforceのさらなる活用につなげましょう。


Salesforceでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)